T-50(ロシア第五世代戦闘機)の開発状況

More Sukhoi T-50s To Fly In Next 12 Months
aviationweek.com Mar 12, 2010

  1. スホーイはT-50試作機 を新たに3機追加し、今後一年間かけて飛行テストを実施する。ロシアの第五世代戦闘機開発の計画が同国高官から漏れ伝わってきた。
  2. プー チン首相がT-50の静止試験用機体とコックピットのシミュレーターを視察した。
  3. プーチン首相とスホーイのトップ・ミハイル・ポゴシヤ ンの一致した見方はT-50の配備開始を2015年とするもの。一方、プーチン首相は同機の配備前には合計2,000時間の飛行テストが必要と見ている。
  4. そ こでスホーイは急いでテスト用機材を増強しようとしている。
  5. スホーイによると二号機のテスト合流は今年中、三号機四号機は2011年と なる。
  6. スホーイ開発陣はT-50の開発期間の短縮を専用のシステム統合手段により実現しようとしている。従来の開発では操縦系統の チェック用、エイビオニクスの試験用にそれぞれ別の機体を使用していた。
  7. これがT-50 ではT-50-KNSと呼称される地上確認 用の機材を準備しているようだ。
  8. スホーイのコムソモルスク工場内で同機を使い、生産工程の新技術を実証している模様。飛行テスト用T- 50-1試作機ではこの恩恵を受け、飛行三回目で24度の迎え角飛行が実現できたという。
  9. T-50担当主任技術者アレクサンダー・ダビ デンコによると同機の外表面のおよそ7割が複合材料で構成され手いるという。
  10. 操縦席ではスマート・デジタルシステムによりパイロットの 作業量が軽減されているという。
  11. 同機のデジタル飛行制御システムはSu-27よりも3割軽量化されており、故障あるいは戦闘時に損傷が あっても復旧が可能という。
  12. 4月には飛行テストはモスクワ近郊のグロモフ飛行テスト研究施設に移動する予定という。
  13. ロ シア空軍が2008年からこれまでの放置から再拡張に入った中、同機の開発はスホーイが今後の空軍の要求水準に応える能力があることを証明するものとなる。
  14. ロシア国 防計画によると2020年までに合計1,500機の作戦用航空機、ヘリコプターならびに200基の防空ミサイルの導入をめざすことになっている。このうち 航空機の8割が新型機となる。
  15. ロシア航空宇宙産業の課題としてプーチン首相は従来から政府から多大の支援を受けていることからいまや効 率を改善すべきときと見ている。特に、納期の遵守と性能価格比の向上を求めている。
  16. さらに同首相は次世代戦略機 PAK DAに加えて次世 代対空ミサイルシステムの開発が視野に入っていると強調している。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目