2012年10月30日火曜日

インド空軍がチヌークヘリ導入を決定

Indian Air Force Selects Chinook Helos


aviationweek.com October 29, 2012

インド空軍 (IAF) がボーイングのチヌークCH-47F導入を決定し、15機を大型輸送ヘリとして運用する。

  1. ライフサイクルコストまで入れるとボーイングの入札額が一番低いことが決め手となった。ロシアのMi-26が選に漏れた結果となったと選定に詳しい筋が明らかにした。
  2. 「ボーイングとの個別商談は間もなく開始され、契約交渉委員会によりチヌーク導入が最終的に決まる手はずです」(同上筋)
  3. 今回の入札はチヌークとMi-26の戦いになった。IAFはすでに4機のMi-26を運行している。
  4. .ボーイングによるとチヌークは24千ポンドまでの貨物を搭載し、総重量の上限は50千ポンドだという。
  5. チ ヌークは米陸軍、米陸軍予備役・州軍および各国の軍により運行されている。米陸軍の近代化改修ではチヌーク513機を対象に、うち452機が新造および再 生産されたCH-47Fとなり、61機をMH-47G再生産機とする。CH-47Fが実戦に配備されたのは2007年7月が最初のことであった。
  6. .このところ米インド国防装備調達で米国製装備の成約案件がふえており、総額で80億ドル相当の売上を記録している。その中には41億ドルでボーイングC-17を10機、21億ドルでボーイングP-8I海上哨戒機8機、962百万ドルでロッキード・マーティンC-130Jを6機調達する商談が制約している。さらにP-8I追加4機とC-130Jも6機追加する商談が現在まとまりつつある。■


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントをどうぞ。

米軍は超小型原子炉開発をここまで進めている。背景に膨大な電力需要があるのだが、前方への原子炉配備には懸念の声もある。原子炉だけでは電力供給できないので、超小型でもシステムとしては大掛かりになるはず。

  米国防総省が実用化を目指す超小型原子炉の開発状況をAPが伝えているので紹介します。 米 国防総省は高性能移動式超小型原子炉の試作型をアイダホ国立研究施設内に設置する。 国防総省は環境インパクト調査案へのパブリックコメント募集を開始した。超小型炉の出力は1-5メガワットだが、電...