スキップしてメイン コンテンツに移動

★韓国の原子力潜水艦建造は結局実現できないのではないか

オーストラリアで本命と言われていた日本のそうりゅう級を破り採用されたフランスDCNSのバラクーダがまた韓国の原子力潜水艦建造計画でふたたび出てきました。フランスは商売上手ですね。韓国がこのまま原子力潜水艦建造に向かう可能性が低いとのThe Driveの分析ですが、パッションだけで突っ走る韓国はその通りにならないかもしれません。でもそもそも韓国に原子力潜水艦が絶対不可欠とは思えないのですが。



Why Would The South Korean Navy Be Eyeing A Nuclear Submarine Capabilit韓国が原子力潜水艦に注目する理由は何か

A nuclear boat would offer significant additional capabilities for the service, but could come at a high cost, practically and politically.原子力潜水艦投入で韓国海軍の威力が高まるが、予算・政治面で代償は高くつく


DCNS
BY JOSEPH TREVITHICKMARCH 29, 2018
国海軍が原子力潜水艦取得の政治技術両面での可能性の検討に入った。北朝鮮が潜水艦弾道ミサイル開発をしており緊張が高まる中だが原子力潜水艦は技術的に複雑であり先に開発成功しても半島関係は緊張を増すばかりだ。
2017年10月に韓国海軍が委託したシンクタンクKorea Defense Network (KDN)が原子力潜水艦の基本設計を検討し始めた。最終報告書ではフランスのバラクーダ級を原型にした原子力潜水艦の開発を提言している。
「国産建造を提言したKDN報告書は慎重に精査している」と韓国海軍はDefene Newsに述べている。「原子力潜水艦建造案には微妙な内容がありとくに南北朝鮮頂上会談や米朝頂上会談が行われる中で慎重に扱う必要がある」
現時点の韓国海軍にはドイツの209型の派生型チャンボゴ級(9隻)がある。また9隻建造計画のソンウォニル級は7隻が完成しており、これもドイツの214型だ。両級はディーゼル電気推進艦だが後者には大気非依存型推進(AIP)が搭載され静粛化と長期間潜航が進んでいる。韓国海軍は9隻からなる三番目の級も要望しているが、新型艦が先に来るかもしれない。


USN
The South Korean Navy's submarine Jang Bogo.


原子力潜水艦がさらに低い聴音特性を実現するとはいえAIP搭載艦が静かなのは確かだ。各艦は214型より長く潜航可能で哨戒範囲を広げられる。
フランスのバラクーダ級をKDNが報告書に出発点としてふさわしいと取り上げられており、潜航時およそ5,300トンの規模だ。ソンウォニル級より大きく、開発中のチャンボゴ-III級より2,000トンも大きくなる。
増える空間は兵装の搭載に使い、米海軍のロサンジェルス級のように垂直発射管も備えるかもしれない。また大出力センサー類を搭載でき、韓国海軍には有力な沿岸のみならず内陸部の動向の情報収集手段になる。その場合、対象は北朝鮮だけでなく中国もカバーできるだろう。
未確認情報だがチャンボゴ-III級には弾道ミサイル・玄武Hyunmooを改装した装備が搭載されるといわれ、事実なら探知されることなく北朝鮮周辺海域を数か月航行できる重要な二次攻撃能力が韓国に実現する。
原子力潜水艦構想は北朝鮮が進める潜水艦発射弾道ミサイル能力開発から生れた。長期間の哨戒能力が監視、敵潜水艦追尾には最適だ。北朝鮮には沿岸用小型潜水艦が多数あり有事には特殊作戦部隊を韓国へ運び大きな脅威となる。
北朝鮮以外に韓国は中国やロシアへも対抗の必要がある。両国は東アジアで軍事行動を増強しており、特に中国は原子力、通常型双方で潜水艦部隊を増強中だ。また水中聴音能力も伸ばしている。ロシアも潜水艦部隊の再活性化を狙っている。
こうした状況をもとにすれば韓国が新型国産原子力潜水艦の建造に熱心なのは当然と言える。今回に先立ち2003年にも極秘調査が行われていた。
「2003年の検討では国産原子力潜水艦の基本設計まで完成し、小型原子炉の構想まで検討していました」と退役大佐Moo Keun-sikが明かす。当時「326計画」と呼ばれた構想をまとめていた。「韓国には自国で原子力潜水艦を設計開発する十分な力があります」
KDNがフランスのバラクーダ級とほぼ同じ艦の建造を提言したのは当時の検討結果を反映しているようだ。だが韓国に必要な知識と産業力があるかは別にしても、ここまで野心的な事業を実施する予算と時間が不足しているのではないか。
今日の潜水艦は複雑かつ建造が非常に高価で、原子力潜水艦はさらにその上を行く。少なくとも一号艦建造には10年かかり、各艦が作戦投入可能となるのに20年かかってもおかしくない。韓国政府は建造単価を10億ドルと試算しているといわれるが、あまりにも楽観視しすぎだ。フランスのバラクーダ級は16億ドルといわれ韓国では不慣れな建造現場で原子力潜水艦を一から国産建造するためこれ以上になるのは確実だ。
韓国の2017年度国防予算は340億ドル程度といわれ、国家予算の1割を占め、年率4パーセント増とされていた。そこに一隻10億ドルの潜水艦を建造すれば国防予算の3パーセントに相当する。
国防予算は増額されそうだがインフレを考慮すれば新型潜水艦は韓国が調達を進めるF-35共用打撃戦闘機やRQ-4グローバルホーク、早期警戒衛星、大型水上艦、巡航・弾道ミサイル各種他と予算を競い合うことになる。今年3月28日にロッキード・マーティンが韓国向けF-35Aの一号機をロールアウトしたが、韓国は40機調達の予定でF-35B取得にも関心を示しており、独島級揚陸強襲艦へ搭載したいとする。
だが最大の障害は政治で、韓国は核非拡散条約に調印しており、核分裂物質の濃縮を一定以上行わない取り決めを米国としている。原子力潜水艦の原子炉には高度能力核燃料が必要で、核兵器製造とほぼ同じ程度と言われる。これは小型装置で十分な出力を得るためだ。
このような原子炉を搭載した原子力潜水艦を建造すれば米国との取り決めに違反する。核物質濃縮やその他核施設を追求すれば高度濃縮核物質の入手に繋がり国際社会からも韓国は批判対象となり、NPT違反ともいわれそうだ。ここに韓国が326計画検討を秘密裏にした理由があり、またいったん知られるとすぐに放棄した理由もある。米国とともに国際原子力エネルギー機関が目を光らせたためだ。
シンクタンクKDNがバラクーダ級をモデルにする提言としたのは同級が低濃縮燃料を使う原子炉を搭載しているため濃縮問題を回避できるからだ。韓国は民生用原子力発電所で同様の燃料を使用中だ。
ただし北朝鮮は韓国が自国に脅威となる「核武装化」を進めていると非難し自国の核兵器開発を正当化するだろう。また北朝鮮宣伝機関の良い材料となり米国とその「傀儡」の韓国こそ核で侵略を狙っていると喧伝するはずだ。
韓国が緊張緩和を狙っていることを考慮する必要がある。北朝鮮指導者は歴史的な韓国大統領文在寅と韓国で2018年4月に直接会談する予定で、北朝鮮首脳が韓国国内に入るのははじめてとなる。
またキムとドナルド・トランプ大統領の会談にも影響が出る可能性がある。そうなると米国も韓国が原子力潜水艦の実現を目指すのは政治的にリスクが大きいと判断し、計画の放棄を求めてくるかもしれない。
トランプ政権としては韓国との合意内容の再交渉に前向きな姿勢を示しており、韓国の弾道ミサイルでの最大射程と性能の制限を再検討するともいわれる。トランプ政権が北朝鮮の脅威を理由に核燃料濃縮問題で緩和したり北朝鮮に核兵器放棄を迫る取引材料に使う可能性もある。
だがそもそも韓国がこうした障害を乗り切る必要性が見えてこない。フランスは原子力を使わないAIP型バラクーダ級を輸出用に開発しおわっており、ほぼ原子力艦に匹敵する性能があるといわれる。オーストラリアがローンチカスタマーになる。この艦なら韓国の要求内容を満たすことが可能で韓国もまずジャンボゴ-III級を優先して整備するようだ。
韓国は米国の核抑止力の傘の下にあるため、同国が二次攻撃力を非核手段で整備して北朝鮮に対する抑止力を限定的ながら整備する決定になるのかは興味深いところだ。韓国政府は北朝鮮攻撃を受ければ通常兵器による報復攻撃能力を広範に行使する用意があると公言しているが、韓国にはすでに潜水艦から対地攻撃巡航ミサイルを発射する能力がある。
もちろん北朝鮮に積極的に核兵器を放棄する兆候はなくむしろ国内体制維持にも核兵器は必要に思える。韓国から見れば核兵器への備えとして原子力潜水艦を残存可能なミサイル発射台として整備すれば朝鮮半島情勢が悪化した場合でも安心できるというのだろう。
北朝鮮の核兵器整備が進んでいることから韓国も北朝鮮と同様にNPTを脱退しても自国の核武装を再考せざるを得ないと噂する向きがある。いったん決定すれば韓国も急速に核武装を実現できるとの意見もある。
.総合すると原子力潜水艦で韓国海軍の作戦能力が大幅に拡充されるが、本当に同国が予算面でも政治面でも高額な装備開発に前向きになるかはっきりしない。■

Contact the author: jtrevithickpr@gmail.com

コメント

  1. 知性への悲観と情熱への楽観こそが人生にとって必要である、というのを良きにつけ悪しきにつけ思い知らされる朝鮮民族の性質の、これも一つの端緒なのだろうと感じる。
    向かう先がどこかという議論ではなく、それ以前に生を歩む為に必要なバイタリティやメンタリティを極端に追及すると、ああいう振る舞いになるのかなと。
    惜しむらくは戦略的発想が固有の文化の中に根付いておらず普遍とは最も遠い所にある事ではないでしょうか。
    私は彼らの精神性に、日本人に欠けていて且つ必要なものを見出していますが、どの民族や社会もバランスよく事足りるというものは無く、誰も彼も足りないものは多いですね。
    だからこそ見識や哲学が重要だと思うのですが、韓国軍の兵器調達にはそういったものが見えず、軍政面の大きな弱点だとも思います。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。
This is the combat drone Japan has been building in secret
これが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ

川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…

★★潜水艦が一隻も使えないのはドイツ連邦軍の問題の氷山の一角だ

几帳面がドイツでこうなっているとは意外な気もしますが、国防省の官僚的体質が災いのもとなのでしょうか。ドイツの安全保障に対する価値観にはやはり大戦中のトラウマがあるのでしょうか。日本はこの数年で意識がかわりつつあるのですがね。ドイツ国民に軍事アレルギーや防衛で主導的な立場を忌避する傾向があるのでしょうか。
Germany Does Not Have One Working Submarineドイツに作戦投入可能な潜水艦が一隻もない事態 Sebastien Roblin December 16, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/germany-does-not-have-one-working-submarine-23688?page=show

今年10月15日、ドイツ潜水艦U-35がノルウェー沖で潜航しようとしたところ、x字形の潜航舵が岩礁とぶつかり、損傷が甚大で単独帰港できなくなった。ドイツ国防軍広報官ヨハネス・ドゥムレセ大佐 Capt. Johannes Dumrese はドイツ国内誌でU-35事故で異例の結果が生まれたと語っている。紙の上ではドイツ海軍に高性能大気非依存型推進式212A型潜水艦6隻が在籍し、各艦は二週間以上超静粛潜航を継続できることになっている。だがドイツ海軍に作戦投入可能な潜水艦が一隻もない。Uボートの大量投入による潜水艦作戦を初めて実用化したのがドイツ海軍で、連合国を二回の大戦で苦しめた。今日のUボート部隊はバルト海の防衛任務が主で規模もに小さい。212A型は水素燃料電池で二週間潜航でき、ディーゼル艦の数日間から飛躍的に伸びた。理論上はドイツ潜水艦はステルス短距離制海任務や情報収集に最適な装備で、コストは米原子力潜水艦の四分の一程度だ。ただし、同型初号艦U-31は2014年から稼働不能のままで修理は2017年12月に完了予定だが再配備に公試数か月が必要だ。U-32は2017年7月にノルウェー回航中にバッテリーが使えなくなった。修理用船台が空かず、U-34が次の順番を待つ中で修理のめどがつかない。U-33は2018年2月まで整備中でその後公試に三四か月かかる。U-35の姉妹艦U-36は2017年10月に就役し、作戦投入可能は2018年5月だ。なぜここまで時間がかかるのか。冷戦終結後のドイツ海…