スキップしてメイン コンテンツに移動

★★SR-72はすでに完成しているのか、それとも...



なぜ人はブラックの世界に惹かれるのでしょうか。長年愛好家が語ってきたオーロラがSR-72なのか、それとももっと奥深いブラックの世界があるのか。興味は尽きません。また世間に公表する際に必ず「消毒」したストーリ―が紹介されますのでそれをうのみにせず、裏の世界を知りたいと思うのは筆者だけではないようです。

Rumors of Secret Warplanes Preceded SR-72 Reveal

SR-72の前に謎の機体の噂あり

Has the SR-72—or something like it—been flying all along?

SR-72あるいは別の機体は実はすでに飛行しているのか

Rumors of Secret Warplanes Preceded SR-72 Reveal
September 29, 2017 Kyle Mizokami


  1. ロッキード・マーティンは2013年にSR-72偵察攻撃無人機の提案を発表した時点で、SR-71後継機がついに現実のものになる思われた。そして2017年7月にSR-72が初めて機影を目撃されたようだ。
  2. 1990年代初頭から謎のソニックブームが記事になっており、正体不明の航空機の目撃が伝えられ、ロッキード・マーティンの社内でも謎の機体が描かれている。
  3. SR-71は1998年に退役し、後継機があるといわれてきたがその存在は確認されてこなかった。航空機愛好家はこの謎の機体をオーロラと呼び、航空業界のビッグフットとでも呼ぶべき存在になった。
  4. オーロラの物語は1990年に初出したのはAviation Week & Space Technologyが「オーロラ」が1986年度国防予算に計上され、「ブラック機材生産」の一つと報じてからだ。オーロラ予算は1986年に23億ドルに達し、SR-71後継機の登場が迫っているとの観測が高まった。
  5. だがそこで止まり、以後謎の機体の追跡が続く。だが果たしてその対象がオーロラなのか、それとも全く別の機体なのだろうか。
  6. 1988年にThe New York TimesがSR-71後継機開発を報じ、マッハ5飛行可能とした。記事の二年後にSR-71は用途廃止となり1990年代末に一時的に復帰している。
  7. 1990年代初頭に謎のソニックブームがカリフォーニア沿岸地方で相次ぎ、事情説明できない事態になった。今日でも南部カリフォーニアではソニックブームがたびたび報告されている。たとえば2009年4月には地元新聞紙が調査したものの説明がつかなかった。
  8. 多くは自然現象で隕石が大気圏突入する際に発生する。だが一部は明らかに軍が発生源だ。そこでオーロラ観測者たちは説明を組み立てた。ブームはオーロラが太平洋上空の飛行からカリフォーニア南部の基地に帰還する際のものだというのだ。
  9. ソニックブームの発生源がなんであれ、カリフォーニア各地の地震探知網が毎回拾ってしまう。2001年にはカリフォーニア工大の航空学研究室の論文がブームを解析し正体不明だが沖合発生を突き止めた。
  10. 規則性ある形で発生していることから疑問が二つ出ている。ソニックブームが自然現象ならなぜ突然発生するのか。さらに米軍機が発生源なら軍からの説明がないのはなぜなのか。
  11. 謎の機体目撃をオーロラに結びつける動きもある。1989年にクリス・ギブソンから謎の機体を北海沖合の海上石油掘削施設から目撃したと報告が入った。ギブソンによれば同機は二等辺三角形の形状でKC-135給油機が随行していた。
  12. 1992年には航空愛好家スティーブン・ダグラスが「ロープ上の連続ドーナッツ」飛行機雲の撮影に成功した。この異例な飛行機雲はパルスエンジンの排気だ。これもオーロラの存在を信じる向きにはパルス爆発ウェイブエンジン技術がオーロラに採用され極超音速を実現したと解釈された。
  13. 1992年に Aviation Weekが軍の動向を観察する愛好家がエドワーズ空軍基地と正体不明の高高度航空機「ガスパイプ」と呼ばれる機体との交信を傍受したと伝えている。エドワーズの航空管制官が「ガスパイプ」に高度67千フィートと確認したと伝えおり、通常の機材よりはるか上の空域で空軍はU-2、SR-71のいずれも該当時間には航空管制の対象ではなかったと確認している。
  14. ここから話は荒唐無稽になる。
  15. 1990年代末にJane’s Defence Weeklyの記者ニック・クックがロッキードの有名なスカンクワークスを訪問しジャック・ゴードンとのインタビューの他構内を視察した。その際に遭遇した奇妙な出来事がずっと頭を離れなかった。
  16. 「(スカンクワークス)本館を離れる前にロビー壁面の前で足がとまった。前は気づかなかったが、スカンクワークスが手掛けてきた機体の系譜が描かれていた。XP-80からはじまり、U-2、SR-71ブラックバード、F-117Aステルス戦闘機の姿もあった。戦闘機ではYF-22やダークスターがあったが、もうひとつ『アストラ』と呼ぶ機体が描いてあった。「進化の木のてっぺんでアストラは超高速偵察機のように見えた」とクックは述べている。「専門家がみな思い描くオーロラの姿がそこにあった」
  17. クックはロッキード広報に「アストラ」の正体を問いただしたが、数週間後に30年前の「高速旅客機コンセプト」だと告げられる。
  18. 30年前のコンセプト機がスカンクワークスのあゆみの樹上に位置するとは....変だ。
  19. オーロラがここまで多くの人を魅了しているのは、目撃報告を噂と記事でつなぐと実機開発の時系列と一致する姿があらわれるためだ。また高速飛行可能な機体はみんなが好きだ。
  20. ロッキード・マーティンがマッハ6飛行可能とするSR-72は「ブラック」機の秘密開発の世界で本当に存在する機材のひとつなのか。また公表できる機材として「ホワイト」になる過程にあるのだろうか。そうだとしてもなぜこのタイミングなのか。
  21. 結局この質問になる。戦略偵察飛行の重要性は米軍にとって当たり前だが、なぜSR-71後継機が長年存在していないのか。スカンクワークスが今になって発表した機体が(20年前の)オーロラのコンセプト図と酷似しているのはなぜなのか。なぜスカンクワークスの壁画でそのような機体が実用機と並んで描かれているのか。
  22. 結局、オーロラなどという機体は存在しなかったのかもしれない。あるいはロッキードの2013年の発表、さらに2017年7月の目撃がオーロラなのかもしれない。20年の時間経過があっただけなのかもしれない。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★★F-3開発:急浮上したF-22生産再開提案は日本に費用負担大半を求める内容

