★ロシア>第五世代戦闘機PAK-FA(T-50)の開発状況



Russia to Begin Testing Three More Stealth Fighter Prototypes

by BRENDAN MCGARRY on JUNE 16, 2015

T-50_600x400
PARIS — ユナイテッド・エアクラフトコーポレーションはPAK-FAステルス戦闘機の試作型追加3機をロシア軍のテスト用に早ければ来年早々に引き渡す予定だと同社関係者が語った。
  1. 同社社長ユーリ・スリュサー.ル Yuri Slyusar によればT-50 PAK-FAを更に三機ロシア空軍に2016年末までに引き渡すという。同機はユナイテッド・エアクラフト傘下のスホイが製造する第五世代戦闘機だ。
  2. 「予定通り進展中で、試作型の三機追加でテストが迅速に進む」と同社長はパリ航空ショー会場で報道陣に述べた。.
  3. T-50試作型は計8機になる。PAK-FAの初飛行は2011年で、米軍のF-22ラプター・F-35共用打撃戦闘機に対抗する機体と同社がショーで配布したシートは説明する。
  4. 「従来機との比較でPAK-FAは攻撃力と 空戦能力を兼ね合わせた点が特徴」と飼料は説明し、「第五世代戦闘機用の新型エイビオニクス一式を搭載し優れた自動制御および情報支援能力を有する」とある。
  5. T-50のテストではエンジン発火などの課題にも直面したが、テスト結果は上々だとスリュサールは述べている。
  6. 「全ての点で設計通りの性能を示しているので事業進展にはリスクが無いと考えている。計画遅延のリスクもない」
  7. ロシア、インド両国は同機の輸出仕様を共同開発することで同意し、ロシアは開発研究データをインドへ提供している。
  8. 同機のインド版は「インド空軍の仕様のため試作型とは相違点があるだろう」とデータシートは説明している。
  9. 以前のパリ航空ショーとうってかわり、今年はロシア軍用機の展示はない。代わりに新型民間機の売り込みに力を入れており、新型ワイドボディ機は中国と共同開発するとみられる。
  10. スリュサールからはあわせてSu-35を24機中国に売却する契約が成立したこと、ロシア国内の機材整備事業の拡大をめざし協議中であることが明らかにされた。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目