2016年7月26日火曜日

次期大統領選用ヘリVH-92Aが製造段階へ


共和党、民主党の全国大会を経て、いよいよ大統領選挙運動は本格的なステージに入りますが、この新型ヘリコプターの主になるのは誰なのでしょうか。国防や安全保障にグローバルな視点を持つ人に大統領になってもらいたいものです。

US Presidential Helo Moves to Production Phase

Critical Design Review Is Successful

Christopher P. Cavas, Defense News3:17 p.m. EDT July 25, 2016
VH-92A Sikorsky Presidential Helicopter(Photo: Lockheed Martin/Sikorsky)
WASHINGTON – VH-92A大統領専用ヘリコプター更新事業がペンタゴンの大きな試練をくぐったとロッキード・マーティン傘下のシコルスキーが本日発表した重要設計審査CDR)が完了し機体製造組立工程が開始される
シコルスキーと海軍航空システムズ本部(NAVAIR)合同によるVH-92Aヘリコプター開発チームは7月に政府、民間産業会の主要メンバーを招き詳細な設計審査を行ったとロッキードは発表している。
シコルスキーは米海軍から12.4億ドルの固定価格インセンティブ付き技術製造開発(EMD)契約を2014年5月に交付され、テスト用2機、運用型21機を製造する。新型ヘリコプターは現行のVH-3DおよびVH-60Nを更新する。大統領専用ヘリコプター機材は海兵隊が運用する。
「CDRが完了したことで同ヘリコプターシステムが海兵隊の要求内容を満たすことが判明し、合理的な価格で維持可能な同ヘリコプターが重要ミッションを実施できる」と海兵隊のロバート・プリジェン大佐(NAVAIR大統領専用ヘリコプター事業主管)が声明文を発表した。
ロッキードはシコルスキーのストラトフォード工場(コネチカット州)でテスト用機材が改修中と述べている。VH-92Aの初飛行は2017年、2023年度までに機体全部が供用される。
VH-92AはシコルスキーS-92が原型。同事業はマイルストーンBの審査を2014年3月に通過している。■


0 件のコメント: