2016年6月22日水曜日

6月22日ムスダンミサイル試射の一次評価 北朝鮮の技術進展ぶりは要注意


今回のミサイル発射でも日本は早々に警戒態勢を取り、情報を入手していたことを示していますが、韓国との事前情報交換はあったのでしょうかね。

 N. Korea fires 2 missiles in quick succession; one flies 620 miles high

Stars and Stripes
Published: June 21, 2016

SEOUL, South Korea – 北朝鮮が22日に発射した弾道ミサイルの一発は高度620マイルに到達し、太平洋の米軍基地を狙える兵器開発を目指す同国には大きな一歩となった。
  1. 中距離ミサイルのムスダンは2か月で5回の発射に失敗していたが今回は技術面で大きな進歩を示した。22日も初回発射が失敗に終わり、発射後およそ93マイル地点で空中分解したと韓国聯合ニュースが匿名軍事筋から伝えている。
  2. 米、日、韓およびNATOがミサイル発射を強く非難した一方、北朝鮮の同盟国である中国は自制を求めた。
  3. 韓国統合参謀本部は一回目は午前5時58分で元山ロケット施設からの発射に失敗したが、二回目は8:05に発射され250マイル飛翔したと述べている。
  4. ただし同本部は詳細情報やテスト結果の判定は今後の分析を待つとし発表していない。
  5. 日本の防衛省はレーダー解析により二回目の発射で高度は少なくとも620マイルに達したと述べたのをAPが伝えている。韓国はまだ確認していない。
  6. ミドルベリー国際研究所(カリフォーニア)のジェフリー・ルイスによれば今回の高度は十分な高さに達しており、ミサイルは通常の軌跡で発射されれば射程距離は最大になっていたはずと語る。
  7. 「その通りなら北朝鮮は推進系のテストに成功したことになる」とルイスは電子メールで伝えてきた。「北朝鮮のロケット技術陣はムスダンの能力を実証するべく相当の圧力を受けている」
  8. 今回のミサイル試射は北朝鮮が核開発の野望を捨てず緊張が高まる中で実行された。国際社会は1月の第四回核実験後に厳しい国連制裁を実施している。
  9. 米戦略軍は各種システムで発射を探知し二回の発射を探知し日本海に落下したのを確認したと発表している。
  10. またミサイル発射は国連安全保障理事会決議の違反で、北朝鮮は弾道ミサイル技術の使用は禁じられているとも発表。「北朝鮮に挑発行為を自粛し、緊張をこれ以上高めないよう求める。逆に国際社会への責務義務を果たすよう求める」
  11. 韓国大統領朴槿恵は「完全な孤立を招き、自滅への一歩となる」と警告し、「無謀な挑発行為だ」と北朝鮮政府を非難した。
  12. 中国外務省報道官華春瑩は「関係各国」がこれ以上の緊張発生につながるエスカレーションをしないよう求め「朝鮮半島の状況は極めて複雑かつ敏感だ」と述べたと聯合ニュースが伝えている。
  13. ムスダンは中距離弾道ミサイルで日本本土や米領グアム島に到達する能力があると見られる。2010年の平壌軍事パレードで初公開されたが、今年4月、5月末のテスト三回まで一発も発射されておらず発射したものの失敗に終わっていた。だが北朝鮮は失敗から学び、技術を進展させているようだ。
  14. 北朝鮮指導者金正恩は1月の第四回実験の後で核兵器開発を進めていくと公言しており、同時に韓国に軍事協議を申し出たが、韓国は核開発を断念しない北朝鮮には誠意がないと一蹴している。
  15. 米国の科学国際安全保障研究所の試算では北朝鮮は核爆弾21発を備蓄している可能性があるという。だが弾頭運搬用ミサイルを開発しないと北朝鮮は米本土攻撃の公約が実現できない。
  16. 北朝鮮と韓国は1953年に休戦協定に合意したが技術的には交戦状態にある。28千名の米軍部隊が韓国に駐留中だ。■

0 件のコメント: