スキップしてメイン コンテンツに移動

南シナ海中国基地は米軍攻撃の前に生き残れない

北朝鮮問題に目を奪われている間に中国の南シナ海「不法占拠」は既成事実化しています。軍事的には攻撃を受ければひとたまりもない平たい島の上の施設で、米軍は簡単に排除できると笑っているかもしれませんが、わざわざ脆弱な基地を作った中国に別の狙いがあるのではないでしょうか。敵にわざと攻撃させて無実無罪を主張するとか。軍事化はしないと習近平は言っていましたが国際的に信用を落としてしまいましたね。National Interestの記事からです。



Are China's South China Sea Bases Pointless?中国の南シナ海基地は意味がない存在なのか





February 18, 2018

国が南シナ海に島数か所を構築したが、中国は各島を防御できるのだろうか。
 第二次大戦中の日本は島しょ支配で戦略的な優位性が生まれると考えていたが、米国の勢力を各島に分散させられず、逆に島が戦略的な負債になった。日本は各島への補給活動に追われた。南シナ海(SCS)の島各地は中国が整備したが、果たして中国軍事力にとって意味があるのだろうか。確かに意味はあるのだが、実際の武力衝突でその価値は急速に減るだろう。
構築した陣地施設は?
 中国はSCSに軍事拠点多数を構築しており、スプラトリー、パラセルの両諸島に集中している。スプラトリーにはスビ、ミスチーフ、フィアリーに航空基地を完成させ、ミサイル装備、レーダー、ヘリコプターを配備している。パラセル諸島ではウッディ島に大規模な基地を作った。ここでもレーダー基地、ヘリコプター運用施設がある。中国はさらに建設工事を続けており、将来の軍事プレゼンス拡大を狙うのだろう。大型基地のスビ、ミスチーフ、フィアリークロス、ウッディ島には軍用機運用用のインフラが整備されており、戦闘機、大型哨戒機の運用が可能だ。ミサイル、レーダー、航空機の配備で中国は南シナ海を軍事活動範囲に入れたと言えよう。
 このうち数か所にSAM陣地が稼働する。HQ-9は射程125マイルでその後ロシア製S-400も持ち込むだろう。また地上発射巡航ミサイルGLCMもある。ミサイルの存在でSCSは米艦船航空機でステルス性能がないものには危険地区になった。SAMにレーダー網が繋がりて敵航空機の侵入を許さない体制になっている。GLCMがここに加わり中国のA2/ADネットワークが形成された。
 だがこうしたミサイル陣地が武力衝突時に生き残れるのかは疑問だ。陸上配備ミサイルが空爆に耐えるのは丘陵、森林など自然条件に隠れる場合である。中国が構築した各島にはこうした自然地形はない。また防空陣地も集中攻撃の前には生き残れないのは明らかだ。さらにミサイル発射装置には燃料、電力、弾薬等の潤沢な補給活動が前提となる。これを中国が武力衝突時に円滑に行えるかは疑問だ。
航空基地は?
 SCSで最大級の軍事施設は軍用機運用が可能だ。高性能戦闘機もあるが、もっと要注意なのが哨戒機、電子戦機、早期警戒機だ。各基地をうまく利用すれば中国のA2/ADバブルはさらに大きくできるし、標的データは各地のミサイル基地以外に中国本土へも中継できる。戦闘機の展開でSCS上空はもっと危険になり、米艦船も遠距離から巡航ミサイル攻撃しかできなくなる。
 だが武力衝突時での航空基地の耐じん度は攻撃後の復旧活動に必要な物資、機材がどれだけ使えるかで決まる。中国が南シナ海で構築した各島が米ミサイル攻撃や空爆を受けた後も十分に活動できるか不明だ。大規模な島ならシェルターもあるが、シェルターと言えども米攻撃の前に長く耐えられないことは自明の理だ。
レーダー
 SAMやGLCM、さらに戦闘機材は正確な目標データがあって初めて効果を生む。そこでSCS各基地の最大の利点はレーダー施設が中国に戦闘区域の完全な姿を見せることだ。ただしレーダー基地は脆弱な存在であるが、同時に防空でも効果を見せつけるだろう。
 だがレーダーは米軍の攻撃の前に無力で、ミサイル攻撃、電子攻撃、サイバー攻撃さらに特殊部隊の強襲まで米国は展開するだろう。有事にはレーダーへの中国のアクセスが急に消滅する。それでも米軍によるSCS侵入の比較的低費用で困難にできる。
兵站活動
 中国のSCS各島の軍事活動を支えるのが中国本土との安全な通信だ。人工島では十分な貯蔵物資は確保できず、貯蔵物資も攻撃の前に脆弱だ。打ち合いになれば、各島への燃料装備弾薬等の補給が中国輸送部隊の任務だが補給線が伸び足を引っ張るだろう。PLAN、PLAAFも攻撃下の各島への再補給には積極的になれず、SCS各島の軍事価値は減る。中国には残念ながら島しょをめぐる戦い、さらに中国の兵力展開そのもののため各島の軍事施設は早期に利用価値を失う。
艦船対要塞
 ネルソン卿は「要塞と戦う艦船は愚か者」と言ったが、状況によっては艦船が要塞に対して有利になる。SCS内の各島は移動目標ではなく、かつ軍事施設を隠すだけの大きさもない。米国は各島の配置を細かく観察しており、軍事装備品の搬入も逐一把握しているはずだ。これで各島は極めて脆弱な攻撃目標となり、水上艦船、潜水艦、航空機の格好の目標となる。ミサイルにはリアルタイムの標的データは不要だ。
 米国にとって大きな意味が生まれるのはズムワルト級駆逐艦の高性能艦砲システムを使用しない決定を逆転することだ。同艦の主砲用砲弾があれば中国の人工島を長距離から直接砲撃可能となり、低コストで大きな損害を与えられる。これができないと本来もっと大きな標的用の巡航ミサイルを回すことになる。
 SCS各島には一定の軍事的意義があるが、より重要な点は中国の海面航路、海中資源を自国のものと主張する政治的な側面だ。軍事的には中国のA2/ADの薄い殻だと言える。この薄い殻が航行の自由を脅かしているが、米国の海軍空軍にとって全く支障にならない攻撃目標に過ぎないと言える。■


Robert Farley, a frequent contributor to TNI, is author of The Battleship Book. He serves as a Senior Lecturer at the Patterson School of Diplomacy and International Commerce at the University of Kentucky. His work includes military doctrine, national security, and maritime affairs. He blogs at Lawyers, Guns and Money and Information Dissemination and The Diplomat.

Image: Reuter

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★F-35がステルスにこだわらず「ビーストモード」になると....

A Must See: This Leaked Video Shows the F-35 in "Beast Mode" F-35の「ビーストモード」は必見だby Mark Episkopos January 17, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35F-22StealthAir ForceMilitaryTechnology https://nationalinterest.org/blog/buzz/must-see-leaked-video-shows-f-35-beast-mode-41787 最近流出したビデオ映像でF-35の威力をうかがわせる場面が見られる。ロッキード・マーティンが「ビーストモード」と表現する仕様だ。. .映像は2018年11月の撮影とされ、F-35一機が標的5個に空対地ミサイル数発を同時発射している。 Screen capture from new video of F-35 dropping multiple precision guided weapons in multi-target test with moving vehicles. (Photo: Via YouTube)---The Aviationist 試射の場所と誘導爆弾の種類は確認できないが、専門家がThe Aviationistに対して「NTTR(ネリス試験訓練場)です。ペイブウェイIVを5発投下しており、全弾がGEOT(目標に十分な効果を与える)です」と述べている。