2016年4月7日木曜日

★★CH-47チヌークは2060年代まで現役で活躍する



もちろん同じ機体が100年間飛行できるわけではありませんが、基本設計が100年間有効というのは驚くべきことで、昔は想像もつかなかったことですね。同様にC-130も一世紀にわたる機体になるのでしょうか。100年とはいかなくても50年以上同一機体が運用される事例もこれから増えるでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

Army Chinook Helicopter to Fly for 100 Years


KRIS OSBORN
03/10/2016

CH-47チヌークは改良を重ね2060年代まで供用される見込み。

  1. 米陸軍はヴィエトナム時代から稼働してきたCH-47チヌーク輸送ヘリコプターを100年間にわたり供用する。各種の改装で性能は向上し、機体重量、エイビオニクス、貨物取り扱いで改良が目立つ。陸軍が同機を2060年まで使うと供用期間は100年を超える。
  2. 最新型のチヌークFは技術進歩の成果を取りこみ、糧食、兵員、補給品をアフガニスタンの高地で運搬している。
  3. 最高速度は170ノット、航続半径400カイリで最高18,000フィートまで上昇できる。高高度性能はアフガニスタン山地での運用で頼りにされている。全長52フィートで離陸最大重量は50千ポンドで26千ポンドの貨物を搭載できる。さらに機関銃三丁を搭載できる。
  4. F型はさらに改良を受けており、デジタルコックピットは共通エイビオニクスアーキテクチャシステム(CAAS)と呼ばれ、パイロットと機体のインターフェースで大幅な改善がみられる。また搭載コンピュータの性能が上がり乗員は正しい判断を迅速に行えるようになった。
  5. 米陸軍はF型を2018年までに440機整備する。F型は2020年にブロック2改装で高高度高温環境すなわち高度6,000フィート華氏95度での機体操縦性を高める。
  6. ブロック2では最大離陸重量を54千ポンドに引き上げ、新型共用軽量戦術車両 Joint Light Tactical Vehicle を機体下につりさげて運搬できるようになる。これにより陸軍は車両他の装備を戦術的に効果的な形で地上走行させずに展開できるようになる。これはアフガニスタンのような地上インフラが未整備の地では有効策となる。

  1. ブロック2ではエンジンはハネウェルT55-715が搭載され出力が2割増えるとAviation Weekが伝えている。また新設計のローターに複合材を使い、4千ポンドの揚力追加を狙う。.
  2. そのほかの特徴として貨物搭載積み下ろしシステムCOOLSがあり、機内の床面にローラーを配置し、貨物をペレット単位で移動させる。これにより機体の防御性能が高まるという副次効果も期待できる。
  3. この他F型では自動操縦機能もあり、パイロットが負傷しても飛行を続け、障害物を回避できる。
  4. 機体構成の見直しでこれまでのリベット多数が不要となった。機体構造の見直しでMH-47G(特殊作戦用機材)で採用した機首と後部構造をF型に流用するという。
  5. この他、小型携帯型の診断装置を導入し、整備が必要な個所を事前に示し、故障を予防すると陸軍は発表している。
  6. ATIRCMつまり高性能赤外線脅威対策を軽量化したのがCIRCMで、ハイテクのレーザージャマーで誘導ミサイルを回避することがミサイルの軌跡を赤外線で探知することで可能になる。複数バンドの熱レーザーをミサイルに放射して軌跡を変えるのだ。ATIRCMはイラク、アフガニスタンで投入中のヘリコプターにはすでに搭載されており、CIRCMはその後継装備として重量が軽減されており、今後多数の機体に導入されるだろう。
  1. その他として有用性が戦場で証明済みの防御装備が供用ミサイル警戒システムCMWSがあり、紫外線センサーで接近してくる攻撃を感知してからフレアを放出し、ミサイルの飛行経路を狂わす。
  2. さらに小火器探知システムが長年かけて整備されており、機体に向けられる敵の小火器銃撃の発射地点を割り出し、機体乗員を守る仕組みができている。■


0 件のコメント: