スキップしてメイン コンテンツに移動

★★心配になるF-3の行方、既存海外機材原型開発論が浮上

ロイターの記事です。うーん、どうなんでしょう。財務省の情報操作のにおいがします。費用対効果とか産業基盤温存とか技術論の前に日本に必要な戦闘航空機(戦闘機ではありません)はそもそもどんな姿であるべきかをホリスティックに考えるべきではありませんか。ステルスありきでもないはずです。大きな買い物だけに短期集中でもよく考えるべきでは。その際にいったん既存の利害は忘れてコンポンを考えるべきだと思うのですが。おそらく一週間も不要で数時間あれば出る結論のはずですが。



Exclusive: Japan's new advanced fighter may be based on existing foreign design - sources 特報:日本のめざす新型戦闘機で既存外国機原型案が浮上



TOKYO (Reuters) - 日本は新型ジェット戦闘機で既存西側機材を原型に米英との協力で開発を短縮化する提案を求めている。事業費は総額400億ドル(約4.3兆円)の試算がある。ロイターは取材源三か所から内容を把握した。
日本は今月に入り第三回目の情報開示要望(RFI)を防衛産業各社に発出し新型機F-3の提案を求めている。前の二回と違い、今回は米国と欧州の企業に限定し詳細情報を求めている。
二回にわたる募集で詳細な提案は得られず、「日本は既存機を原型にした設計案で具体的内容を期待している」と消息筋は述べている。
既存機を基にした設計案の募集文書が英米政府に送付されたことは報じられていなかった。
日本が利用可能な機体としてF-35ライトニングII(ロッキード・マーティン)、F/A-18E/Fスーパーホーネット(ボーイング)、ユーロファイター・タイフーン(BAEシステムズ含む欧州共同事業体)がある。
国産戦闘機の直近の機種はF-2で三菱重工業とロッキード・マーティンが米F-16多用途戦闘機を原型に完成させ2000年に供用開始した。日本の戦闘機生産で主導的立場の三菱重工がF-3事業でも中心になると予想される。
「国産開発、共同開発、既存機体の改良いずれも検討中でまだ最終決定ではない」と防衛省関係者が述べている。
日本の次世代戦闘機が外国の既存機を原型に実現すれば費用は節約できるが、ステルス性を断念する可能性も生まれる。タイフーン、スーパーホーネットはステルス設計ではない。
「ボーイングは米日両政府と協力して日本側産業界と次期戦闘機開発に臨むことに大きく期待している」とボーイング広報は述べた。
ロッキード・マーティンとBAEシステムズからはコメントが出ていない。
日本が米英政府に接近しているのは米国がF-22後継機検討に入ったのも関係する。英国も日本との安全保障上の関係強化を狙いタイフーン後継機が早晩必要となる。
日本はF-35ステルス戦闘機の導入を始めているが、中国の軍事力増強を見ながら2030年めどに制空戦闘機を別途導入し日本の空への侵入を防ぎたいと考えている。
日本は国産開発で新型機を目指してきたが、疑問も生まれている
2019年4月から新規五か年防衛整備計画がはじまりF-3事業をここに含めるためにはすぐにでもワシントンとの協議をが必要になる。
米製装備調達の増加で弱体化した日本の防衛産業の存続のため純国産機開発を求める声が防衛省内や国会議員にあるが、財務当局は費用対効果を疑問視している。
国際共同開発にすれば航空自衛隊以外にも販路を広げて費用面で効果が生まれるからだ。
三菱重工は2016年にステルス試作機ATD-X(X-2)をテストしており、開発費用は3.5億ドルだった。■
Reporting by Tim Kelly and Nobuhiro Kubo; Editing by Gerry Doyle


コメント

  1. 航空自衛隊が次の30年間運用し、はじめの10年間は主力機として防空の任を果たさなければならない次期制空戦闘機F-3は、主に数の不利を覆す性能と運用性を持ち、PLAAFの主要な空戦戦術を上回りAEWやタンカーを守り通せる事が絶対条件になるのだろうと思います。
    そうした中で求められるものは、従来機比で滞空時間・電子戦能力・機動性(≠運動性)の著しい向上なのだろうと考えられます。
    他方、見込みのある技術としては無人戦闘機や無人アセット統制、レーザー、光学走査装置などが主として挙げられます。
    こういった事からF-3のあるべき姿を志向すると、F-22やF-35とは似つかない、どちらかというと米空軍PCAに近いものなのではないかと考えています。
    ではそういった飛行機やその開発計画が日本以外のどこの国にあるのかという事になりますが、現状でそういった具体的な動きのある国はありません。
    従って、多国間事業にするとしても計画は日本が主導し、アウトソーシング可能な分野において他国企業の協力を仰ぐという形にするのが、必要な機材を完成させるという視点では合理的な姿になるのではないでしょうか。
    そういった観点で現在の我が国の保有技術や実績に鑑みれば、要素面で足りない技術はあまり目立ったものがなく、欠けているとすればインテグレーションやプランニングではないでしょうか。
    共同事業に参画しそうな外国企業の顔ぶれを想像しても、機体開発で主導的な役割を果たすことにインセンティブを感じるようなところは(それぞれの母国の軍政的な意味での国防戦略に鑑みて)かなり薄いのではないかとも思われます。
    つまり外国企業の協力を仰ぐ事になったとしても、飛行機を作る事そのものに深くタッチする/させるというような、従来みられた共同開発のような形にはならず、映画で言えば監修やプロデューサー補のような仕事を、豊富な航空機開発経験に頼んで委託するという事になるのではないかと考えています。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★F-35がステルスにこだわらず「ビーストモード」になると....

A Must See: This Leaked Video Shows the F-35 in "Beast Mode" F-35の「ビーストモード」は必見だby Mark Episkopos January 17, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35F-22StealthAir ForceMilitaryTechnology https://nationalinterest.org/blog/buzz/must-see-leaked-video-shows-f-35-beast-mode-41787 最近流出したビデオ映像でF-35の威力をうかがわせる場面が見られる。ロッキード・マーティンが「ビーストモード」と表現する仕様だ。. .映像は2018年11月の撮影とされ、F-35一機が標的5個に空対地ミサイル数発を同時発射している。 Screen capture from new video of F-35 dropping multiple precision guided weapons in multi-target test with moving vehicles. (Photo: Via YouTube)---The Aviationist 試射の場所と誘導爆弾の種類は確認できないが、専門家がThe Aviationistに対して「NTTR(ネリス試験訓練場)です。ペイブウェイIVを5発投下しており、全弾がGEOT(目標に十分な効果を与える)です」と述べている。