PAK FA T-50の実用化はインド・ロシア合作で進める

India And Russia To Ink R&D Phase Of T-50 Program


aviationweek.com August 21, 2012

イ ンドとロシアはまもなく契約書を取り交わし総額110億ドル以上で共同研究開発をT-50で進めることとなる。インドへ試作機1号機が2014年までに供 与され、インド西部マハラシュトラ州のオジャールOjhar空軍基地で公試を重点的に実施する。その後二号機が2017年、三号機が2019年にそれぞれ 加わる。

  1. 「同機の実戦配備を2022年までに実現したい」とインド空軍参謀総長N.A.K.ブラウン大将Air Chief Marshal N.A.K. Browneが発言したとPTI通信社が配信した。同大将は8月初めににロシアを訪問している。
  2. . 同機はヒンドゥスタン航空機Hindustan Aeronautics Ltd.とスホイ設計局Sukhoi Design Bureau of Russiaの共同事業として次期多任務戦闘機erspective Multi-Role Fighter (PMF)と呼称されており、ロシアのPAK FAを原型とするものだ。インドは2030年までに200機を300億ドルで調達する予定。MiG-29およびSu-30MKIフランカーHの後継機とす る。
  3. 関 係者によるとヒンドゥスタンとロシアのロソボロクスポートRosoboronexport 間で予備設計(PD)契約が2010年12月に結ばれており、HALとSDB合同でPMF開発を295百万ドルで進めることも合意されていると関係者が明 らかにしており、PDに18ヶ月かけたあと本設計および開発工程は別契約になり、PD完了直前までに交渉、署名を完結させるという。
  4. 今のところ想定されている研究開発契約は110億ドル相当で両国で折半するという。
  5. 三機のT-50試作機がPAK FAとして開発テスト中で、四号機が今年後半にテスト部隊に加わるという(ロシア国防省)
  6. SDBは新型搭載レーダーシステムのテストを開始している。Xバンドのアクティブフェイズドアレイ式でT-50試作三号機が搭載しているといい、安定した作動で性能は既存の高性能レーダーとそん色ないとのこと。
  7. ところでT-50.試作一号機が初飛行したのは2010年1月でそれ以降にインド空軍から40件以上の設計変更を指摘している。
  8. T-50の性能諸元は依然極秘のままだが、報道を総合すると高度ステルス性能に加え超音速巡航飛行、制御系とエイビオニクスの統合があるという。
  9. ”ただし、インド空軍関係者によると共同開発のPMFの原型がロシアのFGFA技術実証機であり、インド空軍のスペックで基本構造とシステム構成に手を加えているのだという。
  10. インドは単座機と複座機をともに開発予定で後者は訓練と特殊任務に使用する想定だ。
  11. インド国防省は最終的に200機から250機を生産することになり、全部あわせるとインド史上最大の国防装備調達になると見ている。
  12. インドは技術者、テストパイロットをロシア国内とオジャールに駐在させて研究開発を進め、そののちHALが生産を開始する。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目