スキップしてメイン コンテンツに移動

ロシア発表の原子力巡航ミサイルに米国が冷静な反応をしているのはなぜか

原発に病的なほどアレルギーを示す人たちがこのニュースに反応しないのはなぜでしょうか。はるかに病的で悪質な「汚染」を生む兵器です。ロシア技術への信頼性が低いこともよくわかりますね。昨年初めのヨーロッパでの放射能異常値検出もこの実験が原因だったのでしょうか。目的のためには手段を択ばず、と言う思考の産物でしょう。


U.S. Has Been Secretly Watching Russia's Nuclear-Powered Cruise Missiles Crash and Burn ロシア原子力巡航ミサイルの墜落炎上の様子を極秘に監視していた米国

Successful or not, if Russia is test flying these weapons, this means it has been repeatedly crashing nuclear reactors into the ground or the ocean.テスト結果問わずロシアは原子炉を地上海中に繰り返し激突させていたことになる


BY JOSEPH TREVITHICKMARCH 2, 2018
RUSSIAN MOD
シアが新型核動力巡航ミサイルを開発中と発表したが、米政府がこの様子をスパイしていたとの報道ではテストは一部あるいは全部が失敗していたという。このことからこの兵器の安全性に疑問が生まれると同時に米側が把握していた事実を秘密にしていたことも疑問視されている。
ロシア大統領ウラジミール・プーチンが3月1日に発表したのは名称不詳のミサイルだ。クレムリンによれば2017年末に打ち上げ、飛翔に成功したという。ロシア当局は同ミサイルの詳細を何ら発表していないが、プーチンは完成型は供用中のKh-101巡航ミサイルと寸法、形状がほぼ同じと述べている。
同兵器は超音速超低空飛行を行い、事実上飛行距離に制約はないこととなる。警告なしで世界中いかなる地点も攻撃可能でミサイル防衛をかいくぐる。
だがプーチン演説の直後にCNNは匿名米政府関係者の話として同兵器がほぼ実用段階にきているとの話は疑わしいと報じた。この人物はさらに「米国はロシアの核動力巡航ミサイルテスト数回の様子を都度監視し、すべて墜落している」と述べた。フォックスニューズは別の筋の話として同装備はまだ研究開発段階でテスト中に少なくとも一発が北極海に墜落したと報じた。
U.S. officials say Russia's nuke powered cruise missile not operational yet, still in 'R&D' phase and has crashed recently in testing in the Arctic, despite claims by Putin today.
米政府が開発状況を認識していたが秘密にしていた点が注目される。米関係者は情報公開で自軍装備整備の予算獲得をすることがよくあり、結果的に相手方の装備に直接間接的に対抗してきた。
ペンタゴンの定例記者会見で3月1日に報道官ディナ・ホワイトがプーチン発表の兵器はすでに実戦配備されているのかとの問いにコメントを拒否した。同報道官は今回発表の装備はいずれも以前から存在を把握していると述べている。「各兵器ともかなり前から開発されているものです。こちらの核兵器整備計画にはその存在を織り込み済みです」
今年2月発表の核装備整備計画(NPR)ではロシアの極超音速滑空飛翔体や核装備無人水中機について述べているが、核動力巡航ミサイルの言及はない。
DOD
NPRの一般公開版では上の図表が乗っているが、核動力順子ミサイルの言及はない
米空軍の航空宇宙情報センターが2017年6月に世界か国の巡航ミサイル弾道ミサイル開発状況をまとめて公開しているが、核動力巡航ミサイルの言及はやはりなかった。また極超音速加速滑空体にも触れていない。
さらに興味を惹かれるのは米国が試作型ミサイルの実験失敗を承知しながら沈黙を保っていたことだ。同ミサイルが原子炉を搭載しており事故になれば人命や環境に危険を生むことはロシア国民のみならず周辺国住民にも看過できない事態のはずだ。
米ロ間の緊張の高まりを考えると自国民とともに他国国民の生命を何とも思わないクレムリンを批判するのに米政府には格好の機会となった。
また米政府は核動力エンジンの機構上の危険性も十分承知している。1960年代に各種実験を行ったためだ。米空軍は超音速低空飛行ミサイル(SLAM)で核動力ラムジェットの搭載する方を模索しており、今回のロシア発表の内容に類似している。
米国の得た結論は核エンジンは技術的に作動可能だが地上発射式・空中発射式兵器には実用的効果が生まれず、逆にロシアとの軍拡レースを刺激するというものだった。原子炉を小型軽量化し消耗品のミサイルに搭載できる単価にする必要があるが、試作品の原子炉は防御シールドをつけず危険レベルの放射線が出ていた。結局、試作品の域を出ず、高さ13フィート、全長52フィートとF-16戦闘機とほぼ同じ大きさになってしまった。
飛翔中は放射能の軌跡を残し、敵味方問わず飛行経路の上空を汚染し、科学技術陣はその効果におじけづいた。
