☆★★T-X>ボーイング案の初公開が近づく、F-15仕様変更提案も



T-Xでボーイングがどんな設計をしているのかが注目です。ダークホースは運航費用を大幅に下げるスコーピオンだと思うのですが。一方、F-15の方はミサイルを大量に搭載して敵の数を減らす発想ですね。モデル末期で何か哀れさも感じさせるのですが、こちらのほうが注目かもしれません。来週まで待ちましょう。

Boeing To Provide First Glimpse of T-X at Conference

By Aaron Mehta10:04 p.m. EDT September 9, 2015

Aerospace Giant Also To Unveil New F-15 Configuration at Air Force Association


  1. ST. LOUIS — ボーイングは来週に開催される空軍協会年次総会でT-X次期練習機の概要を初公開するとみられるが、観覧は一部に限られる。
  2. 同社はT-X試作機のモデルをトレーラーで会場に持込む。設計はサーブとの共同作業。年次総会はメリーランド州ナショナルハーバーで開かれる。.
  3. あわせてF-15の新諸元も紹介するだろう。空対空兵装の搭載数を16発に増やす。
  4. T-Xを見ることができるのは招待者のみでボーイング関係者によると同社ブースで公開予定はないという。つまり同機の諸元はひきつづき固く秘匿されるということだ。
  5. 見ることを許される一人がアシュ・カーター国防長官でボーイングノセントルイス事業所で事業概要の説明を受けている。
  6. 設計案から漏れ伝わる内容が少なく、ボーイングは「完全新設計」で米空軍の要求に応じた練習機を作るとだけ言われている。
  7. 設計案はサーブのグリペン戦闘機の焼き直しではないとの関係者発言が出ている。ボーイングは今年末に新型練習機の初飛行が実現するとほのめかしているが、公式発言ではない。
  8. ボーイングのファントムワークスで開発戦略をひきいるスチュ・ヴォボリルは9日水曜日に報道陣に対しサーブとの連携は「驚異的な効果」を上げていると述べていた。
  9. T-Xは旧式化したT-38練習機の代替として350機を調達する事業で業界は真剣に反応している。ボーイング=サーブ連合以外にロッキード・マーティン韓国航空宇宙工業と組んでT-50で、ノースロップ・グラマンは新型機を、テキストロン・エアランドのスコーピオンの各機が争うものとみられる。.
  10. ジェネラル・ダイナミクスはT-100で参入予定だった。同機はイタリアのアレニア・アエルマッキのM-346練習機を原型とする構想だったが、今年3月に競合から降りると発表している。アレニアは現在も米側で主契約社候補を模索しており、競作に残る意図がある。
  11. 空軍協会総会の場を借りてボーイングはF-15戦闘機の新仕様を売り込む。
  12. これは空対空ミサイル16発を搭載するもので、現行型の2倍の搭載量となる。そのため新設計では燃料タンクの位置が変わる。.F-15新仕様の売り込みは意味がある。同機の生産ラインは2010年代末で閉鎖の予定だからだ。詳細は総会と併設の展示会で明らかになるだろう。会期は9月14日から16日まで。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目