プレデターシリーズの累計飛行時間が2百万台に

                   

Predator/Gray Eagle-Series Achieves 2 Million Flight Hours

                   
                        UAS Vision  September 25, 2012                   
                                            


.ジェネラルアトミックスエアロノーティカルシステムズより同社のプレデター/グレイイーグル各機の累計飛行時間が2百万時間を突破したと発表があった。この記録達成は9月9日のことで、各機あわせて15万回のミッションをこなし、そのうち約9割が戦闘中のミッションだった。
  • 「当 社の事業は変革を生むシステムを開発し、パラダイム変化を実現することです。今回の記録達成は有人、無人を問わず世界でも最高水準であり、各種センターと データリンクシステムの統合で長時間かつ広域の状況把握が実現したことの証でもあります」(ジェネラルアトミックス会長兼CEOニール・ブルー)
  • 記 録を達成をした機体お よびその運航者は不明だが、毎日この瞬間に約50機の同社製機体が飛行中だ。9月9日の時点で稼動していたのはプレデター24機、 プレデターB15機、グレイイーグル6機、スカイウォリアーアルファ5機である。累計飛行時間がこの数年で急速に増加しており、1993年から2008年 までが500千時間、2010年に百万時間を突破し、2011年に百五十万時時間になった。同機ファミリー全体で現状は毎月45千時間以上を追加してい る。
  • 「二 百万時間の運航を実証済み技術で実施し、人命を救い、脅威を排除し、国境を保全し、科学の進歩に貢献したことが真の功績です」と同社航空システムズ事業部 社長のフランク・ペイスFrank Pace, president, Aircraft Systems Group, GA-ASIは説明する「
  • プレデター/グレイイーグルシリーズの各機は米空軍、陸軍、海軍、国安全保障省、NASA、イタリア空軍、英空軍他が以下の各種ミッションで毎日運航している。
    1. .脅威になりうる勢力の移動を追跡し、捜索する中で必要に応じ交戦することで友軍を支援する
    2. 国境警備を援助し、不法移民流入を阻止、国境の保全を図り、テロリストの侵入、禁制品搬入、麻薬流入を事前に阻止する。また海上で人身密輸、海賊行為を阻止する。
    3. .自然災害発生後の復旧活動で政府が有する資源を有効に使用し、人命を救い財産のさらなる損失を防止するための最初の活動を提供
    4. 地球科学の究明、航空技術の向上への支援提供
  • .第一号機GNAT®が1993年に初飛行して以来同社は550機以上を生産している。同社の現在の毎月の生産規模は機体6機と地上管制ステーションGround Control Stations (GCS)が5セットだが、必要に応じ倍増できる。■


コメント

Hikaru Matsuda さんの投稿…
表題は2百万台でなく2百万時間ですね?

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目