スキップしてメイン コンテンツに移動

新型機登場 ブロンコIIは軽攻撃、ISRを低価格で実施するデジタル設計、製造機

果たしてこの機体は採用される可能性があるでしょうか。米空軍はOA-Xでターボプロップ単発機を採用しそうですから、この機体はちょっと遅れて登場するわけですが。設計、製造がデジタルと言うのは初めての機体ですね。スコーピオンと言いこのブロンコIIといい新しい機体が出てくるのは活気があっていいですね。今後の動向に要注目です。Aviationstの記事からのご紹介です。


Here’s the New “Bronco II” Precision Strike Aircraft for Counterinsurgency/Irregular Warfare missions 新型「ブロンコII」登場、対テロ非正規戦ミッションに精密攻撃可能な機体


Feb 21 2018

アフリカ製のAHRLAC(発達型高性能偵察軽量機)をもとにブロンコIIが米国で生まれる。

 2月21日、ブロンコ・コンバットシステム(BCS)USAが新規企業としてブロンコII複座C4ISR兼精密攻撃機の立ち上げを発表した。同機の原型は南アフリカ初の国産ターボプロップAHRLAC(Advanced High-performance Reconnaissance and Surveillance Aircraft)(高性能偵察監視機)でパラマウントグループParamount GroupエアロシュドAerosudが共同開発した。
 同機の名称はOV-10ブロンコから来ている。1960年代に対ゲリラ戦(COIN)機として開発され、今日でも米特殊作戦軍団がイラクでISIS戦闘員の掃討に使用している機体だ。
 BCS広報資料によればブロンコIIは「各種兵装、センサー、システムを搭載し長時間の滞空任務が可能。専用機材として他にない機体で推進式プロペラとオープンシステムのアーキテクチャを採用したことで今後登場する装備も広く利用しミッション柔軟度、適用度の新しい定義を実現する」とある
 AHRLACは2011年9月に南アフリカでAerosudが初公開した。2014年7月に初飛行し、9月までに250時間の飛行を実施し、南アフリカ国境に配備されボツワナで作戦運用を視野に入れたテストも行っている。
 2016年3月にボーイングが開発に加わり、パラマウントは同機の軍用型製造で提携した。

 Defense Newsが当時以下伝えていた。
 「ボーイングがミッションシステムを統合し、ISR機能とともに軽攻撃ミッションを安全かつ安定した形でAHRLACに実現させる。軍用仕様はムワリ(南アフリカ伝説の全能ですべてを見通す部族名)とも呼ばれる。機体単価は10百万ドル未満としていたが、ボーイング装備が搭載された機体の価格は不明」
 本日発表のBCS資料ではボーイングの関連は言及がない。パラマウントグループ広報は当方の照会に返答していないので入手次第お伝えすることとする。


The Bronco II in a render with the Marines markings (BCS)

同社広報資料からブロンコIIの特徴を見てみよう。(太字筆者によるもの)
「パラマウントグループインターナショナル会長イヴォル・イチコウイッツは『本機で戦闘機材の定義が変わる。軽攻撃、ISR専用として一から設計した機体だ。民間農業機を軍用化したり訓練機を戦闘に転用するものではない。同機の各部は非対称戦の要求に答えるもので迅速な展開とハイブリッドISRや近接航空支援で他の機体ではもともと想定していなかった性能を実現する」
AHRLACがブロンコIIの原型機だが生産はすでに始まっている。同機生産は100%デジタル設計のためブロンコIIの米国生産は支障なく実施できるだろう。生産施設の構築は始まっており機体、ミッション装備ともに米国内で生産される。
イチコウイッツはさらに「ブロンコIIは米市場を前提に設計した。米装備を搭載した機体を米国で本格生産できることにワクワクしている」
ブロンコIIの搭載する交換式各種ミッションシステムベイ(IMSB)により容易に迅速に別の任務用に変更できる。高機能標的センサー、ネットワーク通信装置、精密兵器、電子防御装備、ミッション立案装備が自由に搭載できる。
同機は専用設計機でF3EA(探知・目標捕捉・利用・分析)システムで遠隔地でも長時間運用を最小限インフラで実施できる。ブロンコIIは同様のミッション用機材の数分の一の価格で調達可能でライフサイクルコストも同様だ。
フルクラムコンセプトLLCがウェポンシステムをブロンコIIに統合する。同社の共同オーナーで社長のスコット・リッチマンは「ブロンコIIはF3EA性能を最大限発揮する機体で、真の意味で多用途機でありリアルタイムC4ISR機能を軽攻撃機に最適な形で取り組んだ機体として米軍各部隊が求める要求に答えるもので米国向けには別の用途にもこたえられる。こんな画期的な性能を発揮できる機体を米国に実現することを当社が中心になってすばらしいこと」と述べている。
機体設計にあたったアエロスペース・ディヴェロップメント・コーポレーションのCEO、ポール・ポトジエター博士 Dr. Paul Potgieter は「この機体は完全新型機で次世代設計で最新CATIAやデジタル設計を多用して生産もデジタルで行う。製造工場も革新的な第四次産業革命の成果を活用してデジタル高速試作、レーザー3Dプリント技術、冶具不要の製造方式を採用する。
ブロンコ・コンバットシステムズは米国内企業として同機を米国内エンドユーザーに供給する目的で設立された。設立に加わったのはパラマウントグループUSA、フルクラムコンせプツLLCとADCで後者がAHRLACを設計した。ブロンココンバットシステムズはその他米国内企業とも共同事業を狙っている。
「ブロンコIIが迅速に配備可能な機体でその性能で米国内で恩恵を受ける関係先とともに当社にとっても興奮を覚える段階に来ています。サプライチェーンを統括する米国内企業各社との協議も進んでおり、ミッションソフトウェアやミッション訓練の分野でも同様です」

Image credit: BCS

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★F-35がステルスにこだわらず「ビーストモード」になると....

A Must See: This Leaked Video Shows the F-35 in "Beast Mode" F-35の「ビーストモード」は必見だby Mark Episkopos January 17, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35F-22StealthAir ForceMilitaryTechnology https://nationalinterest.org/blog/buzz/must-see-leaked-video-shows-f-35-beast-mode-41787 最近流出したビデオ映像でF-35の威力をうかがわせる場面が見られる。ロッキード・マーティンが「ビーストモード」と表現する仕様だ。. .映像は2018年11月の撮影とされ、F-35一機が標的5個に空対地ミサイル数発を同時発射している。 Screen capture from new video of F-35 dropping multiple precision guided weapons in multi-target test with moving vehicles. (Photo: Via YouTube)---The Aviationist 試射の場所と誘導爆弾の種類は確認できないが、専門家がThe Aviationistに対して「NTTR(ネリス試験訓練場)です。ペイブウェイIVを5発投下しており、全弾がGEOT(目標に十分な効果を与える)です」と述べている。