★★自国防衛を全うできない北朝鮮への軍事作戦は成功できるか



北朝鮮がこのまま存続を続けるのはいよいよ困難になってきています。大惨事を巻き起こすことなく現体制を終わらせることが可能なのかわかりません。地上戦は中国に任せ、米韓軍は空爆で対応するという可能性はどうでしょうか。中国寄りの新政権宇編まれては困るので米韓軍もDMZから北方に一部進軍し緩衝地帯を北にずらすというのはどうでしょう。

All of the Crazy Ways North Korea Could Strike Back If America Attacks 米国が北朝鮮攻撃に踏み切れば北朝鮮はどう対応するか


May 13, 2017

  1. ここ数十年は北朝鮮の核兵器開発で不正行動が出るたびに軍事介入で対応すべきとの声が上がってきた。1994年にはビル・クリントン大統領が寧辺Yongbyon核施設空爆の寸前までいった。空爆は十分成功の可能性があったが、金日成と合意形成ができ断念された。政策決定層は全面開戦になる事態を憂慮していた。
  2. この23年で問題は一層複雑になった。寧辺は稼働中で核弾頭11発を製造した。北朝鮮の大規模通常兵力、核兵器、生物化学兵器の存在、さらに崩壊後の社会混乱を予測すると周辺国や米国は軍事行動に二の足を踏んでいる。だが有事の際に北朝鮮は世界有数の軍事大国の行動を抑止しつつ自国を防衛できるのか。
  3. 北朝鮮には軍事行動を抑止する方法が複数ある。まず大規模軍組織で旧式装備で補給も乏しいが朝鮮人民軍(KPA)は1.19百万名体制で量で質を補うレーニンのことばを実現している。戦闘構想は攻撃重視で有事の際には早期のソウル占領をめざすだろう。
  4. 核兵器、化学兵器、放射性兵器の整備も敵攻撃の抑止手段だ。核兵器が少量でも所在は誰にもわからず、どこでどのように使う意図があるのかも不明だ。化学兵器も同様で、KPA部隊が核危険物質マークつきのバックパックを付けているのが目視されている。このことからいわゆる「汚い爆弾」など放射性散布兵器攻撃を想定しているとの観測が生まれている。
  5. さらに北朝鮮は意図的に理不尽さを演じて軍事介入を断念させている。「常軌を逸している」と評された金正日の息子が金正恩だが二人とも実は都合の良い演技をしているだけだ。同国は注目を集めるため攻撃をしかけることがあり、2010年に延坪Yeonpyeong島を砲撃し、海上では軍事衝突を引き起こし、予測不可能な国で軍事行動が全面戦争になる恐れを巻き起こした。
  6. 実は北朝鮮の防衛体制は万全ではない。1980年代なら有効だった軍事技術が更新されず今日に至っている。さらに補給物資や部品不足とくに電子製品不足が深刻なうえ、食料燃料も不足し、軍は有効な防衛作戦を実施できる体制にない。
  7. 北朝鮮の防衛最前線は情報収集監視偵察だ。東西の海岸線に40か所を超える監視レーダーが設置され、沿岸砲兵隊は76mm砲を運用する。防空レーダー基地は50か所で監視中だ。レーダーの大部分は30年以上前の装備だが良好に作動している。旧式のため米韓軍は電子攻撃で簡単に制圧できる。探知範囲も短く、すべて稼働させても近隣国内の軍備増強状況は把握できない。サダム・フセイン同様に金正恩はいきなり平壌空爆で軍事行動開始を知らされるのではないか。
  8. 北朝鮮は攻勢を継続できなくなる。KPAは数で勝っても装備は旧式で米韓軍に対抗できない。喧伝されるソウル砲撃も当初こそ成功しても砲兵隊はすぐに弾薬が尽きるか国連軍により粉砕される。潜水艦も隻数は多いが魚雷攻撃は幸運が必要だ。ただ北朝鮮海軍は近代的なロシアKh-35対艦ミサイルをコピーし装備している。
  9. 最も危険な可能性は北朝鮮がイラクの戦略をまねてゲリラ戦を米韓軍にしかけることだ。金正恩は政治思想上も鍛え抜かれた重武装の隊員多数に期待し、北朝鮮国内に進出する外部勢力へ妨害をしかけるだろう。韓国朝鮮の歴史では反乱暴動はいつも活発だ。国家指導部も地下退避壕から地上に出てゲリラ戦を指揮し、占領軍が交渉に出るまで活動をやめないだろう。
  10. 北朝鮮とは金一族による統治体制を守る目的でできた国であり、簡単に崩壊しない。皮肉なのは自国防衛という核ICBM開発を進めるにしたがい軍事行動の声が周辺国から強まっていることだ。核開発を続けても展望が望めなければ同国指導部も交渉に加わざるを得なくなる。別の可能性は想像するのも恐ろしい。■

Kyle Mizokami is a defense and national-security writer based in San Francisco who has appeared in the Diplomat, Foreign Policy, War is Boring and the Daily Beast. In 2009, he cofounded the defense and security blog Japan Security Watch. You can follow him on Twitter: @KyleMizokami.
Image: U.S. Air Force B-2 Spirit “Stealth” bomber. Wikimedia Commons/U.S. Air Force

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目