ボーイング防衛部門が重視するインド、日本、韓国市場



Boeing Targets India, Japan and South Korea

aviationweek.com Jun 6, 2011


ボーイングはインドの中型多用途戦闘航空機提案に敗れたものの、インドでは別の商談に中心を移しており、一方で日本、韓国それぞれの次期戦闘機契約の受注の準備も進めている。

  1. 「イ ンドの戦闘機案件では残念な結果になったが、当社は前に進んでいきます。」とボーイングの防衛宇宙保安部門CEOデニス・ミュイレンバーグDennis Muilenburgが報道陣の前で発言した。席上でボーイングがインドからC-17計10機を受注していることが発表された。
  2. またインドは大型輸送ヘリ、攻撃ヘリの調達を予定しており、ボーイングはここでもAH-64DアパッチとCH-47Fチヌークがともに実地テストに合格しているという。
  3. そ の他アジアの市場としてボーイングが力を入れているのが日本と韓国だ。日本はFXを40機ないし50機調達する公募を開始しており、ボーイングは F/A18E/Fスーパーホーネットで商戦に参入する。「防衛省の提案依頼が早期に公表されたことに力づけられています。調達は予定通り進行すると期待し ています」
  4. 日 本の防衛調達方針では第一陣の12機を平成28年度内に引き渡すことになっており、ミュイレンバーグはその意味でF/A18E/Fは低リスクの選択肢とな り、とくに費用と納期で顕著と説明する。一方、競合相手となるロッキード・マーティンの課題はF-35の引渡しが予定通り予算内で実現すると納得させる必 要がある。
  5. ボーイングは三菱重工業とボーイングF-15生産をめぐり密接な関係を築いている。ボーイングはこの関係をさらにテコ入れする一方、富士重工業川崎重工業との関係も強化し、FX受注を目指す。一方、ロッキード・マーティンもF-16派生型のF-2を生産する三菱重工と強い関係がある。
  6. 一方で、ボーイングは韓国が12年の末と予想される提案要求内容の発表を待っている。調達内容は戦闘機60機でボーイングはここではF-15を売り込む予定だ。
  7. 各国からの受注を目指す同社には米国国防予算の削減が背景にあり、海外販売の占める比率は現在ボーイング防衛部門の7%相当だったが、昨年に17%に急増している。さらに今後数年間で25%に伸びる見込みだ。そのうちアジア太平洋に大きな期待がかかる。
  8. ボーイングの民間・防衛部門の売上比率は今後50-50で推移する見込みだが、防衛部門最大の顧客である米国政府は国防支出をすでに削減している。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目