スーダン軍事工場を奇襲攻撃したのはイスラエル? それとも米軍UAS?

Surprise Strike Against Sudan Arms Factory – Israeli Air Force or American UAS ?

                   
                        UAS Vision Posted on October 29, 2012 
                                           
スーダンが自国内ヤルモウク弾薬工場(ガザ地帯のハマス向けに武器生産していると考えられていた)がイスラエル空軍による攻撃を受けたと非難している。

  1. イスラエルはこの主張を確認も否定もしていないが、奇襲作戦の実施になれた空軍部隊がスーダンを強襲することは大いにありうる。
  2. 仮 にイスラエル空軍による空襲だったとしても、(巡航ミサイルによる攻撃ではなかったとして)イランの各施設攻撃で想定される作戦よりも実施はずっと難易度 が低かっただろう。投入されたのは少数のF-15IラアムF-15I Ra’amあるいはF-16IスーファSufaで十分だったはずだ。
  3. ハッツエリムHatzerimあるいはオヴダOvda基地を離陸し、電子戦機材の支援を受けて、ヨルダン、エジプト国境を探知されずに紅海へ到達し、空中 早期警戒機により空中脅威の有無を確認し、1,800キロメートル離れた目標に、給油機の助けを借りて到達したのではないか。
  4. この際に無人機がISR(情報収集・監視・偵察)任務を攻撃前に実施した可能性がある。
  5. このシナリオでは総計15機が投入されていたはずで、予備機、CSAR(戦闘捜索救難)、その他支援機もここに含む。イラン攻撃の事前演習としてか、ある いは何らかのメッセージを危険な隣国に送る意図もあったかもしれない。イスラエルはこの種の作戦実施能力を有し、実際に数回の成功事例がある。
  6. それでもヤルモク工場攻撃にUASを投入していたら実行はもっと簡単だっただろう。目標は小さく、しかも防空体制が未整備の領空の内部に位置していた。これは無人攻撃機の目標としては完璧で音も立てず24時間飛行で到達していたろう。
  7. ただ攻撃目標の近辺地図を見ると、米軍最大の無人機運用基地が実はそう遠くない地点にあることがわかる。ジブチのキャンプ・レモニエ Camp Lemonnier からイエメン他各地へ無人機による攻撃が発進している。
  8. この仮説はいささか現実離れしているが、イスラエルが公式にこの攻撃の実行国だと認めていない以上説得力があるのも事実だ。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目