2016年4月27日水曜日

★オーストラリア潜水艦案件、続報、フランスの反応から何を読み取るか



今回のフランス受注は日本にとって痛い結果になりましたね。Defense Newsは以下、オーストラリアとフランスから伝えています。まずオーストラリアから


Australia Chooses French Design for Future Submarine

Nigel Pittaway, Defense News7:12 p.m. EDT April 26, 2016

DCNS Shortfin Barracude submarine(Photo: DCNS)
MELBOURNE, Australia – フランスのDCNSがオーストラリアの次期潜水艦建造契約を勝ち取った。マルコム・ターンブル首相が26日発表した。
  1. ショートフィン・バラクーダ型の選択に本件を見守ってきた外部関係者の多くが驚かされた。DCNSはドイツのティッセン・クルップマリンシステムズや日本政府に対して劣勢だった。だがここにきて日本案が負けたとの情報がリークされていた。
  2. ショートフィン・バラクーダ・ブロック1Aはフランス海軍で就役中の原子力潜水艦バラクーダ攻撃潜水艦をやや小型化する構想だが詳細設計はこれから開始する。
  3. ターンブル首相は「DCNSを国際パートナーとして選定し次期潜水艦12隻の設計案鵜を進める。取引諸条件は今後協議する」と発表し、選定の大きな要素はオーストラリアの求める長距離航行、通常動力型潜水艦の要求内容に一番合致したからと述べた。
  4. ターンブル首相は同時に「オーストラリア国内でまず1,100名相当の雇用が実現し、サプライチェーン含めるとさらに1,700名分の雇用が生まれる」と発表。
  5. 12隻はすべてアデレードのASC造船所で建造する。DCNSは当初一号艦だけあるいは二号艦まではフランス国内で建造する提案をしていた。
  6. 日本政府は不採択理由の説明を求めており、オーストラリア政府はこれに応じる構えだ。

一方、フランスはもちろん今回の受注を大歓迎していますが、その裏でこれまであれやこれやの政府支援があったことがうかがえます。

France Celebrates ‘Historic’ Submarine Win in Australia

Pierre Tran, Defense News7:10 p.m. EDT April 26, 2016
PARIS – フランスはDCNSが387億ドル相当の次期潜水艦建造で事業者に選定されたのを歓迎してフランソワ・オランド大統領自らがパリの同社本社を訪問した。オランド大統領は統合参謀総長、内務相、外務相を伴いDCNSを訪れ本件が政治的にも経済的にも重要な成果であることを示した。
  1. 「これは歴史的な事業、我が国歴史上最大の武器輸出だ」と大統領府は声明を発表。選定の理由として両国政府間の意思疎通がこの五十年間で「戦略的水準」になったことを挙げた。
  2. フランス国防相ジャン-イブ-ルドゥリアンはオーストラリア兵士が倒れたソンムの戦い(第一世界大戦)のアンザック記念日をオーストラリア総督とともに迎えたと伝えている。
  3. 選定により設計業務を期間三年で行う契約の協議がはじまり、2017年早々には締結されるとDCNS幹部は述べている。
  4. 今回の選定はタレスにとっても朗報だ。タレスはDCNSの株式35パーセントを保有する。(残り65パーセントはフランス政府保有 タレスの作業量は今回の事業で10億ユーロ相当になる。
  5. DCNS会長エルヴェ・ジローは仏政府兵器調達本部、海軍参謀総長ベルナール・ロジェル提督、シュナイダーエレクトリック(オーストラリアに相当のビジネス拠点を置くフランスエネルギー関連企業)に謝意を伝えている。
  6. 12隻建造契約によりDCNSは協力企業も含めて4千名の雇用につながり、ブレスト、シェルブール、ロリアンの各事業所が関与するとDCNSは発表。なお、ブレスト、ロリアンはそれぞれブリタニー地方にあり、ルドゥリアンは地域協議会の会長を務めている。
  7. 総選挙が来年に控えるフランスでは雇用は大きな要素で、失業率は10パーセントのまま推移しているからだ。■


0 件のコメント: