上院決議 F-22生産継続を否決

急にF-22をめぐる情勢があわただしくなってきました。

Senate Backs Obama On F-22 Shutdown aviationweek.com 7月21日

オバマ大統領とゲイツ国防長官の勝利。上院が本日ロッキード・マーティンF-22ラプターの調達を当初の予定通り終了させる決議を採択した。票決は58対40で2010年度国防予算から7機分の計上額17.5億ドルを外す。今回の上院決議は下院の対応とは対照的だが分水嶺となり、同機の追加購入を目指す動きを制することになる。

【決議に感謝するゲイツ国防長官】 「長官は上院の思慮深い決断が国家安全保障に対してなされたことを感謝します。また、F-22調達を187機で終了させることへの支持が超党派で実現したことを賞賛します」(ペンタゴン報道官ジェフ・モレル) 「長官は今回の決議が大変重いものと理解し、F-22はじめ国防ニーズ以上の内容の調達計画は継続できないとするのが国防総省の考え方です。本日の議決はその方向への重要な一歩で長官は来年度予算の審議が今後ある中で議員各位と協同していく所存です」

【推進派のロビー活動】 ラプター生産維持を求める勢力は最後まで精力的にロビー活動を展開した。「潜在敵国が第五世代戦闘機を製造する覚悟があり、米国の制空権に挑戦しようとしている中で、187機でキャップをはめるのは不適正といわざるを得ない」(全米予備役将校協会会長 ポール・ケイ退役海軍少将)

【議場での様子】 議場では午前中に質疑が行われ、賛成派反対派がそれぞれ熱論を繰り広げた。特に、上院軍事委員会委員長カール・レヴィン議員(民主 ミシガン州)および実力派ジョン・マケイン議員(共和 アリゾナ州)から提出の改正案の検討が各議員の関心を集め、マケイン議員が生産継続に反対する論陣を張るとともに、政府支出に規律を求め、無駄を排除するための議員の責任を強調した。

「今ここで生産を停止しないのであれば、いつできるでしょうか」とレヴィン議員は同僚議員に問いかけた。しかしながら推進派議員はサクスビー・チャンブリス議員(共和 ジョージア州)の下に以前の米空軍調査結果等で作戦上は187機では不足だという結論を引用。さらに雇用の確保が大きな価値を持ち、第五世代戦闘機の増備を放棄することが同盟国および敵対国に誤ったメッセージを送ることになると警告していた。

【これで決着ではない】 この問題はこれで完結したわけではない。下院はラプター増備用に計上した独自の予算案を通過させており、上下両院の歳出委員会で今後審議がはじまるからだ。さらに、予算案承認と歳出には上下両院が協議の上最終案を大統領に提出する必要がある。

コメント: 本当にこれで終わりではないのですが、報道各社はもう日本には調達のチャンスはないような悲観的な見方が支配的ですね。要はF-22を古い思想に基づいたシステムと見るのか、現状の延長線上の最高の選択と見るかの違いなのですが、日本を取り巻く環境はまだ冷戦構造を引きずっているのでどうしてもF-22がほしいのでしょう。一方、それを邪魔したい勢力もあるのも事実ですね。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目