SLAMプロジェクト終了の1964年から原子炉技術は大きく進歩している。またロシアは小型原子力動力源の開発に相当尽力しており、北極圏で実用化しているのも事実だ。ただし、その作動が安全で信頼できるのかで相当の懸念が残る。
だが原子力動力巡航ミサイルに放射性物質を搭載する事実に変わりはなく、ロシアは正常作動しても核物質の放出さを想定ずみなのだろう。米政府が記録したという「墜落事例数件」をロシアが成功したと認識しているのは興味深い。設計内容が信頼できるかを確かめるにはテストを繰り返す必要があり、飛行性能を徐々に引き上げていくはずだ。
LAWRENCE LIVERMORE NATIONAL LABORATORY
米国で1960年代にテストされた原子力ラムジェット試作型
また仮にロシアが試作型テストを完了しているとすれば意図的に原子炉を地上や海上に高速で激突させたのだろう。
だとするとロシアが行った飛翔テストがパレンツ海コラ半島で2017年2月に放射性ヨウ素-131が大気中に急増した現象の原因だったのだろう。米エネルギー省は同様に放射性物質をネヴァダ試験場で1959年から1969年にかけて核エンジンテスト後に探知していた。
ヨーロッパでの放射性物質検出の時点で米空軍は数少ないWC-135Wコンスタントフェニックスをヨーロッパに派遣していた。同機は特別装備で大気標本を集め核活動の兆候を見つけるのが仕事だ。
2017年2月20日包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)は1996年発効した包括的核実験禁止条約の監視機関として声明を発表しヨウ素-131の特段の上昇は「過去数か月見つかっていない」「核実験があればヨウ素-131を放出し同時にその他放射性同位体も放出されるはず」と述べていた
USAF
米空軍のWC-135Wコンスタントフェニックス
核ラムジェットでは放射性副産物多数が生じることは容易に想像できるが、センサーですべて探知できないほどの微量になる可能性もある。エネルギー省によればトロイIIC核ラムジェットの1964年実験で放出された放射能は1,000キューリー以下だった。同じ状態が同エンジンの24時間稼働中続き、結局外気に放出された放射能は1キロトン核兵器爆発時の放射能検出の1パーセント未満だった。
米空軍はWC-135投入と大気中のヨウ素-131増加の関係を否定し、もともと投入は予定されていたものと説明した。「大気の状態は普段から計測しておかないと変化を検出できない」と米空軍ジョナサン・ヴァンノード大佐(AFTAC空軍技術応用センター)が2017年3月にスターズアンドストライプスに語っていた。
AFTACは機密性の高い組織で公的には1963年締結の部分核実験禁止条約の順守状況を監視するのが役目とされる。同時にその他核実験や核事故の情報も集める。米政府が核動力巡航ミサイルの存在を認知していること自体が非公開事項であり、ヴァンノード大佐も部下が同兵器の証拠を求めていたとは認められなかったのだろう。
2017年9月10月と相次いで放射性ルテニウム-106の急増が検出され発生源はロシアと判明した。この同位体をエネルギー省は核動力エンジンと関連付けているが、過去のテストで生成されたのはルテニウム-103と-105だった。専門家からは今回の事態はマヤクの核燃料処理施設からの漏洩だったとの観測が出ている。
IRSN
フランスの核安全組織IRSNが2017年11月に公開した地図ではルテニウム-106の急増の様子がわかる。色の濃い点が正常値より高い状況を示す。ロシア領は濃い灰色で示した。
以上を勘案しても米政府の態度には不明なところがあるが機会の到来を待っていたのだろう。今回発表された装備中でも核動力巡航ミサイルが中距離核兵力条約(INF)含む米ロ間の軍備管理合意に違反するかははっきりしない。
条約では米ロ両国は有効射程が310マイル以上3,100マイル未満の陸上配備の巡航ミサイル生産を禁じられている。射程無制限の兵器はどうなるのかははっきりしない。同時にINFでは陸上配備巡航ミサイルで条約に違反しても研究開発自体は明確に禁じておらず、この抜け穴を米国も利用している。
米政府としてはデータを十分集めてクレムリンが危険水準の放射能を実験で生んだことを証明しようというのだろう。ロシアは原子炉付きのミサイル実験は行っておらず通常型エンジンで飛行させていたかもしれない。ただしこの可能性は低い。こうしなければロシアは放射性物質を大気放出することを防げなかったはずだが、逆にテストの意味がなくなる。
だし今やその存在が公開された以上、次はロシアが性能を自慢し米国が安全性を批判するはずだ。
Programming note: Our analysis of the air-launched hypersonic missile revealed by Putin during his speech is up and can be found here. It turns out that the mysterious weapon is far more familiar than most probably think.
Contact the author: jtrevithickpr@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

