次世代軍用多用途ヘリの実証機製作に残ったAVX

AVX Aircraft Wins Place On U.S. Army’s JMR Demo

By Graham Warwick
Source: Aerospace Daily & Defense Report

aviationweek.com June 07, 2013
Credit: AVX Aircraft

AVXエアクラフトは米陸軍の共用多目的機プログラム Joint Multi-Role (JMR) で選定されていることを認めた。同プログラムは高性能回転翼機の実証を2017年に飛行させることを目指すもの。

同社はフォートワース(テキサス州)に本社を置く新興企業でJMR技術実証フェイズ1に「カテゴリー1」で費用分担交渉の当事者に選定された。ベル・ヘリコプターおよびシコルスキー/ボーイング連合も選ばれている。

カテゴリー1提案とは「受理を推奨し予算交付を可能とするもの」と陸軍の契約用語で理解されている。陸軍応用技術局Aviation Applied Technology Directorateによるとフェイズ1で213百万ドルの予算を用意している。

陸軍の思惑はフェイズ1で最低でも二機種の実証機に予算を与えることだが、民間業者の費用分担次第だという。陸軍はカテゴリー1通過各社と技術投資契約の交渉中だ。

上記以外にカテゴリー1に入札した会社があるかは不明だ。さらにカテゴリー2では予算が確保されておらず、ここでの入札企業についても不明。EADS North AmericaはJMRから撤退し、陸軍の武装空中偵察ヘリ要求に集中することにしている。

AVXの提案は230ノットの同軸ローターにダクテッドファンをつけた複合推進機で高速飛行では回転翼の負担を軽減するため小さな主翼をつけるもので、実寸比70%の飛行実証機を製造し、エンジンは既存のジェネラル・エレクトリックT700を使用する。

ベル・ヘリコプターの提案は280ノットのティルトローター機でシコルスキー/ボーイングは230ノットの同軸ローター・推進エンジン複合機でシコルスキーX2実証機をもとにしたもの。陸軍は最低でも230ノットの巡航速度が必要としている。■


新 興企業の参画は業界の進歩に頼もしい存在です。注目はV-22のティルトローター技術の応用例がもうひとつ生まれるのか、同軸ローターに推進エンジンを複 合させた新しい構想が採用されるのか、とこれからのヘリコプターの姿を決定する選択がどうなるのかということでしょうか。



AVX Aircraft社のウェブサイト www.avxaircraft.com/company では機体構造が若干変更になっている様子が伺えます。ずいぶんスタイルがよくなっていますが、当初のイラストでは格好がわるいので手を入れたのでしょうか?


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目