スキップしてメイン コンテンツに移動

★揚陸部隊編成を急ぐ日本とオーストラリアの運用思想は違うが、中国抑止力効果は共通



Japan, Australia Ramp Up Amphib Forces: Countering China

By SYDNEY J. FREEDBERG JR.on April 01, 2016 at 1:20 PM

WASHINGTON: 米国が太平洋で最も頼りにする同盟国たるオーストラリアと日本でそれぞれ揚陸作戦能力が整備中で、水陸両用車両、V-22、新型艦船を導入している。米海兵隊と比較すればずっと小規模とはいえ両国の部隊は米国を支援して域内の安定を図りつつ中国への抑止力として機能可能だ。ただしそれぞれ制約を乗り越えれば。日本は中国とのハイエンド戦を想定するが、その舞台はあくまでも日本近辺だ。オーストラリアはずっと広い範囲での作戦を想定するが、内容はハイエンドではない。
  1. 日本の軍事力に第二次大戦後初の渡洋運用が加わり、防御固い海浜へ直前上陸し島しょの占拠が可能となる。これだけでも日本帝国主義に辛酸をなめさせられた相手および日本国内の多数派たる平和主義者双方の神経を逆なでしそうだ。
  2. 日本は憲法第九条の解釈を見直し、「集団的自衛」行動を自国領土外でも実施できるようになった。にもかかわらず日本政府は新設揚陸連隊(ゆくゆく旅団規模に拡大する)は日本外延部の島しょ部分が侵略勢力(例 中国)に占拠された場合に実力で奪回するのが唯一の存在目的と説明している。そこで新設部隊をより広い範囲の太平洋で運用するよう二本を説得することが課題で、たとえば軍事的に脆弱なフィリピンの支援が想定される。
  3. 「揚陸部隊はわが国固有の領土の防衛を想定して発足しており、南シナ海は想定外だ」と強調するのは日本大使館付け防衛駐在官山本雅史一等陸佐で、戦略国際研究センター(CSIS)で南太平洋での運用可能性を聞かれて昨日こう答えていた。
  4. オーストラリアの直面する問題はこれと逆だ。同国は揚陸部隊を自国領土外での兵力投射のために整備中だ。1999年の東チモール平和維持活動で部隊派遣と補給活動が思うように維持できず揚陸作戦能力の拡充が必要との認識が政府に生まれた。
Australian MOD photoオーストラリアの揚陸艦キャンベラ
  1. 「率直に言って、当時は驚かされてしまいました」と安全保障問題の審議官を務めたアンドリュー・シアラーはCSISで語っている。「作戦全体はかろうじて維持されていたにすぎません」
  2. その後15年かけてオーストラリアが就役させた2隻のキャンベラ級強襲揚陸艦(各27千トン)は同国最大の海軍艦船でそれぞれ兵員1千名、ヘリコプター8機を搭載し、米海軍のLPD-17サンアントニオ級(25千トン、800名、ヘリ4機)の規模を上回る。これだけの規模の揚陸部隊運用能力を有する国はまれである。
  3. ただオーストリアは揚陸部隊の運用範囲を日本より広く想定しているとはいえ、問題は打撃力が足りないことだ。日本部隊の中核任務は沿海部を強襲し、領土を奪回することだが、オーストラリアではこれは想定外だ。
  4. 「発表されている目標はHADR(人道援助災害救難)、治安回復、不安定な環境と呼ぶ状態での上陸作戦です。ハイエンド能力が想定外とお気づきでしょう。つまり敵の防御を前にした上陸作戦は想定していません」とシアラーは述べた。高度作戦の実施はまだ長期的課題だというのだ。
  5. そうなると日本には自国外での作戦運用を求め、オーストラリアには全面戦に対応する能力の整備が必要だと説得する必要がある。ただし、ともにこれは長期的な課題であり、現時点では両国はまだ整備を開始したばかりだ。
  6. 「日本はオーストラリアより先行している」とシアラーは認めた。その直後に山本一佐は「日本の揚陸能力は整備開始したばかりだ」と述べている。
  7. 両国の揚陸作戦構想は異なるが、両国が訓練を共同実施すれば効果が生まれそうだ。援助物資の輸送、人質救出、敵の待つ海浜への突入など「基本戦術上の技能は共通だ」と山本一佐は指摘。揚陸舟艇の運用や通信手段の確立、車両の維持、隊員の技能向上を艦内でどう実行するか、などだという。
Navy photo西部方面隊の普通科連隊が揚陸作戦訓練に励む
  1. 両国は部隊編成に陸軍隊員を投入し、米国の海兵隊のような別組織は想定していない。(韓国は海兵隊を保有) 特に日本は迅速展開部隊として西部方面隊の陸上普通連隊を島しょ部に展開し、中国が上陸する前から守りを固めているが、この部隊を揚陸部隊に格上げし、中国が占拠した島しょ部の奪回を目指す。二番目の連隊は2018年に編成するが、原隊の所属は不明だ。最終的には揚陸旅団の編成とする。(迅速展開任務には別の部隊を投入する) 揚陸部隊にはV-22オスプレイ17機の他、水陸両用強襲車両52台が装備される。
  2. 揚陸作戦の支援にあたるのが4隻のヘリコプター母艦で、うち二隻は24千トンのいずも級だがオーストラリアのキャンベラ級とは構造が違う。他におおすみ級揚陸艦があるが収容能力は330名にとどまり、三隻投入してやっとキャンベラと同様の輸送能力しか実現できない。したがって日本の揚陸作戦で制約条件は兵員輸送力で、特に遠隔地作戦で何度も往復輸送するのでは役立たない。
The Marine Corps's current Amphibious Assault Vehicle, the 1970s-vintage AAV-7.日本は米海兵隊が運用中の揚陸強襲車両を導入する
  1. そうなれば中国は輸送艦を沈め自衛隊の上陸を阻止すればよい。「日本が危険地帯に近すぎるのが懸念材料」とアンドリュー・クレピネヴィッチは指摘する。本人は最近戦略予算評価センター理事長を退任したが、日本側関係者と多く対話を積んでいる。有事の際に島しょ部の防御を強化して中国を抑え込むことは実施可能だとし、中国漁船や海警の低レベル艦船の撃破は可能だが、いったん中国正規軍が交戦許可を得れば「一気に開戦となり日本には島しょ部の補強はきわめて困難となり、奪回は難しくなる」と発言。
  2. 日本の島しょ部の防衛策で優れた選択肢は長距離ミサイルだとクレピネヴィッチは指摘した。対空、対艦、あるいは中国軍が島しょ部に残っていれば対地ミサイルを使えばよいという。日本とオーストラリアの揚陸部隊は機動予備部隊として温存し、軍事的に脆弱なフィリピンのような同盟国を守ればよい。
  3. 前回に日本軍がフィリピンへ上陸したのは占拠のためだったので、このつらい記憶は両国にとって共通の中国対抗策とはいえ防衛協力を進める際に抵抗となるかもしれない。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★米空軍次期戦闘機はもう戦闘機の形状となることはない---第六戦闘機の用語は駆逐

