★米空軍>WC-135で北朝鮮核爆発の正体を突き止める



U.S. WC-135 aircraft will sniff for radiation near North Korea to determine what today’s explosion was

Jan 07 2016 -
Image credit: U.S. Air Force

米空軍所属WC-135はまもなく朝鮮半島付近で活動を開始し、北朝鮮が実施したと主張する核実験の放射性物質を検知する。

  1. ワシントン・ポスト紙は米国防関係者がWC-135コンスタント・フェニックス大気収集機を投入し今回の核爆発が本当に北朝鮮の言うとおり水爆なのか検証すると確認した。
  2. WC-135はボーイングC-135輸送支援機の派生型で、稼働可能な同型機は2機あり、第45偵察飛行隊(オファット空軍基地)が運用し、機内には空軍技術応用センターの第一分遣隊が搭乗する。
  3. WC-135は「探知犬」あるいは「お天気鳥」の名称がついており、最大33名が搭乗できる。ただし放射線被曝の危険を考慮して実際の飛行クルーは最低限にするのが普通だ。
  4. 大気は機体左右の取り入れ口で採取し、放射性降下物を閉じ込める。ミッションクルーは採取物をその場で分析でき、弾頭の特徴を把握することが可能だろう。このため同機の投入は爆発の正確な分類上極めて重要だ。
  5. ダリン・R・ファフはWC-135の乗員を務めた経験があり、同機について「機内には大型補助木炭フィルターがふたつあり、室内にはHEPA/ULPAフィルターもあり加圧状態をたもし、搭乗員は全員マスクから100%純粋酸素を吸う。この純粋酸素供給は計測器が安全水準に戻るまで維持する。また全員が線量計を身につけ危険な被爆を避ける」と述べている。
  6. 核実験監視とは別にWC-135はチェルノブイリと福島での核事故後の放射能レベルの計測にも投入されている。
  7. 北朝鮮がロケットを発射するとの予測から北朝鮮付近に配備されてきたWC-135が2013年8月には英国で目撃され憶測を呼んだが、シリア国内での化学物質飛散状況の監視に使われていたのだった。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目