2016年6月13日月曜日

米陸軍でのレーザー兵器開発の最新状況 半導体レーザーで陸軍の姿は変わるか


Visit Warrior Army Lasers Will Soon Destroy Enemy Mortars, Artillery, Drones and Cruise Missiles

KRIS OSBORN
12:25 AM

米陸軍はレーザー兵器で前線作戦基地(FOB)を防御し、敵の無人機、砲弾、迫撃砲弾、巡航ミサイルを瞬時に焼くと関係者が ScoutWarriorに明らかにした。

  1. 前線配備部隊ではアフガニスタンのように迫撃砲弾、ロケット弾、銃器の攻撃にさらされているが将来の敵は無人機、巡航ミサイル、重火器他をFOBに向けてくる可能性がある。
  2. そこでレーザーを加え、センサー装備や火器管制レーダーと統合すれば米軍は秒単位で敵の攻撃手段を破壊し、兵員の安全が保てると陸軍上層部は考える。
  3. レーザー兵器を陸軍は長年にわたり開発中だとメアリー・ミラー国防副次官補(技術研究担当)はScout Warrior取材に答えてくれた。
U.S. Army

  1. 「UAV対応に効果があることはすでに実証ずみだ。今度は迫撃砲弾やミサイルにさらに巡航ミサイルに対応できるかが課題だ」
  2. 今後登場する兵器は間接火力防護能力Indirect Fire Protection Capability(IFPC Increment 2)と呼ばれ陸軍は2023年までに前方基地防御手段としてセンサー装備と組み合わせて投入する。
  3. 前方作戦基地の現行防衛装備ははロケット弾・火砲・迫撃砲弾対応C-RAMと呼ばれ飛来する敵の砲弾等を撃破する。C-RAMの構成はセンサー装備、垂直搭載20mmファランクス近接対応兵装で毎分4.500発を発射する機関銃だ。一帯を大量の小口径飛翔体で包み込み飛来する敵の砲弾等を迎え撃つ考え方だ。
  4. レーザーでは迅速に敵標的の広い面積を焼き尽くしながら費用は最小限にできるとミラー次官補は説明してくれた。
  5. 「破壊一回ごとのレーザー発射コストは数百万ドルもする迎撃ミサイルと比較にならないくらい安い」
  6. ボーイングのアヴェンジャーレーザー兵装システムは2008年にホワイトサンズ射爆場で無人機の破壊に成功し、陸軍の兵器開発部門が実験を視察した。
  7. 陸軍では移動式高エネルギー半導体レーザーを高エネルギー移動式レーザー実証機HEL MDの名称で開発中で、10キロワットレーザーをトラックの上に搭載する。HEL MDのレーザー照射装置はトラックの上で360度回転する。出力を100キロワット級に引き上げると陸軍関係者が述べている。

  1. このサポートにあたるのが熱・電力関連のサブシステムで、出力を上げた半導体レーザーに対応させる。出力が増え、レーザー有効射程も拡大する一方で、目標への照射時間は減ると陸軍は発表している。
  2. 2013年11月に米陸軍の宇宙ミサイル防衛本部は戦略司令部と合同で迫撃砲弾90発以上、無人機数機を連続して対応する実証実験にHEL MDで成功している。
  3. 「車両にレーザーとともにビーム導波器を車両に搭載したフル装備で初めてのHEL MDの実証となり代理レーダー(高性能多モードレーダー)がレーザー照射の順番を管理した」と陸軍文書は解説している。ミラー次官補からはこの成果を元に陸軍はレーザー兵器でより大型の標的を遠距離から破壊する手段を開発すると発言があった。またレーザー兵器開発はこれまで数十年にわたり続いているとの説明もあった。
  4. 「まず1960年代にレーザーの兵器利用を決定し、90年代になり破壊効果を発生させる出力の目途が付いて、長い時間をかけてシステム開発を続けています」(ミラー)■


0 件のコメント: