新型情報衛星でホワイトハウスにブリーフィング



hit counter


web counter


cheap ultram

White House to Get Intel Satellite Briefing

Aviationweek.com 4月3日


ホワイトハウスは来週早々にも情報収集衛星の今後の購入方針について背景説明を受ける予定であることが業界筋とペンタゴンから判明した。各情報機関はハイエンド技術で大型の衛星により電子光学(EO)および赤外線(IR)による情報収集任務を実行したいと考えている。ペンタゴンは一方で中型衛星を低軌道で運用する構想を提唱している。低軌道に乗せると運用期間が短くなるが、国防総省は反面で購入基数を多くすることで相殺されるし、製造メーカーにとっても生産計画が立てやすくなり、専用生産ラインを立ち上げることも可能と主張する。一方、情報機関側が新技術しかも成熟していない技術を搭載した大型衛星を目指すのであれば、10年かけても実現は困難だろうとペンタゴンは見る。軍と情報機関両方の関係者は国家情報長官デニス・ブレアと国防長官ロバート・ゲイツはオプションで合意しているものと見ている。その戦略とはボーイング主導の未来型映像アーキテクチャの挫折後では初のEOとIRの結合を求めるものだ。ボーイングに替わり、現在はロッキードマーティンがプロジェクトを担当している。


コメント: Future Imagery Architecture は現行のKH-11等の既存情報収集衛星に代わる新世代の衛星システムのようですが、ちっともその全体像がわかりません。今後の安全保障の要となるわけですから、ホワイトハウスから余計な茶々が入らないことを祈るばかりです。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目