USAF 戦闘機の機数不足を既存機寿命延長で乗り切れるか

USAF F-15s May Get Service Life Extension

aviationweek.com 5月26日

米空軍はF-15C/D/E型の疲労試験を実施し、同機の耐用年数延長化(SLEP)が可能性を判断する。同機は約8千飛行時間の耐用性があると予想されており、マーク・シャックルフォード中将(調達副責任者)はSLEPでこれが12千時間になるという。

【F-16にもSLEP】  同時にF-16にもSLEPを実施し、同機の耐用は4千時間から8千時間に延長となる。旧式化しつつある第四世代戦闘機の耐用年数延長は空軍にメリットが大きいのはF-16・F-15部隊がF-22・F-35に入れ替わる際の機数不足が予測されているから。

【州軍の機体更新へ懸念】 本件は議会関係者にも切実な問題。ガブリエラ・ギフォーズ下院議員(民主 アリゾナ州)は州軍鉱区部隊のF-16・F-15が次期機体の手当て見込みなしに退役する予定であることを危惧している。F-35が実用化となるまでには空白が生じる。空軍は2010年度に戦闘機合計250機を退役させる計画。ギフォーズ他の議員は5月20日の下院軍事委員会空陸小委員会公聴会で空軍将官3名を州軍航空隊の現役機から新世代機への移行案について激しく追及。空軍側は四年に一度の国防体制見直しの後11月に移行案発表の見込みと回答した。

【深刻な州軍機材の不足】 同案の内容は州軍航空隊合計18飛行隊のうち2飛行隊にF-22を配備するもの。4飛行隊に性能改修型「ゴールデン・イーグル」を配備し、残る12飛行隊については未定。無人機が配備される可能性もあるし、飛行任務そのものが実施できない隊も出るかもしれない

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目