スキップしてメイン コンテンツに移動

イラン攻撃の準備に入ったイスラエル、変わる中東の勢力地図



Israel Spends With Eye On Iran Strikes In Shifting Mideast イラン攻撃を視野にイスラエルの装備増強は中東情勢の変化が背景



By ARIE EGOZIon June 21, 2018 at 2:47 PM


Israeli rampage missile


スラエル軍が新型装備調達に動いており、イラン攻撃の想定とみられる。イランが核兵器開発を再開した場合を想定しているようだ。
すでにイスラエルは20億ドル以上を投じてイラン攻撃準備に入っていると伝えられる。
イスラエルのショッピングリストには新型空中給油機のほか新型兵器にランページRampageミサイルがあり、イスラエル軍事工業企業体(IMI)とイスラエル航空宇宙工業(IAI)が発表したばかりの長距離強襲ミサイルで両社の共同開発だ。
ランページはイスラエル空軍F-35が発射する想定だが同空軍の他機種ほとんどでも運用可能だ。両社によればランページは指揮命令所、空軍基地、整備施設、インフラなど高性能対空装備の防御をうける重要施設攻撃に最適化されている。
IAI、IMI両社によればランページの自重は570キロで全長4.7メートル、射程は150キロという。
イスラエル国防相アヴィゴドール・リーバーマンAvigdor Liebermanからは米国のイラン核合意脱退直後にイランは合意に残るのではとの発言があった。
「イランは綱渡りをしており脅迫まがいの言動も出ているが、合意そのものを反故にすることはないのではないか。というのもイランには激しい攻撃を受けることが分かっておりその場合イラン経済そのものが立ち行かなくなるからだ」
ただしだからと言ってイスラエルがイランの脅威を黙ってみているつもりはないという。「イラン対策の選択肢を下げたことはない。すべての選択肢はテーブルの上にある」
イスラエルが新兵器導入を決めたのはトランプ大統領が核合意脱退を決めたのがきっかけだが、そもそもイスラエルが攻撃力増強をめざす背景には中東の戦略地図再編がある。
イラン、サウジアラビアがこれまで長期にわたりイラクからシリアにかけて覇権をめぐり秘密のうちに戦闘を繰り広げていることが知られ、範囲はレバノンからイエメンにもひろがっている。
トランプ大統領はサウジアラビア支援を公言しイランの影響力封じ込めを狙う。サウジはトランプのイラン核合意脱退を称賛している。サウジからすれば合意は意味のない紙きれにすぎない。イスラエルも同じ見解だ。
イスラエル国防省で軍事情報研究部門に勤めた経験のあるエイモス・ジリード Amos Gilead はBreaking Defenseにイランはトランプの脅かしに屈しないと語る。「核合意はイラン側に有利に働き、あと十年もすれば核兵器保有が現実になります」
米国のイラン核合意脱退でどんな影響がシリア情勢にでるのか。イランはシリアに戦闘要員多数を送り込んでいる。
「イスラエルはイランがシリアに足場を築くのを容認できません。ロシアもシリアへの過度の影響力をイランに持たせないのが得策とみています」(ジリード)
ではイスラエルとロシアが協調してイランのシリア国内での勢力増強を食い止められるのかとジリードに尋ねてみた。「イスラエルからロシアにシリア国内のイラン軍攻撃予定を事前に教えることはありません。ロシアは信用できません」
だがイスラエルはイランを核兵器の観点以外にイスラエル-シリア国境での軍事力増強も重視している。
IDF(イスラエル国防軍)はイランのシリア派遣部隊への攻撃を繰り返している。イラン輸送機が貨物を下した直後に攻撃することもある。
一方でイスラエル情報部は欧米各国がイランに騙されているとの主張を裏付ける情報を集めるのに躍起のようだ。
その中で未確認報道がクウェート日刊紙アル・ジャリダに掲載されイスラエルのF-35戦闘機がイラン領空に侵入したという。
イランは同報道を否定したが、数日後にアリ・ハメネイAli Khamenei 最高指導者はファルザド・エスマイリ准将Brig. Gen. Farzad Esmaili をイラン防空軍司令から更迭している。アリレザ・サバヒ・ファルド准将Brig. Gen. Alireza Sabahi Fardが新司令官に就任し、最高指導者はファルド司令官は同国中央部にあるファタム・アルアンビアKhatam al-Anbia防空基地で指揮をとると発表している。
米軍はイスラエル国内基地各地に軍事物資の集積を増やしている。米軍がイスラエルに軍事装備を搬入できるのは米対外援助法で戦闘予備集積を同盟国内に置くことを認める特別条項があるからだ。同条項によれば装備品は世界各地に展開する米軍部隊が使用する一方、緊急時には集積地の国も使えるとある。もともとこの条項は韓国が米軍装備で北朝鮮奇襲攻撃に対応することを想定していた。