降ってわいたようなこの話ですが、前からF-22生産再開の話はあり、日本の影もちらちらしていました。虫のいい話に聞こえますが、日本にはF-2事案でも苦い思いをした経験もあり、F-3国産開発で進んできたのですが、いよいよ今年中ともいわれる方針決定の段階で考慮すべき点は多く、以下の内容にも一定の長所はあるように思われます。実現するかは微妙ですが、貿易収支、米国の動向もにらむと可能性が皆無とも思われません。実現するとすればイスラエルも関与すべきと考えますが、皆さんはどう思いますか。
Lockheed Should Restart the Raptor Line If Japan Wants An F-22-F-35 Hybrid日本向けF-22-F-35ハイブリッド新型機が実現すればロッキードはラプター生産ラインを再開する構えGeopolitical trends, security concerns, and industrial and combat aircraft capability needs, could give birth to an American-Japanese Raptor 2.地政学、安全保障、産業構造、戦闘機ニーズを考慮すると日米共同のラプター2.0が実現する可能性が浮上BY TYLER ROGOWAYAPRIL 20, 2018 http://www.thedrive.com/the-war-zone/20288/japans-interest-in-an-f-22-f-35-hybrid-could-mean-a-restart-for-f-22-production-line
OSAKABE YASUO

ロッキード・マーティンと日本産業界共同でF-35ライトニングとF-22ラプターの長所を組み合わせた準国産戦闘機を開発する構想に関心が日本の関心を集めていいるとのロイター報道にThe War Zoneはさして驚かされていない。 以下ロイター電の抜粋だ。 「ロッキードは日本防衛省と協議を終え日本の情報開示請求(RFI)に対応した正式提案を機微軍事技術公開に関する米政府承認の後に提出する準備に入った。提案内容に詳しい筋から直接この内容が判明した。 高度機密航空機設計内容・ソフトウェアの公開を認める決定が下れば日本は中国軍事力に対する優位性を実現し、ドナル…