F-35の導入計画が具体化している各国のケース


F-22はあきらめてF-35を勧められている日本ですが、肝心のF-35の他国への導入予定はどうなっているのでしょうか。


Norway To Begin F-35 Negotiations

aviationweek.com 6月10日


ノルウェー国防省はロッキードF-35A最大56機の購入交渉を開始する。これは同国議会がサーブ・グリペンNGを退けJSFを推奨する決議を行ったため。交渉期間は2ヵ年の予想。ノルウェーはJSF共同開発国のひとつ。今年度に交渉を開始し、納入開始を2016年、作戦能力を2020年までに獲得の予定。ロッキード・マーティンのノルウェー向け計画は購入開始を2014年としており、第8次低レート生産バッチ分から供給するとしている。

【その他国向け発注ずみ】 カナダ、デンマークも同時期の発注をしている。そのほかには英国は同国向け生産割り当て合計17機の中から最初に2機を試験用に発注している。オランダ向けには試験機1機があるが、同国の最終判断は2010年以降となる。英国向け試験機三号機とオランダ向け二号機は低レート生産第四バッチの合計32機の中から来年割りあてとなる予定。オーストラリアは合計100機のF-35A購入を確約しているが、第六低レート生産分(LRIP6)からの納入となり2012年が初号機購入の予定。イタリアはA型B型合計131機、トルコはA型100機を導入予定で同じくLRIP6生産分から購入することになる。

【これから商談開始の国】 ロッキード・マーティンは現在AV-8Bハリアー+を運用するスペイン向けにはF-18の後継機としてF-35を打診中。同様にフィンランド向けにも提案を作成中。イスラエル向けにはA型25機をまず販売する交渉が続いているが、2014年までの導入を希望する同国向けには早期の交渉合意が必要だ。

コメント: この中で日本が本当にF-35を獲得できるのでしょうか。それとも相当のプレミアム=割り増し金の負担を求められるのでは。どうしてもF-22へのこだわりが続くと本当にそうなるでしょうね。くやしいですが。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目