★歴史に残らなかった機体(7)ノースアメリカンXB-70



歴史に残らなかった機体シリーズです。歴史に残った機体よりもどこか魅力を感じしてしまうのは機体の悲しい出自のためでしょうか。戦闘機より早く高く飛べればソ連侵入は簡単だぜ、とパワー全開の思想で始まったのがXB-70ですね。完成したらもう使い道がない機体になったというのは機体の大きさもあり恐竜のような存在でしょうか。

The National Interest

XB-70 Valkyrie: The Largest and Fastest American Mega Bomber Ever Built XB-70ヴァルキリーは米爆撃機史上最大、最高速の機体

May 3, 2017

  1. ノースアメリカンXB-70ヴァルキリーは米国で最大かつ最高速の爆撃機だった。ただ巨大なマッハ3.0飛行可能な六発機は量産されなかった。唯一残る試作機は今日もオハイオ州デイトンの空軍博物館で展示中だが、本来交替する対象のB-52は今も現役だ。
  2. XB-70構想の出発は1950年代でもっと高速で高高度を飛びソ連防空網をかいくぐれる爆撃機で核兵器を投下する機体が求められた。当時の防空手段は戦闘機と対空砲火で防空砲は効果がほぼなく、迎撃機は爆撃機の性能向上に追随するのに苦労していた。
  3. だが地対空ミサイル(SAM)の出現で状況は防衛側に有利に傾く。米空軍もソ連のSAMの進展は認識していたが、フランシス・ゲイ・パウワーズが操縦するU-2スパイ機がソ連上空を飛行中に撃墜された1960年5月1日までペンタゴンは真剣に脅威をとらえていなかった。それでもXB-70開発はそのまま続けられた。
  4. ソ連のSAMの脅威が現実のものなり、ペンタゴンも低高度侵入を模索しはじめた。低空侵入ではレーダー探知の下を飛び、地形を有利に使って防衛側に時間的余裕を減らす。さらに大陸間弾道ミサイルの実用化で有人爆撃機依存が減った。当時の軍事戦略思考家は爆撃機ではソ連侵攻は無理と考えていた。ジョン・F・ケネディ大統領はXB-70開発中止を1961年3月28日に決断した。
  5. 一方でXB-70を使ったテストは継続した。初飛行は1964年9月21日でパームデールからエドワーズ空軍基地まで飛んだ。だが一号機は失望を生んだ。マッハ2.5超で方向安定性が低くなる傾向が見つかり、マッハ3.0超の飛行は一回しかない。二号機は1965年7月17日に初飛行し、超音速飛行の安定度を高めるため主翼に上反角5度がついた。
  6. 悲劇は1966年6月8日に発生した。XB-70試作二号機が空中でF-104Nチェース機と衝突した。二名が死亡し一名が重傷だった。二号機の喪失は一号機より性能が高いため、大きな痛手となった。ただしテストは1969年2月4日まで続き、一号機は83回のフライトで160時間16分を計上し、二号機は46回のフライトで92時間22分を飛行したとNASAが発表している。
  7. XB-70は当時としては驚異の技術の結晶だったが、登場した時期を間違えた機体だった。登場時点で弾道ミサイルが有人爆撃機に交替すると思われるようになり、開発の時期で高速高高度飛行ではソ連の地対空ミサイルや新型戦闘機への有効な防御手段ではなくなった。
  8. とどめを刺したのが同機の途方もない価格とミッション実行の柔軟性の欠如だった。採用されていてもB-70は低空飛行任務に不向きだっただろう。現在開発中の長距離打撃爆撃機B-21がこの点で有効な機体であるよう祈るばかりである。■
Dave Majumdar is the defense editor for The National Interest. You can follow him on Twitter: @davemajumdar.


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目