スキップしてメイン コンテンツに移動

★★F-22生産再開? 第六世代機開発より費用対効果が高いという説明は本当か



言うのは簡単ですが、いったん閉鎖した生産ラインの再開は大変でしょうね。しかし、これが可能なら本当はF-22が欲しかった日本もF-35を買わなくてもよかったはずで、これまでの議論と投資は何だったのかということになりかねません。したがってこの案が陽の目を見ることはないと思いますが、あらためてF-35だけでは効果のある作戦は実施できないことを各方面は認識すべきでしょう。メーカーのロッキードとしてはF-22に相当の自信を持っているということでしょうね。それにしても米国の読者は熱い、かつ厚い(マニアじゃなく専門家が真剣に反応しています)ですね。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Here’s why the U.S. should restart the F-22 Raptor production line instead of developing a sixth generation fighter



少し手を入れればF-22ラプターは将来の敵戦闘機にも優位性を維持できる。
  1. 第六世代戦闘機の開発を米空軍の最優先事項にしていいのか。ロッキード・マーティンの伝説的なスカンクワークスを率いるロブ・ワイスにいわせればF-22およびF-35を定期改修していけば米側は中国やロシアの第五世代機へ優位を維持できる。
  2. ワイスはDefenseOne.com で現有の米第五世代機は敵側が開発中の機材へも十分優位だとし、F-22やF-35の後継機種は今すぐ必要ないとする。「これまで10年近く解析を続けてきましたが、明らかに第五世代機のF-22およびF-35の性能は優勢で第四世代機よりはるかに性能が高い。新型機を開発するよりもF-22、F-35の近代化を続ける方が効果的です」
  3. ペンタゴンは新型機を開発する代わり「真の意味で画期的な技術や性能の実現」に資金投入し第六世代機に搭載すればよい。第六世代機の開発は10年後に開始しても十分間に合うというのがワイスの意見だ。
  4. ただし米空軍はすでに究極の将来型戦闘機の調達に乗り出しており、ラプター後継機としていわゆる次世代航空優勢戦闘機 Next Generation Air Dominance (NGAD) 構想を打ち出している。
  5. だが新型戦闘機開発に20年以上かかることを考えると、F-22生産ライン再開のほうが費用対効果で優れる。
  6. ラプターを追加調達すればJSFもよりよく性能を発揮できるはずだ。米空軍もF-22のような航空優勢を確実にする戦闘機の支援があってこそF-35が適切に運用できると認めている。
  7. さらにラプター生産の再開で同機の弱点を解消できる。
  8. たとえば推力偏向(TV)機能は必ずしも必要ではない。実施すればステルス性で悪影響が出るからで、敵機撃墜を沈黙のまま実施する設定の同機には不要だ。また有視界距離での交戦ではTVを使って敵機を撃墜しようとすればラプターの運動エネルギーが喪失し脆弱性が増してしまう。
  9. 現在のF-22にヘルメット装着ディスプレイ(HMD)は採用されていないが、AIM-9Xミサイルと併用すればF-22は強力なドッグファイター機になる。HMDでパイロットは同ミサイルの全方位発射性能を活用できる。
  10. F-22の弱点を補強し、生産を再開すれば米空軍に最良の選択だとジェイミー・ハンター(Combat Aircraft Monthly編集長)も同誌の2015年12月号で述べている。ラプターをより強力に仕上げ、生産再開すれば最高の戦闘機になるという。実施すれば初期段階の費用超過と生産遅延の悪影響を回避し、必要な性能を迅速に実現できるとする。■

以下オリジナル記事への読者のコメント(抜粋)
  • F-22の生産再開と改修は良い案に聞こえるが、空軍は実施に向かわないだろう。
  • 同盟国に売却できるね、オーストラリアとカナダが筆頭かな。両国ともF-35じゃなくてF-22が必要だからね。F-35は無理やり買わされた格好だしね。オランダやデンマークもF-16後継機種として本当はF-35じゃなくてF-22が欲しかったんじゃないかな。日本もF-22が欲しくてたまらずついに同機のクローンを作っちゃたね。
  • USAFはF-Xが本命でF-22生産再開は考えないだろうが、大型案件がみんな遅れる傾向があるのでF-Xも予定通りの期日と予算での開発は無理だろうな。
  • たった5分間リサーチすればこの案が実現性ゼロでよくない内容だとわかるはず
  • F-22Aはステルス技術では旧式になっており、エンジン技術やエイビオニクスでも同様だ。(1980年代の技術) 空力性能は優秀だが、強力なVHFレーダーが出現してきたので、不利になりかねない。生産再開のコストと新型機開発費用を比較検証する必要があろう。
  • 比較の必要はない。F-22は当面の間は開発中の機種に対しても優勢を保つ。機体は古くなっても、米軍では最新機種としてあと10年は第一線に配備できる。F-15は40年運用し、スホイやミグ28は30年稼働している。:
F-22で何が問題なのか考えてみたら次の点に絞れた。
1. F-22の性能で誤解がある
2.同機のコストで誤解があるのはJSF支持勢力や報道機関が刷り込んだもの
3..酸素供給問題の真実が無視されており、改修後は全く事故が発生していないことに目をつむっている
4..第四世代機と交信ができないことを報道が取り上げ、問題だとしているが、実は第四世代機にステルス通信能力が欠如しているのであり、F-22の欠陥だと誤って伝わっている。
5. F-22改修で期待できる内容も全くの誤解があり、ステルス型妄評捕捉ポッドを追加搭載してもF-35含むいかなる機体より小さなレーダー断面積となる。
  • 優れた記事だが防衛産業各社はロビー活動で新型戦闘機の予算を確保してしまうのではないか。軍産複合体はしぶとい。
  • 生産再開の場合も新規生産開始と同じ程度の費用がかかる。90年代当時の生産技術はすでに追い越されており、かつ今や利用不可能だろう。
  • だからこそ生産終了の決断がまずかったのだ。-22も改修を前提に設計しえちたはずで、今のような小規模の配備では改修は高費用になってしまう。そこで生産ラインでその内容を盛り込めば一足飛びに有利になれる。またF-35で投入した技術を共有できるはずだ。
  • 日本や英国のような信頼できる同盟国限定で販売すればF-22の生産コストはほどほどの水準になり、米国も十分な機数のF-22を調達すれば防衛が安心になる。
  • F-22ファンには申し訳ないが、同機は米軍にはひどい機材だ。誤解ないようにお願いしたいが、同機は優れた選択肢だ。大きな問題はUSAFは同機にかかりきりになり、結果としてUSNとは別の道を歩んでしまい、米海軍には空母搭載用の航空優勢戦闘機を調達する予算もない。海軍には空母運用を想定して低速度で高性能を発揮できる機材が必要だがUSAFはこれは不要だ。ステルス機の問題は機材の改良発展ができないことで、F-15やF/A-18では機能の追加改良が進んでいる。F-22やF-35の機体に追加装備すればステルス性が犠牲になる。そのため価格超過で運用頻度が低くなる機体を途中でキャンセルしたのは正しい選択だが生産前に取り消しておくべきだった。その分の予算はF-15Eに回しておけばよかった。
  • 記事の出展は同機のメーカーからだろう。軍産複合体の典型だ。
  • F-22とF-35は合わせて2兆ドルほどの費用を食いつぶすぞ。同じ愚者が第六世代機を作るって、冗談はやめてくれ
  • 申し訳ないがUSAはF-22もF-35もこれ以上負担する余裕がないんだよ。どれだけ高給取りの雇用が生まれようが関係ない、F-35の実戦性能もF-22を小規模戦闘に投入するなんて無駄もいいところだ。F-22もタイフーンも冷戦時代の産物で各国空軍が見栄で導入しているに過ぎない。真の働き手はF-15、F-16,F-18でありMig-29、Su-27などだ。
  • F-35の開発が難航しているのでF-22を再度引っ張ってくるしかないだろう。時間の問題でしょう。
  • 75機のF-22追加生産は170億ドルになるはずだが第六世代機を開発すれば200億ドルでは済まない。
  • 75機追加生産で170億ドルですか....でも費用は輸出仕様をオーストラリアや日本へ売れば埋められるのでは。新規生産のF-22には最新のソフトウェアやMMDS、AIM-9Xを搭載し四五年あれば実現するのでは。第六世代機がいくら必要になるかわかりませんが、開発費用だけでF-22の290億ドルを超えるのは確実でしょう。さらに作戦に有効かを比較すれば、一方はすでに完成した機体ですが、他方はまだパワーポイントのプレゼンでしょう。
  • 議論の推移には関心がありますが、反対論は当初の生産終了都と同程度の益のない考えでしょう。この初期決定のため再開すれば190億ドルになってしまうのですよ。


コメント

Unknown さんの投稿…
酷い議論だと思う
米国の内向きさと軍事分野における指導力のなさだ
今まで「F22はだれにも渡さない!」と宣言して、打ち切ってまでJSF=F35に集中してきたのに
それをまた裏切るのか!?米国は独裁者や公然と敵視している国家やテロリストと戦う前に同盟国と戦いたいのだろうか?

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。
Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★★破損機材二機からF-15を再生したイスラエル空軍の実力に脱帽

すごい。やはり国家の存続がかかった緊張状態を毎日続けて70年になる国は違いますね。イスラエルを敵に回したくないものです。 Meet the Israel Air Force unit that frankensteined a totaled F-15F-15二機の使用可能部分をつなぎ合わせて一機再生してしまったイスラエル空軍 By: Barbara Opall-Rome, May 15, 2017 (Photo Credit: Photo by Heidi Levine) http://www.defensenews.com/articles/meet-the-israel-air-force-unit-that-frankensteined-a-totaled-f-15
TEL NOF AIR BASE, Israel – ボーイングやロッキード・マーティンなど米企業がさじをなげたことをイスラエル空軍第22補給処が普通にやりとげてしまった。 2011年の事故でボーイングが喪失扱いと断念したF-15Bアローヘッドが飛行再開している。来月で事故から6年になる。事故は離陸直後にペリカンを空気取り入れ口に吸ったことで大火災が発生した。乗員2名は緊急着陸に成功したが、機体後部は完全に焼け落ち修理不可能と判定された。 その後三年余り、機齢35年の同機の処遇で議論が続いていた。機体の前方部は無傷なのでコックピットとエイビオニクスは予備部品にすればよいという声が出た。そこに第22補給処が前方部分と20年間も「機体の墓場」に放置されたままの単座型F-15の後部と接合する提案をしてきた。 「その案が出たのでボーイングに実施可能か照会したが、答えは返ってきませんでした」と第22補給処の指揮官マキシム・オルガド中佐がDefense Newsに語っている。「再度同社に聞くと、冗談と思って真剣にしなかったと判明したのです」 第22補給処は事故機の前方部分と20年間も「機体の墓場」で放置されていた別の機体の後部を接合した。 Credit: Photo by Heidi Levine ボーイングは声明文で第22補給処との協力関係は40年続いており、イスラエル空軍F-15の即応体制維持の一助となっている「同部隊のプロ意識や能力の高さには敬意を払っており、教えられることもあり相互に恩恵が生まれている」と述べた。 第…

★★★イージスアショア導入でミサイル防衛体制強化を目指す日本

LEAH GARTON—MISSILE DEFENSE AGENCY

防衛大綱にまで記述している以上イージスアショアの導入は固いところです。が、文中に指摘あるように対外有償軍事援助=販売として許認可を持つのは米政府ですので、今後の米中関係など他の影響も考慮すべきでしょう。ただし、中国の反対意見は無視するとしても、中国が沖縄と同様に国内反対派に火をつけることのほうが怖い気がしますが。
Japan May Acquire Aegis Ashore To Defend Itself From North Korean Missiles日本がイージスアショア導入を検討中。北朝鮮ミサイル防衛を目指す。The system is especially well suited for Japan's strategic needs, but China would not be pleased with seeing it setup on Japanese shores.日本の戦略的ニーズにぴったりだが、導入されれば中国がたまっていないだろう。BY TYLER ROGOWAYMAY 5, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/10012/japan-may-acquire-aegis-ashore-to-defend-itself-from-north-korean-missiles
日本がイージスアショアミサイル防衛装備の導入で北朝鮮弾道ミサイル脅威に効果的対応が可能になるか検討を急いでいる。 THAAD導入も検討したがイージスアショアの有効距離が大きいことで日本の地理条件に合い戦略上の狙いにも合致すると判断した。またイージスアショアが日本のミサイル防衛能力装備の水上艦と相互運用性がありセンサー、発射装置、迎撃体、運用方法を共通化できることも好条件だ。 価格も問題だ。ジャパンタイムズは「THAAD一個部隊は1,250億円で全土防衛に6隊が必要だ。イージスアショアは800億円程度で二個編成で同じ面積をカバーできる」と伝えている。イージスアショアはPAC-3ペイトリオット部隊と陸上配備ミサイル防衛の二重構成とし、短距離、中距離弾道ミサイルが大気圏再突入後に迎撃する。 イージスアショアはルーマニアのデヴェセルに導入済みだ。AP 日本の地理条件…