F-35開発で一歩後退するオランダの役割

Dutch May Pull Out Of Next F-35 Phase

aviationweek.com Jul 1, 2010    
共用打撃戦闘機開発本部はオランダが同機の初期 作戦能力獲得テスト及び評価段階への参加取りやめを可能にするオプションを検討中。
  1. オランダ代表団がこのたび米側と本件を検討し た。オランダの参加が危うくなったのは総選挙前の議会情勢に加え、選挙後の組閣の行方がわからないため。
  2. 選挙を控えて議会は初期作戦能力獲得・評価テス トへの参加を中止する決議をしたが、計画推進派は選挙結果が出る前には同機開発に関する決定は行わないという政党間の合意を盾にして同動議に疑問を呈して いる。
  3. ミッデルクウプ国防相は議会にて現状を米側に通報し、初期作戦能力評価用の機体一機の発注取り消しおよび二号機の先行予算支出を取 り消すので対応願いたいと伝えたと報告した。
  4. また同相は今夏中にJSFの費用総額を点検しな おしF-16 後継機種の検討・決定に役立てたいと発言した。■ 
コメント これにはオランダ固有の国内政治問題が絡んでいるようですが、今後共同開発パートナー諸国の中に公約通りの支出を辞退する動きが出てくれば、一層F-35の開発は困難になりかねません。その中で日本がFX候補に同機を入れること自体どうなのか。かねてからF-35に疑問をもつ当方はますます懐疑的になっています。一方、海上自衛隊が計画中の22DDH(満載排水量2万トン超といわれます)の運用を見越すとF-35C(垂直離着陸可能)の採用も視野に入っているかもしれませんのであまり先鋭的なF-35批判は弱める必要があると思います。

コメント

匿名 さんのコメント…
>F-35C(垂直離着陸可能)
これはF-35Bですね

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目