★モスクワ航空ショー>T-50戦闘機が機体制御能力を披瀝、その他装備話題



Russia's T-50 Fighter Shows Off New Moves At MAKS Airshow

Aug 25, 2015  Bill Sweetman | Aerospace Daily & Defense Report
 Sukhoi’s T-50 stealth fighterSukhoi
ZHUKOVSKY, Russia – スホイT-50ステルス戦闘機がMAKSモスクワ航空ショーで飛行展示され、Su-27から続く伝統を見せつけ、前回2013年のショーで控えめな展示に終始していたのと好対照だ。
  1. 同機はSu-35Sと同様の飛行パターンを示し、そのひとつに「ベル」としてハイアルファ減速のあとに超低速180度旋回で飛行方向を反対にする飛行を披瀝している。また降下しながら水平きりもみに近い旋回をしており、垂直上昇能力や低速での機体制御性能を見せつけている。
  2. ショーではMiG1.44がやっと地上展示された。同機は元々1980年代の設計で初飛行が2000年2月まで遅れ、その後キャンセルされている。一機しかない試作機はジューコフスキーにあるグロモフ飛行研究所に保管されていたもの。サトルンAL-41F双発は各40,000 lb. 近い推力で、史上最も強力な推進力を有する戦闘機で超音速巡航飛行に高い機動性を組み合わせた設計だった。「ベリヤコフ(当時MiG設計局を率いていたロスティスラフ・ベリヤコフ)は空軍の要求内容を全て受け入れたが、1980年代当時でも無尽蔵に予算がつく時代が終わりに来ているのは明らかだった」とMiG設計陣の一人が回想している。
  3. ショーで初めて判明する情報が多いが、戦術ミサイル企業体Tactical Missiles Corporation は新型空対地ミサイル、グロム(雷鳴)二種を発表している。グロム-1 Grom-1 (輸出型はE1)はロケット推進式、グロム-2は滑空兵器だ。ともに折りたたみ式主翼を備える。Kh-59MK2と判別される兵器にはジェットエンジンが搭載されているようで、Kh-59M(AS-19カズー Kazoo)の弾頭と誘導システムを流用しているが、まったくの新型で側面が平面の機体となっており、T-50兵装庫に収まる設計だろう。
  4. またオートバザ-M Autobaza-M  パッシブ位置判別システムが登場した。JSFディフェンスシステムズ  JSF Defense Systems,が製造元だ。これは二年前にも模型が展示されていた。また地上配備型ジャマー装備でKRET社KRET (Concern Radio-Electronic Technology)の各種製品が展示されていた。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目