エイモス・ジリードによれば米軍装備品のイスラエル国内集積の狙いは米軍部隊による使用のみという。「これ以外の使途はワシントンが都度決める必要がある」とのことだ。
イスラエルと米国はイランがイランがシリア国内で攻撃を受けていることの報復で地域内軍事同盟関係国や代理勢力を使うのではないかとの点で評価が一致している。
イラン最大の成果はレバノンのヒズボラ勢力で「同国内に別の国を作った」がシリア内線で大打撃を受けているのも事実だ。苦境に立ったシリアのバシャ・アサド大統領を助けることでヒズボラは戦闘員数百名を失っている。
エイモス・ジリードによればヒズボラはレバノンからイスラエルへ発射できるロケット弾120千発がありながら抑止されている状態だという。「シリア、レバノン国内のイスラエル情報部員はヒズボラがイラン製ロケットで長距離精密攻撃能力を得るのを防ごうとしている」のだという。
中東問題に詳しいイスラエル専門家モデチャイ・ケダーMordechai Kedarによれば仮にロシアが本当にシリアからイランを追い出せばイランには大きな敗北になるという。「イランはシリアにプレゼンスを築こうと大金を投じていますが、共和国防衛隊隊員数百名がすでに戦死するという代償を払っています」
ケダーによればアサド政権の維持でロシア、米国の目標は共通しているという。「ロシアはアサドがいなければシリアが混とんとなるばかりか手が付けられない状態になるとわかっているので苦い薬も飲まざるを得ないのです」
イランはトランプ大統領の強硬策を払いのけているが、本当に自国を取り巻く脅威に目をつむれるのか。
「無理ですね。トランプはオバマと違い真剣でありイランもそのことがわかっています」(ケダー)
イエメンも同時にイランの影響力の点で見逃すことが出来ない国だ。
イエメンでイランが支援するフーシ運動はサウジが支援する政府を2015年3月に転覆させ北部地方を支援している。さらにサウジアラビアに100発以上のミサイルを発射している。
ミサイルの標的はサウジ首都でありイエメン国境近くの主要石油製造施設だ。さらにサウジの石油タンカーも狙う。
米国とサウジ主導の多国籍軍がイエメン内戦への介入を2015年に開始し、イランのフーシ向けミサイル供与を非難しているが、イランはこれを否定。
サウジ主導の多国籍軍はイエメン国内に空襲数千回をこの三年で実施し、病院学校等が被害を受け民間人数百名の犠牲が生まれているもののサウジは軍事勝利に近づけない。
サウジ政府は軍人民間人で同国国民数百名がフーシの攻撃で生命を落としたと発表。フーシは迫撃砲のほか短距離ミサイルで攻撃している。
ケダーによればイランの狙いはサウジアラビアの粉砕にあり、オバマ政権はサウジの動向は全く配慮していなかったという。今やホワイトハウスの主は交代し物事は全く違う対処を受けている、という。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★F-35がステルスにこだわらず「ビーストモード」になると....

A Must See: This Leaked Video Shows the F-35 in "Beast Mode" F-35の「ビーストモード」は必見だby Mark Episkopos January 17, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35F-22StealthAir ForceMilitaryTechnology https://nationalinterest.org/blog/buzz/must-see-leaked-video-shows-f-35-beast-mode-41787 最近流出したビデオ映像でF-35の威力をうかがわせる場面が見られる。ロッキード・マーティンが「ビーストモード」と表現する仕様だ。. .映像は2018年11月の撮影とされ、F-35一機が標的5個に空対地ミサイル数発を同時発射している。 Screen capture from new video of F-35 dropping multiple precision guided weapons in multi-target test with moving vehicles. (Photo: Via YouTube)---The Aviationist 試射の場所と誘導爆弾の種類は確認できないが、専門家がThe Aviationistに対して「NTTR(ネリス試験訓練場)です。ペイブウェイIVを5発投下しており、全弾がGEOT(目標に十分な効果を与える)です」と述べている。