スキップしてメイン コンテンツに移動

韓国空軍の北朝鮮攻撃構想


ここまで作戦内容が漏れているということは別の構想があるのでしょう。ただし開戦直後で韓国民間人の犠牲発生は防ぎようがないとの評価は冷酷ですが現実なのでしょうね。開戦の事態はないと韓国の皆さんが考えているはずはないので、むしろ「考えたくない」と拒絶しているのでしょう。一方で独自のISR能力がない韓国は米軍の情報に基づいて行動する「下請け」の役目に甘んじるのでしょうか。同じことは航空自衛他についてもいえるわけで、このブログが伝えたいことのひとつ、ISR能力と解析能力の強化が必要ですね。


How South Korea Would Strike North Korea in a War

韓国空軍はこうして北朝鮮を攻撃する

F-15K Slam Eagle(Photo: Flickr, 247Sports)





  1. 2017年9月13日、韓国空軍(ROKAF)がトーラス Taurus 巡航ミサイルを試射したのは北朝鮮弾道ミサイルテストに呼応した動きだった。F-15Kが同ミサイルを発射しており、目標地点の地下に突入して爆発した。
  2. 長年にわたり韓国軍は国内都市特に首都ソウルが北朝鮮の砲兵隊攻撃、化学兵器、弾道ミサイル攻撃にさらされる前提の対戦に備えてきた。今や核兵器による大量殺戮も加わった。もちろんいかなる代償を支払ってもその可能性は回避すべきだが、開戦となった場合は韓米両軍が北朝鮮の強固なミサイル陣地、砲兵隊を迅速に排除することが死活的な意味を持つ。
  3. その任務にあたるのが60機あるF-15Kスラムイーグルで、F-15Eストライクイーグルを元に開発し、センサー能力と電子戦能力を強化した機体でバンカーバスター能力のある巡航ミサイルを発射し北朝鮮のミサイルサイロを叩く構想が現実になっている。
  4. また同兵器は強化防空壕に潜む北朝鮮指導部の斬首作戦にも投入でき韓国軍はこの作戦実施の効果に期待をしている。
  5. ストライクイーグルはF-15イーグルを戦闘爆撃機に転用し、兵装パイロン、燃料タンク増加、センサーを追加し推力重量比と操縦性が若干犠牲になっている。複座機としてマッハ2.5加速は可能だが23千ポンドという破格の兵装搭載量は第二次大戦中の戦略爆撃機の三倍近くに匹敵する。欠点として大型双発F-15は運航費用が高いが、ターボファンの追加で事故率は低くなった。
  6. 韓国は三段階のF-X事業の第一フェイズとしてジェット戦闘機部隊の近代化をめざした。ユーロファイター・タイフーンやラファールさらにSu-35をさしおき、F-15を選択しF-15K40機のを2002年に42億ドルで発注した。機体部品のほぼ4割が韓国国内生産で胴体、主翼、エイビオニクスがボーイングのセントルイス工場(ミズーリ州)に持ち込まれ完成された。
  7. スラムイーグルはF-15Eの供用開始から10年以上後のため、当時の最新性技術が初めから導入された。載標的指示装置でパイロットは頭をその方向に向けるだけで短距離用AIM-9Xの照準をあわせられる。
  8. スラムイーグルはF110ターボファンエンジンを搭載し推力はF100より1割以上増加している。エンジンノズルの違いで識別できる。
  9. 2008年に韓国はF-15K第二次発注をF-XフェイズIIとしてF-5Bフリーダムファイター戦闘機の後継として確定した。(発注には2006年に高G飛行で乗員が気絶し機体喪失に至った一機の補充分も含む)各機はスナイパーXR照準ポッドを装備しエンジンはF100PW-229にされKF-16戦闘機とエンジン互換性を確保した。
  10. F-15KはAAS-42赤外線探知追尾装備を搭載し、短距離なら敵機に気付かれずにレーダーを使わずに追尾可能だ。F-15KではAPG-63 (V)1レーダーの海上捜索標的識別モードを生かし艦船攻撃任務にも使えるとされたが、米空軍はその後F-15EにAPG-82アクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーで解像度とステルス性で大きく進展している。APG-63のアンテナはAESA方式にアップグレード可能だが、ROKAFがこの改修をいつ実施するか不明だ。北朝鮮空軍が旧式装備をそろえ、わずか35機のMiG-29が1990年代調達ながらいまだに最新鋭機としてまかりとおっているためもあるのだろう。
  11. 他方で北朝鮮には近代装備は少数とはいえ相当量の地対空ミサイルもあり、この脅威に対抗すべくF-15Kには軽量ながら強力な戦術電子戦装備が搭載され、ALQ-135M対抗装置は高速処理プロセッサーでSAM複数を同時に妨害でき、ALE-47チャフとフレアディスペンサーでミサイルを混乱させる能力がある。
  12. F-15Kは大邱基地に第11戦闘機隊として配備され、非武装地帯から170マイル南の後方配備となっているのは長距離ジェット戦闘機は最前線戦術機として迅速展開させず、攻撃や戦略任務に就かせるためだろう。このためF-15Kは3千ポンドの強力な威力を誇るトーラスミサイルを運用する唯一の機種になっている。
  13. 韓国は同ミサイル170発をドイツ-スウェーデン共同事業体へ発注し納入は2017年に完了した。全長5メートルのジェット推進式ミサイルはKEPD-350Kの名称がつき、音速ぎりぎりの速度で飛翔し、300マイル先の標的を攻撃可能だ。これだけあれば北朝鮮国内のいかなる地点も韓国国内から攻撃できる。
  14. トーラスは探知を逃れるため地上130フィートを低空飛行し、さらにレーダー探知を逃れるステルス性能と妨害対抗手段を備える。航法に四系統を使い(GPS、慣性、赤外線、地形参照)一つが故障してもコースを維持できる。標的近くまで到達すると三次元イメージのスキャン機能もプログラム可能となり目標捕捉に失敗すると付随被害を発生せずに任務を中止することも可能だ。
  15. 目標に近づくとトーラスは高度を上げてから急角度で目標への突入を二段式メフィスト弾頭で狙う。まず先行爆発で標的の強化外壁を破壊し内部に突入した爆弾本体を遅発性信管で爆発させる。6メートルまでの厚さのコンクリート壁を突破でき、ミサイルや火砲の強化施設を破壊し、韓国国内への攻撃を事前に防ぐことが期待される。
  16. 2016年12月に韓国はKEPD-350の追加90発分を発注した。これは平壌のミサイルテスト加速に呼応したものであった。さらに韓国はトーラスミサイルの軽量版にも関心を示しており、射程は250マイルになるが国産FA-50ゴールデンイーグル攻撃機へ搭載を狙う。もちろん北朝鮮との交戦となれば韓国は米空軍や海軍の追加投入を受けいれ爆撃機も到着するはずだ。さらに水上艦船やオハイオ級改造のミサイル潜水艦からのトマホークミサイルにも期待できる。
  17. ただしこれだけの火力が実現しても北朝鮮が開戦数日間で韓国民間人数千名の死傷者を生むことは防止できず効果を緩和させるのが精いっぱいだ。一部の北朝鮮火砲やミサイルは強固に防御された固定陣地にあるが、残りは移動式で反撃を避けようとするはずだ。米国が前回弾道ミサイル発射機を狩る作戦を展開したのは1991年のスカッドミサイルの事例で結果は惨憺たるもので、戦後の情報分析でスカッド発射機は一つも空爆では破壊できなかったと判明している。その後は戦術技術両面で進展しているが、この種の作戦が困難であることに根本的な変化は生じていない。
  18. スラムイーグルと米軍機はそのため北朝鮮の攻勢を緩和する効果しか期待できず、開戦直後に脅威を全部排除することは不可能だ。先制攻撃や迅速な反撃構想にだまされるべきでなく、せいぜい人的被害を抑える効果しか期待できないと知るべきだ。だからといってF-15Kの任務が限定されることにはならない。最悪の状況では韓国国民数万名とおそらく米本土の人命の行方は北朝鮮部隊をどれだけ早く除去できるかにかかっているからだ。
  19. さらに韓国はF-35ライトニング・ステルス戦闘機40機をF-X第三フェーズとして導入する意向で、長年活躍したF-4ファントムを退役させる。ソウルは同時に国産巡航ミサイル200発が実現すれば国産KF-Xジェット戦闘機に搭載したいとする。それまではスラムイーグルが韓国の第一線戦闘機として防衛最前線で極めて重要な存在となる。■
Sébastien Roblin holds a Master’s Degree in Conflict Resolution from Georgetown University and served as a university instructor for the Peace Corps in China. He has also worked in education, editing, and refugee resettlement in France and the United States. He currently writes on security and military history for War Is Boring.

