スキップしてメイン コンテンツに移動

★★F/A-18ブロックIII新規生産とブロックIIからの改修でスーパーホーネットは2040年代まで活躍する。さらに「ステルス」性能も実現する見込み

とかくトランプ大統領の破天荒な発言が専門家から笑いを買っていますが、今回ばかりは正しかったという事例です。スーパーホーネットがステルス性能を一部にせよ手に入れると米海軍の航空戦力は大きく変貌しますね。また一時はいつ閉鎖になってもおかしくない状況だったF/A-18生産ラインがここにきて活況差を取り戻しそうです。あれだけ予算不足で何もできなかった米海軍が新規発注をし、一部外国発注もあるからでしょう。こうしてみると大統領の交代の影響は大きいですねおなじみAviation Weekの記事です。


Aviation Week & Space Technology

Boeing’s Next-Gen Super Hornet Will Be (Sort Of) Stealthy ボーイングの次世代スーパーホーネットは(ある程度まで)ステルスになる

米海軍はブロックIII仕様スーパーホーネットの調達を2019年度開始し24機を購入する。Credit: Boeing


Mar 22, 2018Lara Seligman | Aviation Week & Space Technology


ナルド・トランプ大統領がツイッターでボーイングのセントルイス工場視察に触れ新型F/A-18スーパーホーネットに「最新かつ最強のステルス性能が付き、その他誰も知らない装備を搭載する」と書き冷笑を買った。
だがトランプは実は正しかった。ボーイングは「ブロックIII」仕様スーパーホーネットへの移行をいよいよはじめる。次世代版F/A-18はコンピュータ処理能力を増強し、飛行距離を伸ばし、そう、ステルスを強化する。
こうした変更でスーパーホーネットはロッキード・マーティンF-35C空母運用型と肩を並べて飛ぶことになり、空母航空戦力の中心として2040年代以降まで飛ぶことになるとダン・ジリアン(ボーイングでF/A-18とEA-18を統括)は述べる。
トランプは3月14日にセントルイス工場を視察し新型改修型戦闘機を目にした。セントルイスはF/A-18の生産を1978年から続けている。
ジリアンは改良型低視認性(LO)塗装がブロックIII仕様スーパーホーネットの五大特徴の一つと説明。「ステルス機」というものの、詳細は語らない。ただし機体の場所により異なる塗料を施し機体の残存性を高めるという。
F/A-18はもともとステルス設計でなくロッキード・マーティンのF-35やF-22に見られる基本設計の特徴を欠く。だがステルス性を実現する方法はほかにもある。たとえばLO塗装やレーダー波吸収材を機体の特定場所に施すことだ。簡単な改修で「大きな成果が低コストで手に入る」とジリアンは説明。
米海軍が導入する性能強化型はボーイングの当初提案「高性能スーパーホーネット」(2013年)と異なる。ボーイングはステルスを前面に立てていた。ボーイング技術陣は同機のレーダー断面積を大幅に減らせば性能上で妥協を迫られることを突き止めた。例えばペイロードの削減だ。これをジリアンが2017年にAviation Weekに語っていた。
このためボーイングは2013年提案の一部内容を断念した。ウェポンポッドへの兵装搭載とか機内赤外線捜索追尾(IRST)センサーでこれらは最新版には見られない。
米海軍は2019年度からブロックIIIスーパーホーネット調達を開始し24機を購入する。初号機が生産ラインを離れるのは2020年の予定だ。海軍には今後5年間で110機の追加調達案があり、昨年の予算要求内容から大きな増加となる。一方で海軍は旧型ホーネットの退役を加速化するとし、最後の旧型機飛行隊はスーパーホーネットへの機種転換を2018年に完了する。F/A-18A-D型の最後の機体は2030年度までに飛行機の墓場に移動する。
ボーイングはブロックIII飛行隊を空母飛行隊ごとにひとつずつ納入していく態勢でこれを2024年に完了し、2027年には各空母でブロックIII飛行隊が二個になるとジリアンは説明。
このためボーイングは新型スーパーホーネットの生産の傍ら旧型ブロックII機材をブロックIII仕様に改修していく。ボーイングはブロックII機材の耐用年数延長改修(SLM)を4月からセントルイスで開始する。
SLMはまず飛行時間を現行の6千から9千にひきあげる。その後は機内配線をまとめたり、腐食部分を手直ししたり、ダクトを交換する。またボーイングは海軍とスーパーホーネットの環境システムを「リセット」する。これは低酸素症に似た現象が急増したことを受けてのこと。
SLMでブロックIIからブロックIIIへの完全移行は2020年代初頭に完了するとジリアンは説明。つまりLO改良、高性能コックピットシステム導入で大型画面でユーザーインターフェイスを引き上げ、コンピューターは処理能力を拡張する分散標的プロセッサーネットワーク、戦術標的ネットワーク技術に対応するデータパイプの大型化とコンフォーマル燃料タンク(CFT)がある。
このうちCFTで航続距離は100-120カイリ伸び、現在のスーパーホーネットが主翼下に吊り下げる燃料タンクは廃止する。これで重量‣抗力が減りペイロードが増える。
ボーイングは2月に219.6百万ドルでCFTの設計・開発・テスト・統合契約を受注している。その結果は新造機以外にブロックIIからブロックIIIへ改修される機体にも応用されるとジリアンは説明。
ブロックIII改修でついにIRSTセンサーが搭載されればスーパーホーネットは遠距離から敵脅威の探知追尾能力を手に入れることになる。