米空軍は次期戦闘機材の姿を未来から考えていますね。目的は航空優勢の確立であり、ドッグファイトは目的ではないと分析し、宇宙やサイバーも含めた多様なシステム構造の一貫として次期機材を捉えております。また、アジア太平洋での作戦をにらみ足の長い機体となると現在の戦闘機と相当形状が異なってくるとし、現状の姿の延長線上に次期機材を想定する勢力の生み出す結果と全く異なる結果を生み出そうとしています。改めて空軍の構成、運用がシステムで成り立っていることを痛感させられる内容です。 Air Force Prepares to Hash Out Future Fighter RequirementsBy: Valerie Insinna, August 28, 2016 (Photo Credit: Northrop Grumman)http://www.defensenews.com/articles/air-force-future-fighter-jet-penetrating-counter-air-next-generation-air-dominance
WASHINGTON — 一年をかけて将来の制空任務に必要な戦術や技術を検討した米空軍が次期戦闘機を実現する第一歩を踏もうとしている。2017年予定の代替策検討(AOA)に先立ち、空軍は予備作業を開始している。AOAはF-35に続く機体の要求条件、調達戦略に焦点をあてる。空軍は次期戦闘機をNGAD次世代航空優勢とかPCA侵攻制空用機材と呼んでいる。
だがアレクサス・グリンケウィッチ准将はAir Superiority 2030による戦力連携チーム(ECCT)を率い、NGADは従来の戦闘ジェット機と大きな違いが2つあると強調する。ひとつめが調達期間を比較的短くすることだ。
「2020年代末までに何らかの形が必要です」と准将はDefense News取材で発言している。「現実的な日程として2028年頃に中心的な技術分野で大幅な投資があれば侵攻制空性能で初期作戦能力が実現します
第二の相違点に関係するのがこのたびまとめられたAir Superiority 2030研究で将来の米空軍の航空優勢で決め手になるのは単一機種としての第六世代戦闘機のような機体ではなく、統合ネットワーク化された一連のシステムの集合だとする。この組み合わせの中に侵攻能…

