F-X導入の背景をアメリカの視点で見る




Japanese Patient For Tacair Opportunities

aviationweek.com 6月23日


日本政府はF-XとしてF-22の導入を粘り強く進める姿勢を示している。F-Xは合計40から50機の第五世代戦闘機を生産するもの。

【F-4を使い続ける】 F-XはF-4Jファントムの後継機として必要とされている。すでに中国に近く運用頻度がましている沖縄のF-4はF-15に切り替えられている。「F-4でF-35が導入されるまで機体寿命が残っているだろうか。現在はF-4の稼動を制限してF-35が投入されるまで使用する予定と見える。そのため、那覇基地にはF-15Jを配備したのだろう」(米側関係者)

【F-22】 ロッキード・マーティンのF-22ラプターの輸出型の導入に関心を示す声は日本側に見られる。米議会は輸出禁止を決議しており、ペンタゴン内部にも輸出を嫌う向きは多い。一方、ボーイングはステルス性を向上したF-15サイレントイーグルを発表し、ロッキード他の競合各社への対抗をしている。

【F-15J改修】 航空自衛隊の内情に詳しい米側関係者はF-15Jのうち36機がアクティブ電子スキャンレーダー(AESA)の改修をこの二年間で受けていると明かす。「レイセオンが航空自衛隊と共同してF-15の性能向上をしてきたところです。中期防衛計画でF-Xの予算が計上されていなかったので、F-15の改修を実施したのです」(同関係者)しかし別の航空宇宙業界関係者は航空自衛隊はF-15JのAPG-63(v1)を改修し、デジタル性能の信頼性を確保したが、AESA能力はないという。機械式スキャンレーダーがまだ残されている。日本側はAESAアンテナの装備に必要な予算獲得をめざしており、これでレーダーはv3モデルとなる。この追加改修によりレーダーの有効範囲は3倍になり120から150マイルの間となり、巡航ミサイルやステルス機のような小型目標のロックオンが可能となる。

「つなぎ機は必要ないのではないでしょうか。日本はF-4からF-Xに一気に機材更新したいと考えていますが、未確定の要因がたくさんあります。機種選定、生産・納入の予定等です」(上記関係者) 

【クラスター爆弾配備中止の余波】 あわせてクラスター爆弾の使用禁止に同意すると、日本は東シナ海の領土問題で防衛能力を自ら縛ることになる可能性がある。「日本はクラスター弾を禁止するオスロ条約を批准して防衛能力を放棄しています。これでは自国の防衛増強にはつながりません。政治的には人気取りの選択なのでしょうが。防衛省はクラスター弾を全面 廃棄し、今後は再装備できなくなります。防衛省はその代替策は検討していますが。」

【Interoperability】 同盟関係にある日米両国の関心は共同作戦実施能力にあるが、アジアの安全保障環境が複雑度を増す一方で予算が制約されている。そのため両国は少ない装備でより多くの任務を実施する必要があり、共同作戦能力、基地共有、共同訓練・作戦実施がその解決方法となる。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目