★★潜水艦が一隻も使えないのはドイツ連邦軍の問題の氷山の一角だ

几帳面がドイツでこうなっているとは意外な気もしますが、国防省の官僚的体質が災いのもとなのでしょうか。ドイツの安全保障に対する価値観にはやはり大戦中のトラウマがあるのでしょうか。日本はこの数年で意識がかわりつつあるのですがね。ドイツ国民に軍事アレルギーや防衛で主導的な立場を忌避する傾向があるのでしょうか。
Germany Does Not Have One Working Submarineドイツに作戦投入可能な潜水艦が一隻もない事態 Sebastien Roblin December 16, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/germany-does-not-have-one-working-submarine-23688?page=show

今年10月15日、ドイツ潜水艦U-35がノルウェー沖で潜航しようとしたところ、x字形の潜航舵が岩礁とぶつかり、損傷が甚大で単独帰港できなくなった。ドイツ国防軍広報官ヨハネス・ドゥムレセ大佐 Capt. Johannes Dumrese はドイツ国内誌でU-35事故で異例の結果が生まれたと語っている。紙の上ではドイツ海軍に高性能大気非依存型推進式212A型潜水艦6隻が在籍し、各艦は二週間以上超静粛潜航を継続できることになっている。だがドイツ海軍に作戦投入可能な潜水艦が一隻もない。Uボートの大量投入による潜水艦作戦を初めて実用化したのがドイツ海軍で、連合国を二回の大戦で苦しめた。今日のUボート部隊はバルト海の防衛任務が主で規模もに小さい。212A型は水素燃料電池で二週間潜航でき、ディーゼル艦の数日間から飛躍的に伸びた。理論上はドイツ潜水艦はステルス短距離制海任務や情報収集に最適な装備で、コストは米原子力潜水艦の四分の一程度だ。ただし、同型初号艦U-31は2014年から稼働不能のままで修理は2017年12月に完了予定だが再配備に公試数か月が必要だ。U-32は2017年7月にノルウェー回航中にバッテリーが使えなくなった。修理用船台が空かず、U-34が次の順番を待つ中で修理のめどがつかない。U-33は2018年2月まで整備中でその後公試に三四か月かかる。U-35の姉妹艦U-36は2017年10月に就役し、作戦投入可能は2018年5月だ。なぜここまで時間がかかるのか。冷戦終結後のドイツ海…

