スキップしてメイン コンテンツに移動

あなたの知らない戦史シリーズ③ ラオスの秘密基地リマ85をめぐる米軍と北ベトナム軍の攻防戦


あなたの知らない戦史シリーズ③ ラオスの秘密米軍基地を攻略した北ベトナム軍

 

Revealed: 50 Years Ago, a Top-Secret U.S. Base Was Overrun By Elite Vietnamese Commandos 発掘、50年前にトップシークレット米軍基地がエリートベトナム決死隊に占拠された


Valorous TV



March 20, 2018


1968年3月12日、ラオス山頂の極秘米軍基地がベトナム特殊部隊に占拠される事態が発生した。基地にいたCIA、空軍要員18名のうち脱出できたのは6名のみだったが以後30年にわたりこの事件は秘密のベールに包まれた
ラオスでの米軍の作戦行動は禁じられていたためだ。ラオスは内戦で荒廃し王党派の右側勢力がパテトラオ共産主義勢力と対立し後者を北ベトナムが支援していた。北ベトナムはラオスからホーチミン街道経由で南ベトナムに侵入していた。ただし1962年に米国、北ベトナム、ラオス各派は平和条約を調印しラオス国内から自国軍をそれぞれ撤退させた。
ただし北ベトナムは部隊一部のみ撤退させただけで米国も相当の軍事援助を王党派に供与し秘密のうちに大規模空爆作戦をバレルロール作戦として開始した。機材はベトナム、タイ両国内の基地からラオスに入り、CIA運営の契約業者と「エアライン」のエアアメリカが輸送機、観測機をラオス国内で運用した。
CIAは現地で少数派モン族を雇いパテトラオと戦わせた。このためCIAはプーパティPhou Pha Thiの険しい山頂に基地を設営した。ここはモン族の聖地であり同時に北ベトナム国境近くという戦略上の要所でもあった。
同基地はラオス国内に多数設営された「リマ施設」の一つで米軍等の空輸補給を支援する役割があった。施設は海抜5,600フィートに作られ周囲は切り立った崖だった。700メートルの小滑走路がふもとに作られ補給や人員の交代用に使われた。毎週秘密のうちにCH-3ヘリコプター(米空軍第20ヘリコプター飛行隊)が飛んできた。
1966年夏に米空軍は同基地リマ85に新しい役目を思いつく。レーダー航法TACAN拠点として発電機、トランスポンダーを持ち込んだ。GPSの前はTACAN施設が軍用機の目標捕捉を助けており、とくに低視界時に重宝がられた。1967年にはTSQ-81アンテナ・遠隔爆撃支援装備で米軍爆撃機を運用していた。
ハノイはリマ85秘密基地からわずか135マイル先で米軍機を非常に正確に北ベトナム空襲に誘導できた。空爆にはF-105戦闘爆撃機から巨大なB-52まで機材多数が投入されていたため同基地は空爆効果の増大に重要だった。わずか半年でリマ85は北ベトナムとラオス国内の空爆の25パーセントから55パーセントまでを指示誘導するまでになっていた。
ラオス皇太子スワナが米軍要員のラオス国内入りを拒否したため、リマ85配属の米空軍要員は一次的に除隊手続きをしてからリマに赴いた。これは「消毒」と呼ばれ笑いものだった。技術要員は非武装だったがその後小火器を備えた。代わりにCIA支援を受けたモン族武装兵が大隊規模で基地周辺を固めた。またタイ国境警備隊も同山周囲に展開していた。
リマ85は米国一般国民から存在は隠されていたが、パテトラオや北ベトナム正規軍(NVA)には存在と役割は秘密ではなかった。偵察隊が1967年12月に基地防衛体制を探り、1968年1月12日にはAn-2複葉輸送機が主翼下の57㎜ロケット弾と120㎜迫撃砲弾を機体側部の扉から投下してリマ85を攻撃した。モン族4名が死亡した。米軍UH-1一機が緊急発進し輸送機を阻止しようとし、AK-47で一機撃墜に成功した。これはヘリコプター対航空機での撃墜として珍しい事例だ。別のAn-2も地上火災か退避行動をとるのが遅かったため墜落した。
基地は1月30日に迫撃砲攻撃を受け、2月18日にモン族戦闘員がNVA砲火観測員部隊を待ち伏せ攻撃し殺害しており、基地攻撃案を回収した。米軍指導部は同基地が孤立し優勢な敵軍に包囲され攻撃を受けるのが分かっていたがTACAN支援は重要な機能のためウィリアム・サリヴァン大使は撤収命令に難色を示した。十分な防御対策を提供できないまま、基地内の技術要員の安全のため周囲にひそむ共産軍に空爆多数を仕向けた。
