インド海軍初の弾道ミサイル原潜が海上公試をスタート


2014年は潜水艦の話題も豊富でしたね。年末になりインドから国産ミサイル原潜のニュースが入ってきました。まだ実用レベルではないとはいえ、核ミサイルを運用できる同艦がインド洋に遊弋すればパキスタンはじめ隣国には脅威になりますね。ただし、技術的にはまだ相当の開きがあるようで、インドはゆっくりと実用化をめざすのでしょうね。

New Indian Boomer Starts Sea Trials

By: Sam LaGrone
Published: December 16, 2014 2:01 PM • Updated: December 16, 2014 2:01 PM


Indian Navy nuclear ballistic missile submarine INS Arihant on Monday. via The Hindu Times
Indian Navy nuclear ballistic missile submarine INS Arihant on Monday. via The Hindu Times

インド海軍の国産初の原子力弾道ミサイル潜水艦(SSBN)が海上海上公試を12月15日に開始したとの地元報道が出た。


国産初の原子力潜水艦排水量6,500トンのアリハント Arihant がインド東海岸のヴィシャカパトナムを出港した。ただし同艦は実用よりも試験開発を主眼においた艦となる可能性がある。

「アリハントが公試開始したは良い知らせだが、同艦が真のSSBNとなるまで道は遠い。技術実証目的に終わる可能性もある」と元インド海軍総司令官アルン・パーカッシュ提督 Admiral Arun Parkash がJane's Defense Weeklyに語っている。「ノイズレベルのせいで抑止任務につかなくても同艦は今後のSSBN部隊にとって経験値を得る手段となる」

INS Arihant in 2009. Indian Navy Photo
INS Arihant in 2009. Indian Navy Photo

アリハントはロシアのアクラ級を元に12発のサガリカ水中発射弾道核ミサイル(SLBM) を搭載したもの。ミサイルの射程はおよそ435マイルだ。

開発は極秘の内に1970年代からはじまっていたと海軍協会のCombat Feets of the Worldに記述がある。

インド海軍は攻撃型原子力潜水艦数隻をロシアからリースで運用している。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目