2016年6月11日土曜日

★米空軍はハイローミックスを再構築すべき段階にきている





Why America’s Air Force Needs to Revive the High-Low Mix

June 9, 2016

米空軍の構造問題は深刻だ。一方で戦闘機爆撃機無人機の装備近代化で航空優勢を今後も確保しようとしているが、第四世代機は高脅威環境では残存は期待できない。統合防空体制の出現で米空軍は航空優勢確立方法で再考を迫られている。
  1. F-35A戦闘機の一義的な任務は高性能ステルス性能や優秀な電子装備とデータ共有機能を生かせり高脅威度の環境を想定し、後に続く第四世代機に「ドアを開けてやる」ことだ。だが米国による航空優勢が脅かされる中でF-22再生産案が浮上してきた。目標を捕捉し敵防空網を突破するのがB-21爆撃機の要求性能の中心だ。空軍は無人機で統合防空網をどう克服するか熟考している。
  2. その反面、空軍の大部分の時間は海軍、海兵隊と並び深刻な脅威度がない環境での作戦展開た。各種機材が、対テロ作戦、対ゲリラ戦、平定作戦で飛行時間の大部分は支障なく上空待機をしている。
  3. ハイエンドの脅威環境に対応できるならローエンド脅威にも対応できることに疑問の余地がないだろう。ISIS相手の地上戦で近接航空支援に一番活躍している機体はB-1爆撃機だ。長距離飛行、高速であらゆる兵装を搭載でき、長時間滞空できるB-1が冷戦時代の任務内容を再定義されたのだ。
  4. だがハイエンド部隊をローエンド戦に投入するのはフェラーリを所有しながら子供のサッカー練習の送り迎えに使うようなものだ。これは21世紀の空軍の戦力整備にもあてはまる。F-35Aを空軍は1,763機整備する方針だが、接近阻止領域拒否の動きが欧州、中東、アジアで広がれば各機はハイエンド作戦中心の投入となり、抑止効果が期待されるようになる。ローエンド戦では一部のF-35が指揮統制の中継機の役割を果たすだろう。
  5. 第五世代機でハイエンド脅威に対応し、第四世代機の改修で大規模武力衝突勃発に備えつつ空軍は予算投入と性能整備の焦点を世界各地発生するはずの低難易度紛争への対応にあてるべきだ。特に航空優勢が比較的容易に確立できる環境での運用維持 (O&S) 費用を下げることだ。
  6. この要求にこたえる機材は既に存在しており、生産中のものもある。たとえば軽航空支援(LAS)機としてアフガニスタン空軍に頑丈で柔軟に運用でき抵コストの機材を供与しISRに加え対地攻撃も行う構想がある。A-29スーパーツカーノが現在8機同国内で運用されており上々の効果をあげている。レバノンが導入に傾いており、ナイジェリアもボコハラム戦で同機の投入を検討している。米空軍も独自にLAS導入を検討したことがあり、各国向けの訓練支援にあてようとした。低強度紛争で米軍や各国軍を支援する費用を下げる効果が期待できるので空軍は独自によるA-29導入を再考すべきだろう。
  7. 同様の議論が低コスト長時間投入可能な無人機部隊の調達で、MQ-9リーパーを補完することに可能だ。リーパーは現地戦闘指揮官の求めでISRに酷使されている。空軍はオーロラフライトサイエンシズのオライオン超長時間飛行無人機を導入しO&Sコストや人件費が削減できないか検討している。空軍が高脅威環境に対応でに走る中で低コストのISR用無人機は一層必要とされるはずである。
  8. ハイ・ローミックスの戦力整備は冷戦時代で意味があったが、紛争の形態が多用化し予算が厳しい今日では解決策としての効果が増えている。ハイエンドは専用機材としてF-22、F-35やB-21で構成する。だがローエンドは最小限のコストでミッションが求める要求を実現する方法で対応するのである。■

This story originally appeared in the Lexington Institute’s LexNext blog



0 件のコメント: