一か月で10名殺害 ISIS指導層を狙い撃ちする空爆作戦の成否は?



新年から重い話題ですが、避けて通れません。イスラム国(徴税までして行政システムが動いているので国であるといってよいと思います)への空爆は効果を上げつつあるようです。ただし指導部を狙い撃ちしてもきりがないと思うのですが、組織崩壊を狙うとしても効果はどうなのでしょう。とまれ、無人機を使った作戦は情報戦の様相を示しているようです。



Coalition Sees Success in Targeting ISIL leaders

By Joe Gould7:29 a.m. EST December 30, 2015

635587456789655731-bilde(Photo: General Atomics Aeronautical Systems)
NEW YORK — 有志連合軍による空爆でイスラム国関連の指導層10名が殺害された。先月のパリ襲撃事件に関与する数名も含まれていると連合軍報道官が12月29日に発表。
  1. 「過去一か月でISIL指導層10名の殺害に成功しており、対外襲撃計画に関与していたもの含め、一部はパリ襲撃に関連していた」と米陸軍スティーヴ・ウォーレン大佐が発表している。「戦闘員を勧誘し、米国や同盟国大将の攻撃をたくらむISIL指導部の狩りは今後も続ける。」
  2. ウォーレンは空爆の詳細をほとんど明かしていないが、実施の大部分がプレデターはじめとする無人航空機によるもので、イスラム国指導部を狙う空爆の続行で地上戦でこの数か月戦況が好転していると述べた。
  3. 「どんな組織でも最高位あるいは中間の管理機能が低下すれば求心力も低下するはずだ。また指導部が不在では指揮統制の実施が困難になるはずだ」
  4. 12月28日現在で米軍及び有志連合軍は合計9,220回の空爆を実施し、うちイラクが6,082回、シリアが3,138回だったとペンタゴンが発表している。中心は米軍で、計7,143回を実施した。
  5. 殺害された10名にはチャラフェ・アル・ムアダンがおり、パリ襲撃犯の主導者アブデルハミド・アバウドと直接つながる人物だとウォーレンは解説した。アル・ムアダンは12月24日シリア国内で殺害されたが、西側諸国へ追加攻撃を計画していたという。
  6. アブドル・カダ・ハキムはイスラム国の「対外作戦推進役」だったが12月26日にモスルで殺害されている。ウォーレン大佐は経験豊かな戦闘員であり、偽造の専門家でもあり、「パリ襲撃の実行犯とつながっていた」とし「この人物の死でヨーロッパとの重要な連絡役が不在となった」
  7. 空爆対象は中間レベルの工作員が多いが、一部は「対外作戦」に関与した嫌疑があり、その一人シリア在住のバングラデシュ人シフル・スジャンはシリア・ラッカ近郊で殺害されたが、「ハッキング、対監視技術、兵器開発」にあたっていた。
  8. 「蛇の頭をたたいているが、まだ毒牙は残っており、これを片付ける必要がある。戦闘は激化するだろう」(ウォーレン大佐)■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目