★★★F-3開発:急浮上したF-22生産再開提案は日本に費用負担大半を求める内容

降ってわいたようなこの話ですが、前からF-22生産再開の話はあり、日本の影もちらちらしていました。虫のいい話に聞こえますが、日本にはF-2事案でも苦い思いをした経験もあり、F-3国産開発で進んできたのですが、いよいよ今年中ともいわれる方針決定の段階で考慮すべき点は多く、以下の内容にも一定の長所はあるように思われます。実現するかは微妙ですが、貿易収支、米国の動向もにらむと可能性が皆無とも思われません。実現するとすればイスラエルも関与すべきと考えますが、皆さんはどう思いますか。
Lockheed Should Restart the Raptor Line If Japan Wants An F-22-F-35 Hybrid日本向けF-22-F-35ハイブリッド新型機が実現すればロッキードはラプター生産ラインを再開する構えGeopolitical trends, security concerns, and industrial and combat aircraft capability needs, could give birth to an American-Japanese Raptor 2.地政学、安全保障、産業構造、戦闘機ニーズを考慮すると日米共同のラプター2.0が実現する可能性が浮上BY TYLER ROGOWAYAPRIL 20, 2018 http://www.thedrive.com/the-war-zone/20288/japans-interest-in-an-f-22-f-35-hybrid-could-mean-a-restart-for-f-22-production-line
OSAKABE YASUO

ロッキード・マーティンと日本産業界共同でF-35ライトニングとF-22ラプターの長所を組み合わせた準国産戦闘機を開発する構想に関心が日本の関心を集めていいるとのロイター報道にThe War Zoneはさして驚かされていない。 以下ロイター電の抜粋だ。 「ロッキードは日本防衛省と協議を終え日本の情報開示請求(RFI)に対応した正式提案を機微軍事技術公開に関する米政府承認の後に提出する準備に入った。提案内容に詳しい筋から直接この内容が判明した。 高度機密航空機設計内容・ソフトウェアの公開を認める決定が下れば日本は中国軍事力に対する優位性を実現し、ドナル…

★★ここまでわかったシリア攻撃の内容、ミサイル105発のスタンドオフ攻撃

今回の攻撃の概要がだいぶわかってきました。さっそく攻撃は違法と主張する政党が出てきましたが、スタンドオフ攻撃の実例となり、攻撃規模も昨年より倍増され、北朝鮮攻撃の予行演習と言えなくもありません。我が国としては中国のスタンドオフ攻撃が一番怖いので防衛側に立って状況を咀嚼する必要がありますね。

Coalition launched 105 weapons against Syria, with none intercepted, DoD says連合軍はシリア攻撃に105本を発射、迎撃の動きは皆無とDoD発表By: Aaron Mehtaand Tara Copp 1https://www.defensenews.com/pentagon/2018/04/14/us-launched-105-weapons-against-syria-with-none-intercepted-dod-says/ USS Monterey launches strikes against Syria

WASHINGTON ― 米、英、仏各軍がシリア政権施設三か所に爆弾の雨を降らせた。ロシア防空装備は対抗措置を一切とらなかったとペンタゴンが土曜日に発表。 今回の攻撃は「何年も」前に立案されていたとケネス・マッケンジー海兵隊中将(統合参謀本部)はシリア化学兵器製造関連施設は今回の三か所以外にもあると認めた 三か国の艦船、航空機から合計105本が発射された。標的の三か所は以下の通り。 バルザ研究開発センター:マッケンジー中将は化学兵器開発の「心臓部」と呼び、ダマスカス近郊で「世界でもっとも強力な防空体制」をしいていたと表現。海上からトマホーク57本、JASSM-ERをB-1B二機編隊から19発発射し、戦闘機も掩護した。米側評価で同施設は破壊された。 ヒム・シンシャール化学兵器施設、ホムス近郊にあり、三か国が攻撃した。米軍はトマホーク9本、英軍はストームシャドウ8発をトーネード、タイフーン編隊から、フランスは海軍が巡航ミサイル3本と空中発射SCALPミサイルを発射した。米側評価では同施設は破壊された。 ヒム・シンシャール化学兵器貯蔵庫は同上標的からおよそ7キロ地点で、フランスがSCALPミサイルで攻撃した。SCALPはラファールが発射し、ミラージュが掩護した。マッケンジー中将は同施設は「損傷を受けた」と述べた…