★★★破損機材二機からF-15を再生したイスラエル空軍の実力に脱帽

すごい。やはり国家の存続がかかった緊張状態を毎日続けて70年になる国は違いますね。イスラエルを敵に回したくないものです。 Meet the Israel Air Force unit that frankensteined a totaled F-15F-15二機の使用可能部分をつなぎ合わせて一機再生してしまったイスラエル空軍 By: Barbara Opall-Rome, May 15, 2017 (Photo Credit: Photo by Heidi Levine) http://www.defensenews.com/articles/meet-the-israel-air-force-unit-that-frankensteined-a-totaled-f-15
TEL NOF AIR BASE, Israel – ボーイングやロッキード・マーティンなど米企業がさじをなげたことをイスラエル空軍第22補給処が普通にやりとげてしまった。 2011年の事故でボーイングが喪失扱いと断念したF-15Bアローヘッドが飛行再開している。来月で事故から6年になる。事故は離陸直後にペリカンを空気取り入れ口に吸ったことで大火災が発生した。乗員2名は緊急着陸に成功したが、機体後部は完全に焼け落ち修理不可能と判定された。 その後三年余り、機齢35年の同機の処遇で議論が続いていた。機体の前方部は無傷なのでコックピットとエイビオニクスは予備部品にすればよいという声が出た。そこに第22補給処が前方部分と20年間も「機体の墓場」に放置されたままの単座型F-15の後部と接合する提案をしてきた。 「その案が出たのでボーイングに実施可能か照会したが、答えは返ってきませんでした」と第22補給処の指揮官マキシム・オルガド中佐がDefense Newsに語っている。「再度同社に聞くと、冗談と思って真剣にしなかったと判明したのです」 第22補給処は事故機の前方部分と20年間も「機体の墓場」で放置されていた別の機体の後部を接合した。 Credit: Photo by Heidi Levine ボーイングは声明文で第22補給処との協力関係は40年続いており、イスラエル空軍F-15の即応体制維持の一助となっている「同部隊のプロ意識や能力の高さには敬意を払っており、教えられることもあり相互に恩恵が生まれている」と述べた。 第…

★★★イージスアショア導入でミサイル防衛体制強化を目指す日本

LEAH GARTON—MISSILE DEFENSE AGENCY

防衛大綱にまで記述している以上イージスアショアの導入は固いところです。が、文中に指摘あるように対外有償軍事援助=販売として許認可を持つのは米政府ですので、今後の米中関係など他の影響も考慮すべきでしょう。ただし、中国の反対意見は無視するとしても、中国が沖縄と同様に国内反対派に火をつけることのほうが怖い気がしますが。
Japan May Acquire Aegis Ashore To Defend Itself From North Korean Missiles日本がイージスアショア導入を検討中。北朝鮮ミサイル防衛を目指す。The system is especially well suited for Japan's strategic needs, but China would not be pleased with seeing it setup on Japanese shores.日本の戦略的ニーズにぴったりだが、導入されれば中国がたまっていないだろう。BY TYLER ROGOWAYMAY 5, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/10012/japan-may-acquire-aegis-ashore-to-defend-itself-from-north-korean-missiles
日本がイージスアショアミサイル防衛装備の導入で北朝鮮弾道ミサイル脅威に効果的対応が可能になるか検討を急いでいる。 THAAD導入も検討したがイージスアショアの有効距離が大きいことで日本の地理条件に合い戦略上の狙いにも合致すると判断した。またイージスアショアが日本のミサイル防衛能力装備の水上艦と相互運用性がありセンサー、発射装置、迎撃体、運用方法を共通化できることも好条件だ。 価格も問題だ。ジャパンタイムズは「THAAD一個部隊は1,250億円で全土防衛に6隊が必要だ。イージスアショアは800億円程度で二個編成で同じ面積をカバーできる」と伝えている。イージスアショアはPAC-3ペイトリオット部隊と陸上配備ミサイル防衛の二重構成とし、短距離、中距離弾道ミサイルが大気圏再突入後に迎撃する。 イージスアショアはルーマニアのデヴェセルに導入済みだ。AP 日本の地理条件…