★深刻なサイバー攻撃の発信源は北朝鮮との証拠現る



北朝鮮が麻薬、密輸、化学兵器、ミサイル、とあらゆる悪事の温床であることが明らかです。目的のためには手段を選ばず周辺国が悪いと責任を転嫁する思考方法は全く受け入られません。仮に現体制が崩壊してもこの思考と技術を持った人員が拡散するのでは救いようがありません。


Made in North Korea: The WannaCry Ransomware Attack? サイバー攻撃に使われたワナクライ・ランサムウェアは北朝鮮製?


The National Interest

May 16, 2017



  1. 「ワナクライ」ランサムウェアにより世界各地のコンピューターシステムが混乱させられているが、見つかった証拠から北朝鮮による犯行の可能性が出てきた。
  2. Googleのセキュリティ専門家ニール・メータは15日にツイッターでワナクライの初期型とラザルスグループが使った悪意のあるコードを比較している。ラザルスは北朝鮮とのつながりが指摘されている。
  3. ラザルスはまずバングラデシュ中央銀行に攻撃をかけ、ニューヨーク連邦準備制度内の同行口座を狙ったが発信元のIPアドレスは北朝鮮のものとカスペルスキーラボが伝えている。ラザルスは81百万ドルを盗んだ。ラザルスの活動は今までもあったが、北朝鮮とのつながりが発見されたのは最近のことである。またSonyへのサイバー攻撃、ポーランド銀行への侵入にも関与している疑いがある。
  4. カスペルスキーはメータの発見を「ワナクライの発信元を探るうえで今までのところ最大の証拠」と述べている。さらに解析が必要と認めつつ、カスペルスキーの研究解析チームはメータが「ワナクライでロゼッタストーン級の発見をした」とForbes誌に述べている。
  5. 今回のランサムウェアが使うコードは北朝鮮とつながるサイバー犯罪者に特有のものだとニューヨークタイムズが報じている。
  6. 「現段階でつながりはまだ決定的ではありません」とシマンテックの調査員エリック・チエンがニューヨークタイムズに伝えている。「コード上の類似性がもう少しわかればもっと確実になります」
  7. 韓国のウィルス対抗ソフトウェア会社Hauri Inc.の幹部サイモン・チョイは北朝鮮製マルウェアの解析をしており、今回のワナクライ攻撃を受けた被害者がビットコインで支払いを求められているのは北朝鮮戦術の典型だという。チョイによれば北朝鮮は2013年から悪意のあるプログラムでビットコインを集め始めた。
  8. チョイは偶然にも北朝鮮ハッカーと接触し、ランサムウェアの作成に取り組んでいるのを知り、即座に韓国当局に連絡したという。
  9. 今まで見つかった証拠から北朝鮮が今回の攻撃の背後にいするとの断言はできないものの世界各地で数十万名にも上る被害者を生んでいるワナクライ攻撃がどこから来ているのかを示す最初の証拠であることにかわりはない。

Content created by The Daily Caller News Foundation is available without charge to any eligible news publisher that can provide a large audience. For licensing opportunities of our original content, please contact licensing@dailycallernewsfoundation.org.
Image Credit: Creative Commons.


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目