スキップしてメイン コンテンツに移動

もし戦わば(12)戦艦大和対戦艦アイオワ



歴史上の仮定を論じるのは楽しいのですが、結局答えはわからないものです。そこが楽しいのでしょうが。太平洋が艦隊対決が基本だったのに対して大西洋では大型艦の直接行動が多く、事例も異なっていますね。しかし戦後70有余年で海軍海事に関する一般人の語彙は退化していますね。warshipを戦艦といったり、xxx classを型といったり、一番違和感のあるのが韓国式のxxx号という言い方です。韓国や中国でxx号というのは結構ですが、なぜ日本がまねをする必要があるのですか。戦艦大和であって大和号ではないのです。セウォル号は日本ならセウォルですんだのですがね。

Duel of the Superbattleships:Japan’s ‘Yamato’ versus America’s ‘Iowa.’ Which would win? 超大型戦艦大和対アイオワの直接対決で勝者は?

December 11, 2013 Michael Peck 1


  1. 究極の戦艦対決になっていたはずだ。一方の日本海軍の大和(排水量65千トン)は世界最大の戦艦だ。対戦相手は第二次大戦当時の米戦艦の花形アイオワ(排水量45千トン)だ。両艦は相まみえていないが対戦していたら結果はどうなっていただろうか。
  2. その答えを出したのがジョン・パーシャル(歴史家、著作にShattered Sword: The Untold Story of the Battle of Midway )でマニアックな日本帝国海軍に関するサイトCombinedfleet.comで各艦の模擬海戦を想定している。(注 Combined Fleetは連合艦隊のこと)
  3. パーシャルは大和とアイオワを五つの視点で比較した。主砲、装甲、水面下防御、射撃管制、「戦術要因」(速度、ダメージコントロールなど)である。

主砲

  1. 大和の18.1インチ砲は最大の戦艦主砲であった。米側の数の威力に対抗すべく、日本海軍は米よりも強力な火砲を各艦に搭載する策を選んだ。大和の18.1インチ砲9門は重量3,200ポンド砲弾を26マイル先まで発射でき、アイオワの16インチ主砲9門は2,700ポンド砲弾を24マイル飛ばした。
  2. 日本海軍の砲弾は米側より威力が劣ったが、射程距離では大和が優位だった。だが目標にまず命中させることが重要だ。第二次大戦時の射撃管制を考えると時速30マイルで移動する戦艦を25マイル先で命中させる可能性は低かっただろう。
  3. パーシャルの想定では距離を23マイル未満に縮める操艦をともに両艦がとっている。この距離では大和、アイオワの主砲はそれぞれ相手艦の装甲を貫徹可能。「このため、運が大きな要因となります。アイオワの射撃管制の方が優秀ですが、大和に運があば初弾あるいは二回目射撃でアイオワは撃破されていたのでは」
優位性:互角

装甲

  1. ここでは大和が有利だ。艦側面の装甲の厚さは16インチあり、アイオワは12インチだった。甲板装甲は大和が9インチ、アイオワが6インチで目を引くのは大和の主砲砲塔の26インチ装甲でアイオワは20インチだった。
  2. 「大和の建造思想は主砲威力で圧倒しながら英米のいかなる戦艦の攻撃にも分厚い装甲で耐えることだ」とパーシャルはまとめている。「そうなると防御も『力づく』方式になる。装甲は決して最優秀ではないが装甲の量は多いので問題にならない」
  3. 大和の装甲は各所で分厚いがアイオワの装甲は重要部分でも分厚くない。しかし、パーシャルが指摘するように米側は特殊鋼という軽量かつ強靭な材料で艦体、艦内を建造しており、米戦艦は小型軽量でも大型艦同様の装甲効果がある。
  4. とはいえ、パーシャルは大和にわずかながら優位性を認める。両艦ともに射撃管制機能を損傷して距離を縮める必要が生まれれば、大和主砲の強靭さにはアイオワ主砲弾でも手に焼いたはずだからだ。
優位性:大和

水面下防御

  1. 戦艦で水面下の装甲がなぜ重要なのか。戦艦は敵と主砲で応酬するが、魚雷もある。このため戦艦では喫水線下にも大装甲を施す傾向がある。
  2. この話はドイツ戦艦ビスマルクにすべきだった。同艦は英プリンスオブウェールズの14インチ砲が手前着弾し海中から喫水線下の軽装甲を貫徹したため沈没した。
  3. 日本海軍は質的優位性をめざし、戦艦で長距離射撃で同様の水面下破壊効果を狙う訓練をしていた。「砲弾による水中効果の可能性は極めて低い」とパーシャルは指摘。「だが主砲から砲弾を一定量発射すれば奇妙な出来事が起こらないとは限らない」
  4. パーシャルは各国戦艦7隻を比較検証し水面下装甲では大和とアイオワが一番優秀と見る。ただし大和の場合は上部と下部装甲帯のつなぎめが拙劣で、沖縄で米軍機攻撃を受けた際にここから浸水を許している。
優位性:アイオワ

射撃管制

  1. 目標がフットボール競技場三面分の大きさがあっても25マイル先で移動する間に命中させるのが砲術の腕の見せ所だ。ここにアイオワ最大の優位性がある。日本の射撃管制レーダーは低性能だが米射撃管制用レーダーは当時世界最高性能だった。
  2. 「1945年のテストで米戦艦ノースカロライナは高速連続450度旋回を中でも一貫して射撃解を得ていた」(パーシャル)
  3. 「当時の戦艦では突出した性能で、米戦艦は射撃しながら操艦できたが、他国ではどちらか片方しかできなかった」
  4. だが日本には優秀な測距儀と夜間双眼鏡があり、奇襲攻撃のガダルカナル夜戦で米海軍に大損害を与えた。ただし光学系装備は悪天候や煙幕で効果が減る。
  5. 「光学装置は方位角を得るのに有用ですが、射程距離の確定は不得意です」とパーシャルは言う。「第二次大戦中のレーダーは射程情報を正しく与えましたが、方位角は話が別です。そこで優秀な光学測定装置とトップクラスのレーダーの組み合わせの方が世界トップクラスの光学装置とがらくたのレーダーの組み合わせより実効性があるのです」
優位性:アイオワ

戦術要因

  1. パーシャルは他の要素をまとめており、速力、ダメージコントロールもその一環だ。アイオワの33ノットは大和は27ノットで距離を広げる、詰める際に有利だ。大和の排水量はアイオワの三分の一ほどの差があり損害の吸収力で差がつく。
  2. だがダメージコントロールとなると米海軍は日本他より先を行っていた。
優位性:アイオワ

勝者は …

  1. ではどちらが勝っただろうか。数字だけでは、アイオワが射撃管制能力で有利だ。だが幸運な一発二発があればレーダーは破壊され、大和の18.1インチ主砲はアイオワに甚大な被害を与えたはずだ。
  2. 両艦とも相手に一定の優越性をもっているが、差はわずかで主砲や装甲同様に運が大きな意味を持っていたはずだ。
  3. もちろんこのシナリオは仮定にすぎず、家庭内提督やウォーゲーム愛好家の世界だ。大和とアイオワが主砲でヘビーウェイト級ボクサーのように対決する場面はなかった。巡洋艦、駆逐艦、潜水艦が取り巻いていた。
  4. 戦艦同士の唯一の海戦事例はビスマルクが巡洋艦プリンツオイゲンを従えて英戦艦プリンスオブウェールズおよび巡洋戦艦フッドと対決したデンマーク海峡海戦だ。
  5. 大和対アイオワの直接対決の想像は好奇心をそそるものがあるが、空虚だ。1945年当時でも戦艦時代は終わりつつあり、航空機の大群の前に生き残れなかった。大和は沖縄特攻に移動中の1945年4月7日に米艦載機に圧倒され撃沈された。
  6. アイオワは第二次大戦後も朝鮮戦争を経て1980年代に現役復帰している。陸上へ艦砲射撃は多数行ったが敵戦艦に一発も主砲を開いていない。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★潜水艦が一隻も使えないのはドイツ連邦軍の問題の氷山の一角だ

几帳面がドイツでこうなっているとは意外な気もしますが、国防省の官僚的体質が災いのもとなのでしょうか。ドイツの安全保障に対する価値観にはやはり大戦中のトラウマがあるのでしょうか。日本はこの数年で意識がかわりつつあるのですがね。ドイツ国民に軍事アレルギーや防衛で主導的な立場を忌避する傾向があるのでしょうか。
Germany Does Not Have One Working Submarineドイツに作戦投入可能な潜水艦が一隻もない事態 Sebastien Roblin December 16, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/germany-does-not-have-one-working-submarine-23688?page=show

今年10月15日、ドイツ潜水艦U-35がノルウェー沖で潜航しようとしたところ、x字形の潜航舵が岩礁とぶつかり、損傷が甚大で単独帰港できなくなった。ドイツ国防軍広報官ヨハネス・ドゥムレセ大佐 Capt. Johannes Dumrese はドイツ国内誌でU-35事故で異例の結果が生まれたと語っている。紙の上ではドイツ海軍に高性能大気非依存型推進式212A型潜水艦6隻が在籍し、各艦は二週間以上超静粛潜航を継続できることになっている。だがドイツ海軍に作戦投入可能な潜水艦が一隻もない。Uボートの大量投入による潜水艦作戦を初めて実用化したのがドイツ海軍で、連合国を二回の大戦で苦しめた。今日のUボート部隊はバルト海の防衛任務が主で規模もに小さい。212A型は水素燃料電池で二週間潜航でき、ディーゼル艦の数日間から飛躍的に伸びた。理論上はドイツ潜水艦はステルス短距離制海任務や情報収集に最適な装備で、コストは米原子力潜水艦の四分の一程度だ。ただし、同型初号艦U-31は2014年から稼働不能のままで修理は2017年12月に完了予定だが再配備に公試数か月が必要だ。U-32は2017年7月にノルウェー回航中にバッテリーが使えなくなった。修理用船台が空かず、U-34が次の順番を待つ中で修理のめどがつかない。U-33は2018年2月まで整備中でその後公試に三四か月かかる。U-35の姉妹艦U-36は2017年10月に就役し、作戦投入可能は2018年5月だ。なぜここまで時間がかかるのか。冷戦終結後のドイツ海…

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。
This is the combat drone Japan has been building in secret
これが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ

川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…