★オーストラリア>F-35B導入を断念




Australia Abandons Proposal To Order F-35B

Jul 8, 2015 Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report

オーストラリアは大型強襲艦2隻へ短距離離陸垂直着陸型(Stovl)のロッキード・マーティンF-35Bライトニングの導入を断念したと同国国防筋が明かしている。まもなく発表の国防白書の準備中に決定された。
  1. Stovl戦闘機導入は昨年にトニー・アボット首相が決めたことだが、実施すると強襲揚陸艦の大幅改修が必要とわかり、導入を断念することになったという。
  2. またオーストラリア軍内部でF-35B導入に反対の意見が広がっていたと同上国防筋はAviation Weekに語っている。
  3. また艦載航空兵力を投入する作戦想定はオーストラリアに少ないと指摘するのはオーストラリア戦略政策研究所のベン・シュリア Ben Schreer 研究員だ。シュリアの主張は同機を運用した場合の効果よりもっと重要な支出項目があるというものだ。
  4. オーストラリア空軍はF-35Aが100機は必要としており、F-35B発注の場合これが削減される可能性があった。ただオーストラリアの確定発注はF-35Aを72機。シュリアはF-35B飛行隊を2個(各18ないし24機装備)整備する案があると指摘していた。強襲揚陸艦2隻の改修費用は50億オーストラリアドル(44億ドル)以上と見られていた。
  5. 二隻のうちHMASキャンベラは就役ずみで、二番艦アデレイドが公試中だ。両艦はLHD型でドック式で全通型飛行甲板を有するが、大型陸軍用ヘリコプターの運用を想定している。■


コメント

  1. あのスキージャンプはどうするんだろう?離発艦や補給くらいはできるけど、常備搭載しようとすると改修が必要になるってことなのかな?

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目