北ベトナム第41特殊軍大隊の選りすぐりの決死隊が登頂不可能と思われていたプーパティ山北側を1月22日にひそかに上り、潜入ルートを調査した。3月初めに33名の小隊がチュオン・ムオTruong Muo中尉指揮下で同山付近に集結し工作隊9名が加わった。決死隊はAK-47、SKSカービン銃、爆薬、高性能手りゅう弾、ロケット推進手りゅう弾発射機3丁で武装した。
3月11日午後6時、砲兵隊が掩護射撃しチュオン隊偵察兵がリマ85への進入路を確保した。数時間後にNVA766連隊正規兵とパテトラオ大隊が攻撃開始しモン族民兵を谷間で包囲した。同日午後9時にチュオン隊が断崖を登り始め5つの「細胞」に分かれ多方面から攻撃開始した。第一細胞・第二細胞は指令所に攻撃を集中し、第三・第四細胞はTACAN施設と滑走路の占拠を目指した。第五細胞は予備として待機した。
基地要員が砲撃を報告したがサリバン大使は攻撃規模が圧倒的と判明するまでは撤退を命じないこととした。翌朝午前8時に大使はヘリコプターと航空支援を送り要員退避を守ろうとした。
これは遅すぎた。チュオン隊は午前3時にモン衛兵詰め所を制圧しTSQ-81レーダー、発電機はロケット推進手りゅう弾で破壊した。基地司令クラレンス・バートン少佐他空軍技術要員が被害状況を確認しようと外に出ると銃撃を受け動けなくなった。午前4時までに三個細胞がそれぞれの任務対象を占拠し、装備の一部はチュオンの命令で崖から落とされた。第四班のみ滑走路周辺を守るモン族二個小隊の抵抗を制圧できず攻撃を断念した。
米側生存者は断崖側部の棚に逃げ、手りゅう弾小火器の銃火をあび動きがとれなくなった。ライフルで反撃しながら崖上部の空爆を待った。
夜明けになりエアアメリカのヘリコプターがA-1スカイレイダーの援護で山頂を銃撃した。モン族部隊はCIA指揮を受けNVAからTACAN奪回のため激烈な戦闘を挑んだ。北ベトナム軍小隊が占拠は変わらず米空軍技術要員5名とCIA要員2名がこの間に脱出した。
崖に残っていた空軍要員のうちリチャード・エッチバーガー上級兵曹長は救難ヘリコプターに乗るのを拒み代わりに負傷した同僚を運ばせた。だが兵曹長は銃火を浴び瀕死のまま搬送されたが、共産軍はプーパティ山を制圧しモン族部隊の反攻も撃退した。
リマ85強襲で米軍の北ベトナム・ラオスでの航空作戦は大きく弱体化した。ベトナム側記録では決死隊の被害は死亡一名のみなのにタイ・モン側の少なくとも42名を殺害した。米国人も十数名死亡している。ただしチュオン中尉は帰国後すると英雄として歓迎のかわりに軍法会議にかけられた。TACANを破壊し、技術要員を捕虜として確保せず殺害したことに上官が激怒したのだ。
皮肉にもワシントンとハノイはラオスでのこの戦闘を秘密にすることで協力し合った。北ベトナムにはホーチミン街道をラオス国内経由で維持する必要があり、米軍はそれを阻止したかった。双方が合意違反をしていた事実を一般に明かすことは避けたかった。
悲しい後日談がある。エッチバーガーの死後名誉勲章申請は空軍が却下。ラオスでの米航空作戦を秘密にしておくためだった。ニクソン政権で作戦はエスカレートしペンタゴン文書のリークで事実は明らかになった。米軍はラオス国民一人当たり一トンの爆弾投下したものの共産勢力の1975年の勝利を遅らせただけで阻止できなかった。
30年が経過して米国は秘密基地での戦闘を公式に認めた。エッチバーガーは2010年に名誉勲章を与えられた。その前の2000年代に参戦したベトナム復員軍人が米軍に協力して戦死した隊員の遺体回収をし、バートン少佐の遺体も後日見つかった。
リマ85で発生したような闇の戦闘の記憶を保存しても過去の傷はいえないが、当時の誤りを正しく理解することには役立つし、将来に同じ誤りを繰り返さないためにも当時を振り返ることが重要だ。■
Sébastien Roblin holds a master’s degree in conflict resolution from Georgetown University and served as a university instructor for the Peace Corps in China. He has also worked in education, editing and refugee resettlement in France and the United States. He currently writes on security and military history for War Is Boring.

