潜水艦戦力の増強に走る米国の事情とは




原子力潜水艦の建造は他にハンティントン・インガルスのニューポートニューズも行っていますね。三隻以上建造となると船台をふやさずに工程を工夫して対応できるのでしょうか。これは日本でも同じですね。


America Desperately Needs More Submarines (Thanks To Russia and China)

アメリカは潜水艦建造増に迫られている(ロシア、中国のため)

July 26, 2017


  1. 米海軍が48隻ある攻撃型原子力潜水艦(SSN)を66隻に増やそうとする中、議会が予算さえつければジェネラルダイナミクスエレクトリックボート事業部の将来は約束されたようなものだ。同社ではコロンビア級戦略弾道ミサイル潜水艦 (SSBN)も順調に開発中で、レーガン時代のオハイオ級に代わる核抑止力の屋台骨となる。
  2. ジェネラルダイナミクスのCEOフィービ・ノヴァコヴィックは株主に「海軍がSSNヴァージニア級の追加調達に関心を寄せていること」は大変心強いと述べている。「SSN18隻追加建造に向かうと38%増となり中身はヴァージニア級なので予算案成立に大きな関心を寄せています」
  3. ペンタゴンの各種事業中でヴァージニア級建造は極めて順調で工期より早く引き渡しされ、予算以内に収まることが多い。コロンビア級ミサイル潜水艦もこの流れを継承しそうだ。
  4. 「潜水艦事業ではヴァージニア級ブロック3ブロック4の建造ならびにコロンビア級弾道ミサイル潜水艦の技術開発が順調に進んでいます」(ノヴァコヴィック)
  5. 排水量20,810トンの巨大なコロンビア級ミサイル原潜の設計は順調なようだ。2021年建造開始し2031年から実戦化の予定だ。遅延は許されない。オハイオ級SSBNがそのころ退役し始めるためだ。コロンビア級建造での遅れは米戦略抑止力が弱体化する。
  6. 「コロンビア級戦略ミサイル潜水艦に重点を移しつつあるのはご承知のとおりです」とノヴァコヴィックは述べている。「設計工程は極めて順調で予定通り建造開始できそうです。米海軍の海中抑止力、海中戦闘力は国家安全保障の柱であり、海軍が潜水艦増強に向かうのはこの点を理解しているからにほかなりません」
  7. 米海軍はコロンビア級弾道ミサイル潜水艦建造が始まっても年間二隻のSSN建造ペースを維持したいとする。さらにSSBN調達がない年度にはヴァージニア級の年間3隻建造の可能性を検討している。
  8. このたび海軍が議会に提出した報告書では年間SSN2隻とSSBN1隻の建造は可能性ありとあり、この通りなら2030年までに7隻の追加導入が可能となる。だが7隻増でも海軍が目指す攻撃潜水艦66隻体制には不足する。ただし7隻追加で潜水艦全体の減少を緩和する効果はあり、2029年までに41隻に減少する見込みもある。
  9. 海軍は当面は最低でも年間SSNを三隻建造しないと要求戦力水準を維持できないだろう。要求と現実のかい離を埋めるためSSN三隻以上の建造が必要ということだ。
  10. ロシア、中国が米国に海中で挑戦の手を緩めない中で潜水艦建造の需要は強まるばかりだ。■
Dave Majumdar is the defense editor for The National Interest. You can follow him on Twitter: @Davemajumdar

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目