アフガニスタンへ米海兵隊増派、戦略案見直しも



米海兵隊がアフガニスタンのヘルマンド地方で活動を再開した。 Source: USMC

Marines return to Helmand as Pentagon relooks Afghan war plans

海兵隊がヘルマンドに復帰、ペンタゴンはアフガン戦方針を見直し中

Daniel Wasserbly, Washington, DC - IHS Jane's Defence Weekly
02 May 2017
  
米海兵隊がアフガニスタンのヘルマンド省に戻ってきた。ペンタゴンはさらに数千名を追加派遣し16年たっても決着がつかない戦闘に投入する検討中。アフガン軍部隊は相当の死傷者を出している。
  1. 米海兵隊(USMC)はオバマ政権下で20千名をヘルマンド省に投入しタリバンにより同省が掌握されるのを防ごうとした。2014年にも治安維持のため再派遣されている。だが4月29日に300名がキャンプ・ショラブに戻りアフガン陸軍第215部隊に加わった。現地部隊だけでは治安が維持できていない。海兵隊再派遣は2017年1月にオバマ政権が決定していた。
  2. 米国防関係者は数千名の追加派遣を検討中で国防長官ジム・マティスが2月に示唆していた新戦略方針を展開する。
  3. 今回の動きは米司令官から繰り返しアフガニスタン戦況が「行き詰まり」と述べ、NATOと米国が支援するアフガニスタン政府とタリバン他反乱勢力の関係を指してたあとに出てきた。
  4. さらに米アフガン再建事業特別監査官Special Inspector General for Afghan Reconstruction's (SIGAR)の最新報告書が4月30日に公表され、アフガン国土防衛治安維持部隊(ANDSF)は治安維持に苦労中のままと指摘があった。
  5. SIGARは在アフガニスタン米軍部隊(USFOR-A)の統計を使い、ANDSFが「ショッキングなまで高い」死傷者数(戦死807名、負傷1,328名)が今年1月1日から2月14日の間だけでも発生したと述べる。死傷者の主な原因は銃撃戦だ。
  6. USFOR-Aは「アフガン政府支配地域と反乱分子支配地域はともにこの四半期で増加したが、両者勢力が拮抗した地域は減っている」とまとめている。アフガニスタン政府は「かろうじて国土407地区のうち6割を支配し、タリバンは11%程度」で支配をめぐり争う地区は「29%ほどに減った」としている。
  7. アフガン政府の実効支配が一部地方で衰退している理由としてANDSFが「戦略的アプローチで優先順位をつけ、死守すべき最重要地区を選定しつつそこまで重要でない地区では力を入れていないため」だとUSFOR-Aは見ている。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目