2016年6月30日木曜日

米国製ガトリング銃が北朝鮮が海軍艦艇に搭載されている謎




  North Korea Arming Boats with US Gatling Guns: Report

POSTED BY: BRENDAN MCGARRY JUNE 28, 2016

(General Dynamics photo via Defense Department)(General Dynamics photo via Defense Department)


北朝鮮が哨戒艇多数に米国製ガトリング銃を搭載していると韓国最大の聯合ニュースが伝えている。

「北朝鮮は旧式兵装を回転銃装備に更新している」と軍事筋が述べている。「北朝鮮が保有する380隻の沿岸警備すべてがこの装備を搭載すれば、韓国海軍に深刻な脅威となる」 同筋によれば搭載兵装の更新の狙いは特に沿岸部での戦闘能力向上だという。現在は多くの警備艇は30mm機関砲を搭載している。韓国内では北の機関銃は12.7mmジェネラルエレクトリック製との見方が多い。毎分2千発の射撃が可能で6キロ先まで狙えるが有効射程は2キロと見られる。

北朝鮮が米製ガトリング銃をどうやって調達したのか、なぜ換装をしているのかは不明だ。記事からミニガンのGAU-19だと見られ、製造元はジェネラルダイナミクスである。

同社は軽量で銃身三本のGAU-19/Aは「偵察多用途ヘリコプターや軽量固定翼機に最適」とうたい「攻撃用火力として軽車両」に最適とする。

一方でGAU-19/Bは「空、陸、海の各種機材用」に最適とし、「ヘリコプター、固定翼機、陸上車両、海軍艦艇、高速哨戒艇」での使用を想定していると同社は述べている。

米国以外で同兵装を使用しているのはコロンビア、日本、メキシコ、オマーンが知られていたが、これで北朝鮮が加わったわけである。■


0 件のコメント: