対ISIS作戦にトルコ基地が果たす役割は大きい


これまでは地の利があるトルコが使えなかったのでISIS空爆作戦にも制限があったのですが、これでようやく効果を上げる作戦の実施が可能になりました。フランスも従来より一歩踏み込んだ作戦の実施を決めましたので、今後効果が期待できそうですね。

Turkish Bases Becoming Hubs in Anti-ISIS Campaign

By Burak Ege Bekdil 3:52 p.m. EDT September 7, 2015
RAF Mildenhall KC-135 refuels Aviano F-16s deploying toTurkey(Photo: Tech. Sgt. Krystie Martinez/Air Force)
ANKARA, Turkey — トルコ南部、南東部の空軍基地が有志連合によるイスラム過激派の攻撃拠点になっており、シリア・イラクへ出撃で多忙なハブになってきた。
トルコは最近になり米軍に自国基地の使用を許可し、そのうちインチリック空軍基地(トルコ南部)が特にシリア、トルコ国内に拠点を構えるISISへの空爆拠点として知られている。トルコも自国のジェット戦闘機で空爆に加わっている。.
米国はインチリックに第一波の戦闘機を6機8月10日から展開している。「規模は今後増えるだろう」とトルコ国防筋は見ている。
米・トルコ両軍は8月28日から29日にかけてはじめて共同空爆作戦を展開した。
トルコ上級外交筋によればカタールがまもなくトルコ国内基地からの空爆作戦に加わるという。カタール派遣飛行隊の規模についてこの筋は語らなかった。
アンカラの米大使ジョン・バスはISIS向け作戦で必要な限り米軍機はインチリック基地に残ると9月3日に発言。
一方でフランスもISIS作戦への合流を検討しているとルモンド紙が9月5日報道。フランスは現時点ではイラク国内のISIS作戦にのみ参入中。
「フランスがトルコ基地の利用に踏み切ればISIS対抗作戦の実効性がますことになる」と上記トルコ外交筋は述べている。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目