コメント

このブログの人気の投稿

F-15J用に新型国産空対空ミサイルの導入に向かう防衛省

Japan Revives Hope For Local Missiles On Upgraded F-15sJul 22, 2019Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/japan-revives-hope-local-missiles-upgraded-f-15s AAM-4: Niranira

日本の防衛省が三菱電機製AAM-4B空対空ミサイルをF-15改修に合わせ搭載させる構想の復活を狙っている。 構想はまだ初期段階だが、戦闘機用空対空ミサイルでレイセオンの供給独占体制が崩れる可能性が出てきた。日本のF-15はまず20機が2019年から2024年にかけ性能改修を受け、対象は102機に及ぶ。 ただし防衛装備庁は7月17日付でAAM-4Bを改修機へ統合する調査の提案募集を発表している。同庁は2020年までの調査完了を期待している。 防衛省への取材で改修対象機はレイセオン製APG-82レーダーを搭載するが調査を受けて米側の合意がないと実際の搭載はできないと述べた。 同じ空対空ミサイルと言ってもレイセオンのAIM-120Amraamと違い、AAM-4Bはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを搭載する。原型はAAM-4だが大型化し推進剤の搭載量を増やしてAmraamの射程を超える可能性もある。 .同省はAAM-4Bはゆくゆくは共用新型空対空ミサイル(JNAAM)にその座を譲ると見ている。JNAAMとはラムジェット推進方式のMBDA製メテオを原型に日英両国で開発するもの。 JNAAMでもレーダー統合に米国の許認可が必要となる。 AAM-4B導入はJNAAMの実用化が失敗した場合のつなぎを防衛省が考えていることが明白だ。
提案企業の資格要件として「AAM-4ならびにAAM-4Bの設計性能分析に経験」を有するものとあり、三菱電機と戦闘機製造で日本の最先端を征く三菱重工業が対象となっているのは明らかだ。応募締切は8月5日。■

★★世界いかなる場所にも24時間以内に展開する「ラピッド・ラプター」構想の持つ意味とは

F-22を制空戦闘機としてのみ見ているとこの記事の趣旨が理解できないと思います。たしかにシリア戦線で戦闘デビューしたラプターは当初こそ何ができるんだと揶揄されても仕方ない存在でしたが、戦術の改良と訓練により対地攻撃能力も開花させたのでしょうね。配備機数が少ないこともあり大量投入は不可能なので、初回に効果の高いパンチを敵にお見舞いすると言う構想のようです。


"Rapid Raptor": The Air Force Can Attack Anywhere with a Stealth F-22 in 24 Hours 米空軍は「ラピッド・ラプター」構想でF-22を24時間以内に世界の任意の場所へ派遣し攻撃するby Kris Osborn March 13, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-22RaptorF-22 RaptorMilitaryTechnologyWorld https://nationalinterest.org/blog/buzz/rapid-raptor-air-force-can-attack-anywhere-stealth-f-22-24-hours-47377

米空軍は「ラピッド・ラプター」でF-22の四機編隊の迅速派遣をめざす。文字通り世界いかなる場所にも24時間以内到達を目標とし、急速に展開する世界情勢に対応する。 構想自体は数年前から存在し、F-22の4機、乗員、C-17による支援、燃料、整備、兵装を迅速に世界各地に派遣し、高速攻撃、第一撃を実施するのが狙いと空軍関係者が述べる。 F-22の即応体制はひとえに新ソフトウェアの実現にかかっており、ソフトウェアを順次連続改良する「パイプライン」方式を目指している。 「ソフトウェアに古臭いルールを適用する余地はない。これまで違う形のソフトウェア開発が必要だ。F-22では従来型の調達方法を引き渡しまで継続する流れとして再編した」とウィリアム・ローパー空軍次官補(調達技術補給担当)が空軍協会主催のシンポジウムで語っている。 「迅速調達」でソフトウェアに重点を置く空軍はF-22で新型兵器二点を有効化した。機体、兵装、搭載方法やセンサーといったハードウェアすべてをソフトウェアで性能向上するのがF-22の基本設計思想だ。

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…