ジリアンはSLMの所要工期を一機あたり当初18か月と見ているが、ゆくゆく12か月に短縮したいとする。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★★F-3開発:急浮上したF-22生産再開提案は日本に費用負担大半を求める内容

降ってわいたようなこの話ですが、前からF-22生産再開の話はあり、日本の影もちらちらしていました。虫のいい話に聞こえますが、日本にはF-2事案でも苦い思いをした経験もあり、F-3国産開発で進んできたのですが、いよいよ今年中ともいわれる方針決定の段階で考慮すべき点は多く、以下の内容にも一定の長所はあるように思われます。実現するかは微妙ですが、貿易収支、米国の動向もにらむと可能性が皆無とも思われません。実現するとすればイスラエルも関与すべきと考えますが、皆さんはどう思いますか。
Lockheed Should Restart the Raptor Line If Japan Wants An F-22-F-35 Hybrid日本向けF-22-F-35ハイブリッド新型機が実現すればロッキードはラプター生産ラインを再開する構えGeopolitical trends, security concerns, and industrial and combat aircraft capability needs, could give birth to an American-Japanese Raptor 2.地政学、安全保障、産業構造、戦闘機ニーズを考慮すると日米共同のラプター2.0が実現する可能性が浮上BY TYLER ROGOWAYAPRIL 20, 2018 http://www.thedrive.com/the-war-zone/20288/japans-interest-in-an-f-22-f-35-hybrid-could-mean-a-restart-for-f-22-production-line
OSAKABE YASUO

ロッキード・マーティンと日本産業界共同でF-35ライトニングとF-22ラプターの長所を組み合わせた準国産戦闘機を開発する構想に関心が日本の関心を集めていいるとのロイター報道にThe War Zoneはさして驚かされていない。 以下ロイター電の抜粋だ。 「ロッキードは日本防衛省と協議を終え日本の情報開示請求(RFI)に対応した正式提案を機微軍事技術公開に関する米政府承認の後に提出する準備に入った。提案内容に詳しい筋から直接この内容が判明した。 高度機密航空機設計内容・ソフトウェアの公開を認める決定が下れば日本は中国軍事力に対する優位性を実現し、ドナル…

★★潜水艦が一隻も使えないのはドイツ連邦軍の問題の氷山の一角だ

几帳面がドイツでこうなっているとは意外な気もしますが、国防省の官僚的体質が災いのもとなのでしょうか。ドイツの安全保障に対する価値観にはやはり大戦中のトラウマがあるのでしょうか。日本はこの数年で意識がかわりつつあるのですがね。ドイツ国民に軍事アレルギーや防衛で主導的な立場を忌避する傾向があるのでしょうか。
Germany Does Not Have One Working Submarineドイツに作戦投入可能な潜水艦が一隻もない事態 Sebastien Roblin December 16, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/germany-does-not-have-one-working-submarine-23688?page=show

今年10月15日、ドイツ潜水艦U-35がノルウェー沖で潜航しようとしたところ、x字形の潜航舵が岩礁とぶつかり、損傷が甚大で単独帰港できなくなった。ドイツ国防軍広報官ヨハネス・ドゥムレセ大佐 Capt. Johannes Dumrese はドイツ国内誌でU-35事故で異例の結果が生まれたと語っている。紙の上ではドイツ海軍に高性能大気非依存型推進式212A型潜水艦6隻が在籍し、各艦は二週間以上超静粛潜航を継続できることになっている。だがドイツ海軍に作戦投入可能な潜水艦が一隻もない。Uボートの大量投入による潜水艦作戦を初めて実用化したのがドイツ海軍で、連合国を二回の大戦で苦しめた。今日のUボート部隊はバルト海の防衛任務が主で規模もに小さい。212A型は水素燃料電池で二週間潜航でき、ディーゼル艦の数日間から飛躍的に伸びた。理論上はドイツ潜水艦はステルス短距離制海任務や情報収集に最適な装備で、コストは米原子力潜水艦の四分の一程度だ。ただし、同型初号艦U-31は2014年から稼働不能のままで修理は2017年12月に完了予定だが再配備に公試数か月が必要だ。U-32は2017年7月にノルウェー回航中にバッテリーが使えなくなった。修理用船台が空かず、U-34が次の順番を待つ中で修理のめどがつかない。U-33は2018年2月まで整備中でその後公試に三四か月かかる。U-35の姉妹艦U-36は2017年10月に就役し、作戦投入可能は2018年5月だ。なぜここまで時間がかかるのか。冷戦終結後のドイツ海…