★次期コンパスコールは商用機ベースで2020年代末登場。それまでEC-130H供用を続ける。

日本でもC-130Hが供用中ですが....


A new Compass Call: The Air Force is replacing its Vietnam-era electronic warfare planes

By: Stephen Losey, May 4, 2017 (Photo Credit: Stephen Losey/Staff)

  1. 知名度が低いが対イスラム国で最重要装備品といえるのがEC-130Hコンパスコールで、複雑な通信妨害装備を老朽貨物機に詰めこんでいる。
  2. 十数年かけてコンパスコールに新しい生命が吹き込まれる。2029年末までに米空軍はEC-130Hの搭載装備品を新型機材10機に移植する。新機材はEC-Xと呼ばれる。
  3. 現在15機あるEC-130H各機は数十年の機齢で老朽化が目立つ。第386派遣飛行隊が中東に展開中だが運用機材は1973年調達が一機、もう一機は1964年初飛行の機体だ。EC-130Hは1983年に開発開始され、旧型C-130を利用している。
  4. 各機は米軍の主要作戦に毎回投入されてきた。コソボ、ハイチ、パナマ、リビア、イラク、セルビア、アフガニスタンとつづき、2004年から米中央軍を支援している。コンパスコールは毎日飛んでISIS戦闘員間の通信妨害により連合軍のイラク軍支援で有効手段となっている。
  5. 「交信できなければ戦闘もできない。極めて単純です」とジョシュ・コスロフ中佐(第43遠征電子戦闘飛行隊司令)が今年1月に386隊の本拠地で語っている。「われわれの仕事はダーイシュ通信網を大規模かく乱することです」ダーイシュはISISをアラブ世界で軽蔑的に呼ぶ呼称である。
  6. だが機齢四十年、五十年になる機体を中東のような過酷な状況で集中的に飛ばすのは相当困難な仕事だ。
  7. ジョン・カリム中尉は第43隊で整備員34名を統括し機齢だけが「理由でなく故障が多くなっている」という。コンパスコール各機では構造上の定期点検の必要があり、整備陣も各機の配線やエンジン状況を注視している。古い機体に最新電子戦装備を乗せると面倒な状況も起こる。EC-130Hの機体は「もともと現在の任務用には作られていない」とカリム中尉も言う。
  8. 空軍は既存の商用機調達に傾き、専用機材の開発は断念して新EC-Xとすると空軍報道官エミリー・グラボウスキ大尉が伝えている。
  9. 現在のコンパスコールの契約企業L3コミュニケーションズが機材を選択と装備品搭載を担当するとグラボウスキ大尉は説明し、米空軍はL3に特定の機材の指定をしないという。
  10. 「契約企業主体で行う選定なので空軍は結果をあらかじめ予測できない」とグラボウスキ大尉は述べ「選考過程と結果を尊重しつつ要求内容が実現するよう期待する」
  11. EC-Xコンパスコール一号機は2020年末に稼働開始すると空軍は期待しているとグラボウスキ大尉は述べ、残る機材も2020年代中に配備され、EC-130Hは全機退役させる。
  12. グラボウスキ大尉の説明ではコンパスコールの機材切り替えに今後10年間で20億ドルを10機と初期予備部品をインフレを考慮して算定している。
  13. 現行機材を30年供用し続けた場合と比較すれば新型機導入で「数十億ドル」の節約になるというがグラボウスキ大尉は節約効果の詳細を明らかにしなかった。
  14. 空軍参謀総長デイヴ・ゴールドファイン大将は議会で証言し2017年度に国防費制限措置を継続すれば新型コンパスコール機の配備にも遅れが生じると警告していた。
  15. グラボウスキ大尉は予算制限措置を通年で行うとEC-X一号機の調達も最低12か月遅れると述べている。その間空軍は旧式コンパスコール機材を補修しながら供用することになり3億ドルの追加予算が必要となると述べた。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目