Author

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★★F-3開発:急浮上したF-22生産再開提案は日本に費用負担大半を求める内容

降ってわいたようなこの話ですが、前からF-22生産再開の話はあり、日本の影もちらちらしていました。虫のいい話に聞こえますが、日本にはF-2事案でも苦い思いをした経験もあり、F-3国産開発で進んできたのですが、いよいよ今年中ともいわれる方針決定の段階で考慮すべき点は多く、以下の内容にも一定の長所はあるように思われます。実現するかは微妙ですが、貿易収支、米国の動向もにらむと可能性が皆無とも思われません。実現するとすればイスラエルも関与すべきと考えますが、皆さんはどう思いますか。
Lockheed Should Restart the Raptor Line If Japan Wants An F-22-F-35 Hybrid日本向けF-22-F-35ハイブリッド新型機が実現すればロッキードはラプター生産ラインを再開する構えGeopolitical trends, security concerns, and industrial and combat aircraft capability needs, could give birth to an American-Japanese Raptor 2.地政学、安全保障、産業構造、戦闘機ニーズを考慮すると日米共同のラプター2.0が実現する可能性が浮上BY TYLER ROGOWAYAPRIL 20, 2018 http://www.thedrive.com/the-war-zone/20288/japans-interest-in-an-f-22-f-35-hybrid-could-mean-a-restart-for-f-22-production-line
OSAKABE YASUO

ロッキード・マーティンと日本産業界共同でF-35ライトニングとF-22ラプターの長所を組み合わせた準国産戦闘機を開発する構想に関心が日本の関心を集めていいるとのロイター報道にThe War Zoneはさして驚かされていない。 以下ロイター電の抜粋だ。 「ロッキードは日本防衛省と協議を終え日本の情報開示請求(RFI)に対応した正式提案を機微軍事技術公開に関する米政府承認の後に提出する準備に入った。提案内容に詳しい筋から直接この内容が判明した。 高度機密航空機設計内容・ソフトウェアの公開を認める決定が下れば日本は中国軍事力に対する優位性を実現し、ドナル…