ステルスヘリの製造場所

Indications Of Hawk Works In Stealth Helo

aviatonweek.com May 13, 2011

5月1日のビンラディン強襲に使用されたステルス型のH-60ブラックホークはシコルスキーのホーク事業所Hawk Works(ニューヨーク州エルマイラ)で改修を受けたものと考えられる。
  1. その証に同事業所の所在を明らかにしない目的かグーグルアースでエルマイラコーニング空港の画像がぼやかされている。元の画像データは政府がグーグルアースに提供したものだ。
  2. シコルスキーはエルマイラでこれまでもCIA他政府機関、海外政府向けの低騒音機を製造している。これは2004年にシュワイザー航空機を取得したことによるもので、同航空機は超低騒音の偵察用機体をこれまで製造してきた経験がある。
  3. シュ ワイザー航空の買収はポール・マーティン(当時シコルスキー上席副社長(高性能機開発担当)が中心となっておこなったものだ。マーティンは2000年にシ コルスキーに来る前はロッキード・マーティンでスカンクワークスの筆頭副社長を務めていた。マーティンは2007年にシコルスキーを去り、現在はカリフォ ルニアでコンサルタント会社の社長だ。同社でのマーティンの経歴にはシコルスキーで「軍用機生産および高性能機開発全般に従事」とあり、「極秘プログラム も含む」としている。マーティンはコメントを拒否している。
  4. ス テルス改修型のブラックホークは米陸軍特殊部隊用のMH-60近代化改修プログラムの一部で現有のMH-60K/L型73機と交代する計画でM型の引渡し が始まっている。その一号機はケンタッキー州フォートキャンベルの第160特殊作戦航空連隊(空挺)に2011年2月に納入された。
  5. 予 算規模10.7億ドル総額で2016年までの同プログラムでUH-60Mをベースにしたヘリを調達するが、エンジンは強化型ジェネラルエレクトリック YT706を搭載し、通信装置、状況監視、生存装備を追加している。その中にはレイセオン製サイレントナイト・レーダーがあり、地形追跡・回避能力を探知 される可能性を最低限にして提供する能力がある。.
  6. シコルスキーはビンラディン作戦で使用されたヘリコプターについてはいかなる質問にも回答しない姿勢だ。
  7. エルマイラ施設は2006年にシコルスキーがシュワイザー工場の規模を上回る10万平方フィートの規模で建設したもので、試作機・軍用型機を専用に製作するものだ。
  8. グーグルアースではエルマイラ空港全体は2006年4月の日付となっており、そこにはシコルスキー工場は写っていない。また、同空港周辺は焦点をぼやかされており、メインランプ部分は上書きがされている。グーグルアース画像は1年から3年前のものが多い。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目